【英語スピーチ全訳】メリル・ストリープ

English Speeches

2017年2月11日、ニューヨーク市のウォルドーフ・アストリア・ホテルで開催された「2017 Human Rights Campaign Greater New York Gala」のステージ上で、受賞者のメリル・ストリープがスピーチを行いました。メリー・ルイーズ・”メリル” ストリープは、アメリカの女優、歌手です。しばしば「同世代で最高の女優」と評されるストリープは、特にその多才さと訛りで知られています。アカデミー賞では21回のノミネート、3回の受賞、ゴールデングローブ賞では32回のノミネート、9回の受賞という記録を持っています。このスピーチの中で、彼女はこうも言っています。”あなたには選択肢がありません。 あなたは立ち上がらなければならない、発言しなければならない、行動しなければならない!”

もうひとりで頑張らない。TOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISH

When I was a little girl growing up in middle-class New Jersey, my entire artistic life was curated by people who lived in the straight jacket of a very conformist suburban life. In the late ‘50s and early ’60s, all the houses in my neighborhood were the same size.
私がニュージャージー州の中流階級で育った少女時代、私の芸術人生は、非常に形式的な郊外の生活の中で真っ直ぐなジャケットを着て生きてきた人々によって管理されていました。50年代後半から60年代前半にかけて、私の住んでいた地域の家はすべて同じ大きさでした。

In the developments, they even were the same shape and color and style. And in the schools, your job was to put pennies in your loafers and look the same as everybody else and act the same way as everybody else. Standing out, being different was like drawing a target on your forehead. And you had to have a special kind of courage to do it.
開発現場では、同じ形、同じ色、同じスタイルのものがありました。学校では、ローファーに小銭を入れて、他の人と同じ格好をして、他の人と同じように振る舞うのが仕事でした。目立つこと、人と違うことは、額に的を描くようなものでした。それを実行するには、特別な勇気が必要でした。

And some of my teachers were obliged to live their whole lives hidden, covertly. But my sixth and seventh grade music teacher, Paul Grossman, was one of the bravest people I knew. Because later, when I was in graduate school, I read that he had transitioned and become one of the first transgender women in the country.
また、私の先生の中には、一生、隠れて生きていかなければならない人もいました。しかし、私の6年生と7年生のときの音楽の先生、ポール・グロスマンは、私が知っている中で最も勇敢な人の一人でした。後に私が大学院にいたとき、彼がトランスジェンダーに移行し、アメリカで最初のトランスジェンダー女性の1人になったという記事を読んだからです。

And after the operation, she reported back as Paula Grossman. To our middle school in Basking Ridge, New Jersey, where she had taught for 30 years, and she was promptly fired. But she pursued her case for wrongful dismissal and back pay through the courts for seven years, all the way to the Supreme Court.
そして手術後、彼女はポーラ・グロスマンとして報告してきました。彼女は30年間教えていたニュージャージー州バスキングリッジの中学校に行き、すぐに解雇されました。しかし、彼女は不当解雇とバックペイを求めて7年間裁判を続け、最高裁までたどり着きました。

Unfortunately, her case was not accepted, and she lost, but she won her pension under a Disability Allowance settlement, although she was disabled only by the small minds of the school board. She was a garrulous, cantankerous, terrific teacher, and she never taught again. But her case set the stage for many discrimination cases that followed.
残念ながら、彼女の訴えは認められず、敗訴してしまいましたが、教育委員会の小さな心による障害に過ぎなかったにもかかわらず、障害者手当の和解で年金を獲得しました。彼女は陽気でカンシャク持ちのすごい先生だったので、二度と教壇に立つことはありませんでした。しかし、彼女のケースは、その後の多くの差別訴訟の舞台となりました。

She and her wife raised their three girls. She worked as a town planner, and she had an act playing piano and singing in cocktail lounges around New Jersey. But I remember her as Mr. Grossman, and I remember when he took us on a field trip to the Statue of Liberty in 1961.
彼女は妻と一緒に3人の娘を育てた。彼女はタウンプランナーとして働き、ニュージャージー州のカクテルラウンジでピアノと歌を演奏するという活動をしていました。でも、私が覚えているのはグロスマンさんのことで、1961年に自由の女神への遠足に連れて行ってくれた時のことです。

And our whole class stood at the feet of that huge, beautiful woman and sang a song he had taught us, that was taken from the lyrics, the lyrics were taken from the poem by Emma Lazarus engraved at the base of the monument.
そして、クラス全員がその巨大で美しい女性の足元に立ち、彼が教えてくれた歌を歌いました。その歌詞は、記念碑の土台に刻まれているエマ・ラザラスの詩から取られたものでした。

“Give me your tired, your poor, your huddled masses yearning to breathe free, the wretched refuse of your teeming shore. Send these, the homeless, tempest tossed to me. I lift my lamp beside the golden door.” I can’t remember what I did Tuesday, but I remember…I remember that song Mr. Grossman chose to teach us.
“疲れている者、貧しい者、自由になることを切望している者、あなたの海岸にあふれる哀れなゴミを私にください。家を失った者、嵐に翻弄された者たちを私のもとに送ってください。私は黄金の扉の傍らに私のランプを掲げる」。火曜日に何をしたかは覚えていませんが、覚えています…グロスマン氏が選んで教えてくれたあの歌を。

It stirred my 11-year-old heart then, and it animates my conscience today. That’s what great teachers do. She died in 2003, God rest her soul. Okay, here’s my theory. I’m going to go very fast, so have to stay with me, OK? Human life has been organized in a certain way.
それは、当時11歳だった私の心を揺さぶり、今の私の良心を動かしています。それが偉大な教師の仕事です。彼女は2003年に亡くなりましたが、神よ、彼女の魂を休ませてください。さて、私の理論はこうです。とても速いスピードで話を進めますので、お付き合いください、いいですか?人間の生活は、ある方法で組織されています。


The hierarchy set, who’s in charge, who makes the laws and who enforces the laws, pretty much the same way for 40,000 years. Yeah, I know, I know. There were some small number of matrilineal cultures and some outliers who were more tolerant to differences, very true; but pretty much and so-called democracies, the great democracy of Greece, where women and slaves were excluded.
階層が設定され、誰が責任者で、誰が法律を作り、誰が法律を施行するのか、4万年前からほとんど同じ方法で行われています。うん、わかってる、わかってる。少数の母系文化や、違いに寛容な異端児がいたことは事実ですが、ほとんどの場合、いわゆる民主主義国、ギリシャの大民主主義国では、女性や奴隷が排除されていました。

Pretty much through our history, might made right and the biggest and the richest and the baddest were the best. And the man, pretty much always was a man. But suddenly, at one point in the 20th century, for reasons I can’t possibly enumerate in the two minutes that I have left, something did change. The clouds parted and women began to be regarded, if not as equal, but as deserving of equal rights. It’ true.
私たちの歴史を振り返ってみると、正義の味方は、最も大きく、最も豊かで、最も悪いものが最高でした。そして、男は常に男でした。しかし、20世紀のある時点で、突然、私に残された2分では到底説明できない理由で、何かが変わりました。雲が切れたように、女性は、同等ではないにしても、同等の権利に値すると見なされるようになりました。それは真実です。

It was a first. Men and women of color demanded their equal rights. People of sexual orientation and gender identification outside the status quo also demanded their equal regard under the law. So did people with disabilities. We all won rights that had already been granted us in the Constitution 200 years before in theory.
それは初めてのことでした。有色人種の男性と女性は、平等な権利を要求しました。また、現状にとらわれない性的指向や性自認を持つ人々も、法の下で平等に扱われることを求めました。障がい者の方々も同様です。200年前に憲法で認められていた権利を、私たちは理論的に獲得したのです。

But the courts and society finally caught up and recognized our claims. And amazingly, and, in the terms of the whole human history, blazingly fast, culture seemed to have shifted. All the old hierarchies and entitlements seemed to be on shaky ground which brings us to now. Here we are in 2017 and our browser seems to have gone down. And we are in danger of losing all our information.
しかし、裁判所や社会がようやく追いつき、私たちの主張を認めてくれたのです。そして、驚くべきことに、人類の歴史全体から見れば驚異的な速さで、文化が変化したように見えました。古いヒエラルキーや権利はすべて揺らいでいるように見えましたが、それが今につながっています。2017年の今、私たちのブラウザはダウンしているように見えます。そして、私たちはすべての情報を失う危険にさらされています。

And we seem to be reverting to the factory settings. But we’re not. We’re not going to go back to the bad old days of ignorance and oppression and hiding who we are because we owe it to the people who have died for our rights and who died before they got their own. And we owe it to the pioneers of the LGBTQ movement, like Paula Grossman, and to the people on the frontlines of all civil rights movements not to let them down.
一見、工場出荷時の設定に戻っているように見えます。しかし、私たちは違います。なぜなら、私たちの権利のために死んでいった人々や、自分たちの権利を得る前に死んでいった人々に対して、私たちは義務を負っているからです。そして、ポーラ・グロスマンのようなLGBTQ運動の先駆者たちや、すべての公民権運動の最前線にいる人々を失望させない義務があるのです。

I am the most overrated and most overdecorated and currently, currently, I am the most over berated actress, who likes football, of my generation. But that is why you invited me here! Right? Okay. The weight, the weight of all my honors is part of what brings me here to the podium. It compels me. It’s against every one of my natural instincts, which is to stay the f*ck home.
私は私の世代の中で、最も過大評価され、最も過大に装飾され、そして現在、最も過大に非難されているサッカー好きの女優です。でも、だからこそ、あなたは私をここに招待してくれたのです そうでしょ?そうですね。私の名誉の重さは、私をここに連れてきた理由の一部です。それが私を動かしています。家にいたいという私の自然な本能に反しています。


It compels me to stand up in front of people and say words that haven’t been written for me, but that come from my life, my conviction and that I have to stand by because it’s hard to stand up. It’s hard. I don’t want to do it. I don’t want to be here. I want to be home and I want to read and garden and load my dishwasher.
人々の前に立ち、自分のために書かれたものではなく、自分の人生や信念から出てきた言葉を言わなければならないのです。難しいですよね。私はそれをしたくありません。ここにいたいとは思いません。家にいて、本を読んだり、庭仕事をしたり、食器洗い機に水を入れたりしたいのです。

I do. I love that. It’s embarrassing and terrifying to put the target on your forehead. And it sets you up for all sorts of attacks and armies of brownshirts and bots and worse. And the only way you can do it is to feel you have to. You have to. You don’t have an option.
そうですね。それが好きなんだ。額に標的を置くのは恥ずかしいし、恐ろしいことです。そして、あらゆる種類の攻撃を受けたり、茶色いシャツの軍隊やらロボットやらに狙われたりすることになります。そうするためには、そうしなければならないと思うしかありません。そうしなければなりません。あなたには選択肢はないのです。

You have to stand up, speak up, act up! Thank you. You are. You are it! You are it! And when I load my dishwasher from where I live in New York City, I can look out my window and I see the Statue of Liberty. And she reminds me of Mr.Grossman and the first trip there and all my great grandparents who came through and passed by that poem.
立ち上がって、発言して、行動しなければならないのです ありがとうございます。あなたは あなたはそれです! あなたはそれです!あなたはそれです。ニューヨークの家の食器洗い機をセットするとき、窓から自由の女神を見ることができます。彼女を見ていると、グロスマンさんと最初の旅行、そしてその詩の前を通り過ぎた曾祖父母のことを思い出します。

Many of them fled religious, religious intolerance in the old world and we Americans have the right to reject the imposition of unwanted religious practice in our lives. We have the right to live our lives, with God or without her, as we choose.
彼らの多くは、旧世界での宗教的な不寛容から逃れてきたのです。私たちアメリカ人には、自分たちの生活に望まない宗教的慣習が押し付けられるのを拒否する権利があります。私たちは、神様と一緒でも、神様なしでも、自分の人生を好きなように生きる権利があります。

There’s a prohibition in this country against the establishment of state religion in our Constitution, and we have the right to choose with whom we live, whom we love and who and what gets to interfere with our bodies.
この国では、憲法で国教の樹立が禁止されており、誰と暮らすか、誰を愛するか、誰が何をして自分の体に干渉するかを選ぶ権利があります。

As Americans, men, women, people, gay, straight, LGBTQ, all of us have the human right to life and liberty, and the pursuit of happiness. And if you think people were mad when they thought the government was coming after their guns, wait until you see they try to take away our happiness!
アメリカ人として、男性、女性、人間、ゲイ、ストレート、LGBTQ、私たち全員が、生命と自由、そして幸福を追求する人権を持っています。また、政府が自分たちの銃を狙っていると考えた人々が怒っていたとしたら、私たちの幸せを奪おうとする彼らの姿を見てからにしましょう。

効率よく英語を学びたい方必見のプログラム!

楽天の人気「英語学習本」ランキング!

本を使って英語の勉強をしよう!最新の本をどんどん取り入れてスキルアップ♪

English Speeches
A Thinking Riceをフォローする
タイトルとURLをコピーしました