【英語スピーチ全訳】ロバート・デ・ニーロ

english-speeches English Speeches

2015年TISCH School of the Arts Salute式典での名誉ある講演者ロバート・デ・ニーロの挨拶です。ロバート・アンソニー・デ・ニーロ・ジュニア(1943年8月17日生まれ)は、アメリカの俳優、プロデューサー、監督です。アカデミー賞2回、ゴールデングローブ賞1回、セシル・B・デミル賞1回、映画俳優組合ライフ・アチーブメント賞1回など、様々な賞を受賞しています。2009年には、デ・ニーロはケネディセンター名誉賞を受賞し、2016年にはバラク・オバマ米大統領から大統領自由勲章を授与されました。このスピーチの中で、彼はこうも言っています。「私は彼らに失敗を恐れるなと言います。チャンスを逃さず、心を開いて、新しい経験や新しいアイデアを歓迎するように促しています。行ってみなければわからないと言っています。大胆に外に出て、チャンスを掴むしかないのです」。

「海外ドラマはたった350の単語でできている」


Dean Green, deans, University Leadership, faculty, staff, parents, friends, and the 2015 class of New York University’s TISCH School of the Arts. Thank you for inviting me to celebrate with you today. TISCH graduates, you made it! And you’re fucked. Think about that.
グリーン学部長、各学部長、ユニバーシティ・リーダーシップ、教授陣、スタッフ、保護者、友人、そしてニューヨーク大学TISCH芸術学部の2015年度生の皆さん。今日は皆さんと一緒にお祝いするためにお招きいただき、ありがとうございます。TISCH卒業生の皆さん、やり遂げましたね。そして、あなたはやられました。考えてみてください。

The graduates from the college of nursing, they all have jobs. The graduates from the college of dentistry, fully employed. The Leonard M Stern School of Business graduates, they’re covered. The School of Medicine graduates, each one will get a job.
看護大学の卒業生は、全員就職しています。歯科大学の卒業生は、完全に雇用されています。レナード・M・スターンビジネススクールの卒業生は、カバーされています。医学部の卒業生は、全員が就職します。

The proud graduates of the NY School of Law, they’re covered, and if they’re not, who cares? They’re lawyers. The English majors are not a factor. They’ll be home writing their novels. Teachers, they’ll all be working. Shitty jobs, lousy pay, but still working.
NYスクール・オブ・ローの誇り高き卒業生たち、彼らはカバーされているし、そうでなくても気にすることはない。彼らは弁護士です。英語専攻の学生は関係ありません。彼らは家で小説を書いているだろう。教師は、みんな仕事をしています。くだらない仕事、最低の給料、それでも働く。

The graduates in accounting they all have jobs. Where does that leave you? Envious of those accountants, I doubt that. They had a choice. Maybe they were passionate about accounting, but I think it’s more likely that they used reason and logic and common sense to reach for a career that could give them the expectation of success and stability.
会計学科の卒業生はみんな就職しています。あなたはどうしますか?会計士がうらやましいかというと、そんなことはない。彼らには選択肢があった。会計に情熱を持っていたのかもしれませんが、理性と論理と常識を働かせて、成功と安定を期待できる職業に就いたのではないでしょうか。

Reason, logic, common sense? At the TISCH School of Arts? Are you kidding me? But you didn’t have that choice, did you? You discovered a talent, recognised your ambition and developed a passion. When you feel that you can’t fight it, you just go with it.
理性、論理、常識?TISCHの芸術学校で?からかっているのか?しかし、あなたにはそのような選択はありませんでしたね。あなたは才能を発見し、野心を認識し、情熱を育てました。それに抗うことができないと感じたとき、あなたはただそれに従うのです。

When it comes to the arts, passion should always trump common sense. You aren’t just following dreams; you’re reaching for your destiny. You’re a dancer, a singer, a choreographer, a musician, a film maker, a writer, a photographer, a director, a producer, an actor, an artist. Yeah, you’re fucked!
芸術に関しては、常に情熱が常識に勝るべきです。あなたはただ夢を追いかけているのではなく、自分の運命に向かっているのです。あなたはダンサーであり、歌手であり、振付師であり、ミュージシャンであり、映画製作者であり、作家であり、写真家であり、監督であり、プロデューサーであり、俳優であり、アーティストである。そう、あなたはやられている!


The good news is that that’s not a bad place to start. Now that you’ve made your choice, or rather, succumbed to it, your path is clear. Not easy but clear. You have to keep working, it’s that simple. You got through TISCH, that’s a big deal, or to put it another way, you got through TISCH, big deal.
それは悪いスタートではありません。自分で選択した、いや、それに屈した今、あなたの道ははっきりしています。簡単ではありませんが、明確です。あなたは仕事を続けなければなりません、それはとても簡単なことです。TISCHを乗り切ったことは大きな意味があります。言い換えれば、TISCHを乗り切ったことは大きな意味があります。

Well, it’s a start. On this day of triumphantly graduating a new door is opening for you. A door to a lifetime of rejection. It’s inevitable. It’s what graduates call the ‘the real world’. You’ll experience it auditioning for a part or a place in a company. It’ll happen to you when you’re looking for backers for a project.
まあ、スタートですからね。晴れて卒業したこの日に、あなたのために新しいドアが開きます。拒絶の生涯への扉です。それは避けられません。それは卒業生が「現実の世界」と呼ぶものです。あなたは、役や会社の場所のためのオーディションを経験するでしょう。プロジェクトの支援者を探しているときにも起こるでしょう。

You’ll feel it when door close on you when you’re trying to get attention for something you have written, and when you’re looking for a directing or choreographing job. While preparing for my role today, I asked a few TISCH students for directions for this speech. The first thing they said was keep it short. And they said it’s okay to give a bit of advice, it’s kind of expected and no one will mind.
自分が書いたもので注目を集めようとしているときや、演出や振付の仕事を探しているときに、ドアが閉まってしまうと感じるでしょう。今日の役作りの準備をしながら、何人かのTISCHの学生にこのスピーチの方向性を聞いてみました。まず最初に言われたのは、「短く」ということでした。そして、ちょっとしたアドバイスをしてもいい、それは期待されていることであり、誰も気にしないだろうと言われました。

And then they said, to keep it short. It’s difficult for me to come with advice for you who have already set upon your life’s work, but I can tell you some of the things I tell my own children. First, whatever you do, don’t go to TISCH School of the Arts.
そして、短くすること、と言われました。すでにライフワークを始めている皆さんにアドバイスをするのは難しいのですが、私が自分の子供たちに言っていることをいくつか紹介します。まず、何をするにしても、TISCH芸術学校には行かないこと。

Get an accounting degree instead. Then I contradict myself, and as corny as it sounds, I tell them don’t be afraid to fail. I urge them to take chances, to keep an open mind, to welcome new experiences and new ideas. I tell them that if you don’t go, you’ll never know. You just have to be bold and go out there and take your chances.
代わりに会計の学位を取りなさい。そこで私は矛盾したことを言います。陳腐に聞こえるかもしれませんが、「失敗を恐れないで」と言うのです。チャンスを逃さず、心を開いて、新しい経験や新しいアイデアを歓迎してほしいと思います。行ってみなければわからないことがある。思い切って外に出て、チャンスを掴むしかないのです。

I tell them that if they go into the arts, I hope they find a nurturing and challenging community of like-minded individuals, a place like TISCH. If they find themselves with the talent and the burning desire to be in the performing arts, I tell them when you collaborate, you try to make everything better but you’re not responsible for the entire project, only your part in it.
私は彼らに、もし芸術の世界に進むのであれば、TISCHのような志を持った人たちが集う、育成的でやりがいのあるコミュニティを見つけてほしいと言っています。もし、彼らがパフォーミング・アーツの分野で才能と熱い思いを持っているとしたら、私は彼らに、共同作業をするときは、すべてをより良くしようとするが、プロジェクト全体に責任を持つのではなく、自分のパートだけに責任を持つようにと言っています。

You’ll find yourself in movies or plays or concerts or dance pieces that turn out in the eyes of critics and audiences to be bad, but that’s not on you, because you will put everything into everything that you do. You won’t judge the characters you play, and shouldn’t be distracted by judgments on the works you are in.
映画や演劇、コンサート、ダンスなどに出演して、批評家や観客の目には悪い作品に映ることもあるでしょうが、それはあなたの責任ではありません。なぜなら、あなたはすべてのことに全力で取り組むからです。自分が演じるキャラクターを評価することはありませんし、自分が出演する作品への評価に惑わされてはいけません。


Whether you are working for Ed Wood of Federico Fellini or Martin Scorsese, your commitment to your process will be the same. By the way there will be times when your best is not enough. There can be many reasons for this, but as long as you give your best, it’ll be okay. Did you get straight As at school? If so, good for you, congratulations, but in the real world you’ll never get straight As again.
エド・ウッドやフェデリコ・フェリーニ、マーティン・スコセッシの仕事をしていても、自分のプロセスに対するこだわりは同じです。ところで、自分のベストが十分でない場合もあるでしょう。理由はいろいろあるでしょうが、ベストを尽くしていれば大丈夫です。あなたは学校でA評価を得ましたか?しかし、現実の世界では、もう二度とストレートAを取ることはできません。

There are ups and there are downs. And what I want to say to you today is that it’s okay. Instead of rocking caps and gowns today I can see all of you graduating today in custom TSOA T-shirts. On the back is printed, ‘Rejection – it isn’t personal’. And on the front – your motto, your mantra, your battle cry, ‘Next!’ You didn’t get that part, that’s my point, ‘Next’, you’ll get the next one, or the next one after that.
上がることもあれば、下がることもあります。今日、私が皆さんに言いたいことは、「大丈夫」ということです。今日は、キャップやガウンではなく、TSOAのカスタムTシャツを着て卒業する皆さんの姿が目に浮かびます。背中には「拒絶されても、それは個人的なことではない」とプリントされています。そして正面には、あなたのモットー、マントラ、鬨の声、「次!」。あなたはそこを理解していない、それが私の言いたいことです。『次』、あなたは次の1つ、またはその次の1つを得るでしょう。

You didn’t get that waiter’s job at the White Oak tavern, next! You’ll get the next one, or you’ll get the next gig tending bar at Joseph’s. You didn’t get into Juilliard? Next! You’ll get into Yale or TISCH. You guys like that joke, so it’s okay. No, of course choosing TISCH is like choosing the arts. It isn’t your first choice, it’s your only choice.
ホワイトオークの酒場でのウェイターの仕事は取れなかったのか、次!?次はジョセフのバーテンダーの仕事を手に入れるんだ。ジュリアードに入れなかったのか?次だ!YaleかTISCHに入るんだよ。君たちはそのジョークが好きだから大丈夫だよ。いや、もちろんTISCHを選ぶことは芸術を選ぶことと同じです。第一志望ではなく、唯一の志望なのです。

I didn’t attend TISCH or for that matter any college, or my senior year of high school, or most of my junior year … still I’ve felt like part of the TISCH community for a long time. I grew up in the same neighbourhood as TISCH. I’ve worked for a lot of people who have attended TISCH, including Marty Scorsese, Class of ’64. As you learn your craft together you come to trust each other and depend on each other.
私はTISCHに通っていたわけでも、大学に通っていたわけでも、高校3年生の時に通っていたわけでも、中学3年生の時に通っていたわけでもありませんが、それでも長い間TISCHのコミュニティの一部のように感じていました。私はTISCHと同じ地域で育ちました。TISCHに通っていた多くの人々と仕事をしてきましたが、その中には64年卒のマーティ・スコセッシも含まれています。一緒に技術を学んでいくうちに、お互いを信頼し、頼りにするようになります。

This encourages taking creative risks, because you all have the sense that you’re in it together. It’s no surprise that we often work with the same people over and over. I did eight pictures with Marty, and plan to do more. He did about twenty-five with his editor, Thelma Schoon maker, whom he met at TISCH when she worked on his student film in the summer of ‘63.
そうすることで、創造的なリスクを取ることができるのです。同じ人と何度も仕事をするのは当然のことです。私はマーティと8枚の写真を撮ったし、これからも撮るつもりだ。編集者のテルマ・ショーン・メーカーとは、63年の夏に彼の学生時代の作品を手がけたTISCHで知り合った人で、彼は25本ほどの作品を手がけた。

Other directors – Cassavetes, Fellini, Hitchcock, came back to the same collaborators over and over, almost like a repertoire company. And now David O. Russell and Wes Anderson are continuing that tradition. Treasure the associations and friendships and working relationships with the people in your classes in your early work.
カサベテス、フェリーニ、ヒッチコックなど、他の監督たちは、まるでレパートリー会社のように、何度も同じ協力者と仕事をしていました。そして今、デビッド・O・ラッセルやウェス・アンダーソンがその伝統を引き継いでいます。初期の作品では、クラスの人々との付き合いや友人関係、仕事上の関係を大切にしてください。


You never know what might come from them. There could be a major creative shift or a small detail that could make a major impression. In Taxi Driver, Marty and I wanted Travis Bickle to cut his hair into a mohawk.
その中から何が生まれるかわかりません。クリエイティブに大きな変化があるかもしれないし、大きな印象を与えるような小さなディテールがあるかもしれない。「タクシードライバー」では、マーティと私はトラビス・ビックルの髪をモヒカンにしたいと思っていました。

An important character detail, but I couldn’t do it because I needed long hair for The Last Tycoon that was starting right after Taxi Driver, and we knew a false Mohawk would look, well, false. So, we were kicking it around one day at lunch and we decided to give it one shot with the very best makeup artist at the time, Dick Smith.
しかし、『タクシードライバー』の直後に公開される『ラスト・タイクーン』では長髪が必要だったし、付け焼き刃のモヒカンでは嘘っぽくなってしまうことがわかっていたので、それはできませんでした。そこで、ある日の昼食時に、当時最高のメイクアップアーティストであったディック・スミスと一緒にやってみようという話になったのです。

If you saw the movie, you’ll know that it worked. And by the way, now you know it wasn’t real. Friendships, good working relationships, collaboration, you just never know what’s going to happen when you get together with your creative friends. Marty Scorsese was here last year to speak to your 2014 graduates.
映画をご覧になった方は、それがうまくいったことをご存知でしょう。ところで、あれは現実ではなかったことがわかりましたね。友情、良好な仕事上の関係、コラボレーション、クリエイティブな友人と一緒になれば何が起こるかわかりません。マーティ・スコセッシは昨年、2014年の卒業生に向けて講演を行いました。

And now here I am, here we are, on Friday, at a kind of super-sized version of one of Alison’s student lounge hangout sessions. You’re here to pause and celebrate your accomplishments so far, as you move on to a rich and challenging future.
そして今、私はここにいます。金曜日、アリソンの学生ラウンジでの交流会を拡大したような場にいます。皆さんはここで一息つき、これまでの成果を祝い、豊かで挑戦的な未来へと進んでいきます。

And me – I’m here to hand out my pictures and resumes to the directing and producing graduates. I’m excited and honoured to be in a room of young creatives who make me hopeful about the future of the performing and media arts and I know you’re going to make it, all of you. Break a leg! Next! Thank you.
そして私は、演出家やプロデューサーの卒業生に私の写真と履歴書を渡すためにここにいます。パフォーミングアートやメディアアートの未来に希望を抱かせてくれる若いクリエーターたちの部屋にいることに興奮し、光栄に思っています。頑張ってください。次! ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました