ワシントンD.C.のリンカーン記念館で行われたキング牧師の最も有名なスピーチです。キング牧師の本名はマーティン・ルーサー・キング・ジュニア。アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として活動し、黒人への差別撤廃を訴えました。「I have a dream」というフレーズが有名なこのスピーチはリンカーンの奴隷解放宣言100年を記念する大集会にて行われました。当時は奴隷制度は撤廃されていましたが、黒人への差別は色濃く残っていました。黒人への差別という歴史を語る上で、とても重要な人物です。

「英語を聞きとる力が飛躍的にアップする新メソッド 10秒リスニング」


I am happy to join with you today in what will go down in history as the greatest demonstration for freedom in the history of our nation. Five score years ago a great American in whose symbolic shadow we stand today signed the Emancipation Proclamation.
今日は、我が国の歴史上、自由のための最大のデモンストレーションとして歴史に残るものに、皆さんと一緒に参加できることを嬉しく思います。5,000年前、偉大なアメリカ人が、今日私たちが立っている象徴的な影の中で、奴隷解放宣言に署名しました。

This momentous decree came as a great beckoning light of hope to millions of Negro slaves who had been seared in the flames of withering injustice. It came as a joyous daybreak to end the long night of their captivity.
この重要な命令は、枯れた不正の炎に焼かれていた何百万人もの黒人奴隷に、希望の光をもたらすものでした。囚われの身となっていた長い夜を終わらせる喜びの夜明けとなったのです。

But one hundred years later the Negro is still not free. One hundred years later the life of the Negro is still sadly crippled by the manacles of segregation and the chains of discrimination.
しかし、あれから100年、黒人はまだ自由ではない。100年経った今でも、黒人の人生は、隔離の手錠と差別の鎖によって悲しくも不自由なものとなっています。

One hundred years later the Negro lives on a lonely island of poverty in the midst of a vast ocean of material prosperity. One hundred years later the Negro is still languishing in the comers of American society and finds himself in exile in his own land.
100年後、黒人は、物質的繁栄の大海の中の貧困の孤島に住んでいる。100年後の今も、ニグロはアメリカ社会の片隅でくすぶっており、自分の国に亡命していることに気づく。

We all have come to this hallowed spot to remind America of the fierce urgency of now. Now is the time to rise from the dark and desolate valley of segregation to the sunlit path of racial justice.
私たちは、アメリカに「今」という切迫した状況を思い起こさせるために、この神聖な場所にやってきました。今こそ、隔離という暗く荒涼とした谷間から、人種的正義という太陽の光を浴びた道へと立ち上がる時なのです。

Now is the time to change racial injustice to the solid rock of brotherhood. Now is the time to make justice ring out for all of God’s children. There will be neither rest nor tranquility in America until the Negro is granted citizenship rights.
今こそ、人種的な不公平を兄弟愛という強固な岩に変える時です。今こそ、神の子すべてのために正義を鳴り響かせる時である。黒人に市民権が与えられるまで、アメリカには安息も平穏もないだろう。

We must forever conduct our struggle on the high plane of dignity and discipline. We must not allow our creative protest to degenerate into physical violence.
我々は、永遠に尊厳と規律の高い面で闘争を行わなければならない。私たちの創造的な抗議が物理的な暴力に発展するのを許してはならない。

Again and again we must rise to the majestic heights of meeting physical force with soul force. And the marvelous new militarism which has engulfed the Negro community must not lead us to a distrust of all white people, for many of our white brothers have evidenced by their presence here today that they have come to realize that their destiny is part of our destiny.
何度も何度も、肉体的な力に魂の力で対抗するという壮大な高みに上がらなければならない。白人の兄弟の多くは、自分たちの運命が我々の運命の一部であることを理解していることを、今日ここに出席することで証明しているからだ。

So even though we face the difficulties of today and tomorrow I still have a dream. It is a dream deeply rooted in the American dream. I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed:
今日、そして明日の困難に直面しても、私にはまだ夢があります。それは、アメリカンドリームに深く根ざした夢です。私はいつの日か、この国が立ち上がり、その信条の真の意味を生きていくという夢を持っています。


‘We hold these truths to be self-evident; that all men are created equal.” I have a dream that one day on the red hills of Georgia the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit together at the table of brotherhood.
「我々はこれらの真理を自明のものとし、すべての人間は平等に作られている」。いつの日かジョージア州の赤い丘で、元奴隷の息子たちと元奴隷所有者の息子たちが、兄弟愛のテーブルに共に座ることができるようになるという夢があります。

I have a dream that one day even the state of Mississippi, a state sweltering with the heat of injustice, sweltering with the heat of oppression, will be transformed into an oasis of freedom and justice.
私には夢があります。いつの日か、不正の熱にうなされ、抑圧の熱にうなされているミシシッピ州でさえも、自由と正義のオアシスに変えられることを。

I have a dream that little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character. I have a dream today.
小さな子供たちが、いつの日か、肌の色ではなく、人格の中身で判断される国に住むようになるという夢を持っています。私は今日、夢を持っています。

I have a dream that one day down in Alabama, with its vicious racists, with its Governor having his lips dripping with the words of interposition and nullification, one day right there in Alabama little black boys and black girls will be able to join hands with little white boys and white girls as sisters and brothers.
私は夢を持っています。ある日、悪質な人種差別主義者のいるアラバマ州で、知事が仲裁と無効化の言葉を唇に垂らしていても、ある日、アラバマ州で、小さな黒人の男の子と黒人の女の子が、小さな白人の男の子と白人の女の子と、姉妹と兄弟として手をつなぐことができるようになることを。

I have a dream today. I have a dream that one day every valley shall be exalted, every hill and mountain shall be made low, the rough places plains, and the crooked places will be made straight, and before the Lord will be revealed, and all flesh shall see it together. This is our hope.
私は今日、夢を持っています。いつの日か、すべての谷が高くなり、すべての丘や山が低くなり、荒れた場所が平地になり、曲がった場所がまっすぐになり、主の前に姿を現し、すべての肉なる者が共にそれを見るようになる、という夢を持っています。これが私たちの希望です。

This is the faith that I go back to the mount with. With this faith we will be able to hew out of the mountain of despair a stone of hope. With this faith we will be able to transform the genuine discords of our nation into a beautiful symphony of brotherhood.
これが、私が山に戻るときに持っている信仰です。この信仰があれば、私たちは絶望の山から希望の石を切り出すことができるでしょう。この信仰があれば、私たちの国の真の不調和を、兄弟愛の美しいシンフォニーに変えることができるでしょう。

With this faith we will be able to work together, pray together; to struggle together, to go to jail together, to stand up for freedom forever, )mowing that we will be free one day. And I say to you today my friends, let freedom ring.
この信仰があれば、私たちは共に働き、共に祈り、共に闘い、共に刑務所に入り、永遠に自由のために立ち上がり、いつか自由になれることを誓うことができるでしょう。今日、私は皆さんに言います、「自由の鐘を鳴らそう」と。

From the prodigious hilltops of New Hampshire, let freedom ring. From the mighty mountains of New York, let freedom ring. From the mighty Alleghenies of Pennsylvania! Let freedom ring from the snow capped Rockies of Colorado!
ニューハンプシャーの素晴らしい丘の上から、自由の鐘を鳴らそう。ニューヨークの強大な山々から、自由の鐘を鳴らそう。ペンシルバニアの強大なアレゲニーから、自由を鳴らそう。コロラドの雪に覆われたロッキー山脈から自由を鳴らそう!

Let freedom ring from the curvaceous slopes of California! But not only there; let freedom ring from the Stone Mountain of Georgia! Let freedom ring from Lookout Mountain in Tennessee! Let freedom ring from every hill and molehill in Mississippi. From every mountainside, let freedom ring.
カリフォルニアの曲線的な斜面から自由の鐘を鳴らそう。ジョージア州のストーン・マウンテンから自由の鐘を鳴らそう。テネシー州のルックアウト・マウンテンから自由の鐘を鳴らそう。ミシシッピ州のあらゆる丘やモグラ山から自由を鳴らそう。すべての山の中腹から、自由を鳴らそう。

And when this happens, when we allow freedom to ring, when we let it ring from every village and hamlet, from every state and every city, we will be able to speed up that day when all of God’s children, black men and white men, Jews and Gentiles, Protestants and Catholics, will be able to join hands and sing in the words of the old Negro spiritual, “Free at last! Free at last! Thank God almighty, we’re free at last!”
そうなれば、私たちが自由を鳴らすとき、すべての村や集落、すべての州や都市から自由を鳴らすとき、私たちは、神の子どもたち全員、黒人も白人も、ユダヤ人も異邦人も、プロテスタントもカトリックも、手を取り合って古い黒人霊歌の言葉である「Free at last! ついに自由になった。全能の神に感謝しよう、我々はついに自由になった!”