【英語スピーチ全訳】ビル・クリントン

english-speeches English Speeches

ビル・クリントン元大統領は、2016年5月7日にLMU Undergraduate Class of 2016で演説を行いました。ウィリアム・ジェファーソン・クリントンは、1993年から2001年まで第42代アメリカ大統領を務めたアメリカの政治家・弁護士です。大統領就任前は、1979年から1981年、1983年から1992年までアーカンソー州知事を、1977年から1979年まではアーカンソー州司法長官を務めました。

「英語を聞きとる力が飛躍的にアップする新メソッド 10秒リスニング」


You are graduating in the most interdependent age in human history. Interdependent with each other, within your community, your state, your nation and the world. This campus has seen global imagination, and what you have all said today, “light the world on fire,” both have to be defined, because all interdependence means is that here we are, stuck together.
皆さんは、人類史上最も相互依存的な時代に卒業します。相互依存とは、お互いのコミュニティ、州、国、そして世界の中での相互依存のことです。このキャンパスでは、グローバルな想像力と、今日皆さんが言った「世界に火をつける」という言葉の両方を定義しなければなりません。

We can’t get away from each other. Divorce, walls, borders, you name it, we’re still stuck with our interdependence. Whether we like it or not, for the rest of your lives, what happens to you will, in some measure, be determined by what happens to other people, by how you react to it, how they treat you, how you treat them, and what larger forces are at work in the world.
私たちはお互いに離れられない。離婚しても、壁があっても、国境があっても、私たちは相互依存の関係から抜け出せないのです。好むと好まざるとにかかわらず、皆さんの残りの人生において、自分に何が起こるかは、他の人々に何が起こるかによって、それに対して自分がどう反応するか、相手が自分をどう扱うか、自分が相手をどう扱うか、そして世界にはどんな大きな力が働いているかによって、多少なりとも決定されることになります。

The global economy, the internet, mobile technology, the explosion of the social media have unleashed both positive and negative forces. The last few years have seen an amazing explosion of economic, social and political empowerment. They have, also, laid bare the power of persistent inequalities, political and social instability, and identity politics based on the simple proposition that our differences are all that matter.
グローバル経済、インターネット、モバイル技術、ソーシャルメディアの爆発的な普及は、ポジティブな力とネガティブな力の両方を解き放ちました。ここ数年、経済的、社会的、政治的なエンパワーメントが驚くほど爆発的に進んでいます。一方で、根強い不平等、政治的・社会的な不安定さ、そして「違いがすべてだ」という単純な命題に基づくアイデンティティ・ポリティクスの力がむき出しになっています。

At the root of it all is a simple profound question: Will you define yourselves and your relationship to others in positive or negative terms? Because if we’re bound to share the future, it seems to me that it is clear that all of us have a responsibility, each in our own way, to build up the positive and to reduce the negative forces of our interdependence.
その根底にあるのは、シンプルで深遠な問いかけです。自分自身や他人との関係を、ポジティブに定義するのか、それともネガティブに定義するのか。なぜなら、もし私たちが未来を共有することになるのであれば、私たち全員がそれぞれの方法で、相互依存のポジティブな力を高め、ネガティブな力を抑える責任があることは明らかであると思うからです。


This applies to people on the left, the right, somewhere in the middle or somewhere out there. There are so many people who feel that they’re losing out in the modern world, because people either don’t see they more, they see them only as members of groups that they feel threatened by.
これは、左翼でも右翼でも、真ん中でもそこらへんの人でも同じです。現代社会では、多くの人が損をしていると感じています。なぜなら、人々は彼らをそう見ていないから−−、脅威を感じる集団の一員としてしか見ていないからです。

The young people pushing for immigration reform, clinging to DACA and DAPA, hoping to make their way in a country where their future is uncertain, feel that way. The young people in the Black Lives Matter movement feel that way. But so do the coal miners in communities where their present is bleak and they think their future is bleaker, and they think all of us who want to fight climate change don’t give a rip about the wreckage of their lives.
移民法改正を推進し、DACAやDAPAにしがみつき、将来が不透明な国で自分の道を切り開こうとしている若者たちは、そう感じているのです。ブラック・ライヴズ・マター(Black Lives Matter)運動の若者たちもそう感じています。しかし、現在が暗く、将来も暗いと考えている地域の炭鉱労働者も同様で、気候変動に立ち向かおうとする私たちは、自分たちの生活の荒廃などどうでもいいと思っているのです。

It’s everywhere. When we try to drift apart in an interdependent age, all we do is build up the negative and reduce the positive forces of interdependence. What does set the world on fire mean anyway? It means you can set the world on fire by the power of your imagination, by the gift of your passion, by the devotion of your heart and your skills to make your life richer and to lift others; or it means you can set the world on fire.
それはどこにでもあります。相互依存の時代にバラバラになろうとすると、ネガティブなものばかりが積み重なり、相互依存のポジティブな力が減退してしまいます。「世界に火をつける」とはどういう意味でしょうか?それは、あなたの想像力の力で、あなたの情熱の賜物で、あなたの心と技術の献身で、あなたの人生をより豊かにし、他の人を高めるために、あなたが世界を燃え上がらせることができるということです。

You have to decide, but because the world is interdependent, you can’t take a pass. I think the future begins by accepting the wonderful instruction of our very first Jesuit pope. Pope Francis has fostered a culture of encounter.
決めなければなりませんが、世界は相互に依存しているので、パスを取ることはできません。未来は、私たちの最初のイエズス会の教皇の素晴らしい教えを受け入れることから始まると思います。フランシスコ教皇は、出会いの文化を育んできました。

Where my foundation works in Africa and the hills of central Africa, nobody’s got any kind of wheel transportation, so everybody meets each other on foot, and when people pass each other on path and one says, “Good morning. Hello. How are you?” the response translated into English is, “I see you. I encounter you. You are real to me.”
私の基金が活動しているアフリカや中央アフリカの丘陵地帯では、誰も車での移動手段を持っていないので、みんな歩いて出会います。「こんにちは。お元気ですか」と声をかけると、その答えは、英語に訳すと「あなたに会う。私はあなたに出会う。あなたは私にとって本物です。」

Think about all the people today, yesterday and tomorrow, you will pass and not see. Do you really see everybody who works in a restaurant where you’ll go after here to have a celebratory meal? Do we see people that we pass on the street, who may have a smile or a frown, or a burden they can barely carry alone?
今日も、昨日も、明日も、すれ違っても会えない人たちのことを考えてみてください。この後、お祝いの食事に行くようなレストランで働いている人たちを、本当にみんな見ているだろうか?道ですれ違う人の中で、笑顔だったり、しかめっ面だったり、一人で背負うのがやっとの重荷を背負っている人を見ているだろうか?


When we passionately advocate for the causes, we believe in, have we anticipated all the unanticipated consequences so that we can take everybody along for a ride to the future we imagine.
私たちが信じている目的のために情熱的に主張するとき、私たちが想像する未来に皆を連れて行くことができるように、すべての予期しない結果を予測していますか?

When Pope Francis tells us to engage in a culture of encounter, he’s thinking about the LMU students in this class who since they were freshman have performed almost 200,000 hours of community service. Thank you. That’s a fancy elevated way of saying you saw a need, and you stepped in to solve it, and you did it, not only because it was the morally right thing for other people, but because it made your life more meaningful.
教皇フランシスコが「出会いの文化を大切にしなさい」とおっしゃっているのは、このクラスのLMUの学生たちが1年生のときから20万時間近い社会奉仕活動を行っていることを考えてのことです。ありがとうございます。それは、ニーズを見抜いたということで、格好の高揚剤となります。そして、あなたはそれを解決するために介入し、それを実行しました。それは、他の人々にとって道徳的に正しいことであるだけでなく、あなたの人生をより意味のあるものにするためでもあります。

That’s the way you want to set the world on fire. The young people that were mentioned in my introduction who have been part of our global initiative community for university students made very specific commitments. They promised to mentor high school girls to help them overcome any preconceived notions of their own limitations.
それが、世界に火をつける方法なのです。冒頭で紹介した、大学生を対象としたグローバル・イニシアティブ・コミュニティに参加した若者たちは、非常に具体的な約束をしてくれました。彼女たちは、女子高生を指導し、自分の限界という先入観を克服できるようにすることを約束しました。

They promised to help the victims of domestic violence and violence against the homeless. They promised to provide more capital to small businesspeople in Haiti through micro-credit loans, something that means a lot to Hillary and me personally, because for more than 40 years since we took a honeymoon trip there, we’ve cared about them and believed in them.
彼らは、家庭内暴力やホームレスに対する暴力の被害者を支援することを約束しました。彼らはハイチの中小企業の人々に小口融資を通じてより多くの資金を提供することを約束しましたが、これはヒラリーと私個人にとって大きな意味を持つものです。というのも、私たちはハイチに新婚旅行で行って以来、40年以上にわたってハイチを気にかけ、信じてきたからです。

They promised an educational exchange with the National University of Rwanda. We can learn a lot from them, because they lost 10 percent of their people in ninety days to a genocide in 1994, and they came back because they refused to be paralyzed by the past. They joined hands across the land that led to all that bloodshed to create a common future.
彼らは、ルワンダ国立大学との教育交流を約束しました。彼らから学ぶべきことは多い。なぜなら、彼らは1994年のジェノサイドによって90日間で国民の10%を失いましたが、過去に麻痺することを拒否して戻ってきたからです。彼らは共通の未来を創造するために、流血の原因となった土地を越えて手を結んだのです。

That’s what’s at the heart of your restorative justice program here. Instead of figuring out who to punish, figure out how to repair the harm. Instead of focusing on getting even for the past, focus on how we can share the future. It’s at the heart of your efforts here to improve the juvenile justice system.
それが、ここでの修復的司法プログラムの中心となるものです。誰を罰するかを考えるのではなく、どうやって被害を修復するかを考えるのです。過去の仕返しに焦点を当てるのではなく、どうやって未来を共有するかに焦点を当てるのです。それが、少年司法制度を改善するためのあなたの努力の核心なのです。

You, without knowing it, have often embodied the future of positive interdependence we hope to build. You can’t have shared prosperity and an inclusive community unless we believe our common humanity is even more important than our incredibly interesting differences.
あなた方は、知らず知らずのうちに、私たちが構築したいと考えているポジティブな相互依存の未来を体現してきました。私たちの共通の人間性が、私たちの信じられないほど興味深い相違点よりもさらに重要であると信じることができなければ、繁栄を共有し、包括的なコミュニティを築くことはできません。


I will say this again. On every continent, think of the struggles in Latin America; think of the political struggles and social and economic struggles in America; think of what’s going on in Asia; think of what’s going on in Africa; think of how Europe is dealing with this influx from the Middle East of the largest number of refugees since World War II, and all the conflicts within all these countries, and whether they should keep Europe together.
私はもう一度言います。すべての大陸で、ラテンアメリカの闘争を考えてみてください。アメリカの政治的闘争や社会的・経済的闘争を考えてみてください。アジアで何が起こっているかを考えてみてください。アフリカで何が起こっているかを考えてみてください。ヨーロッパが中東から流入した第二次世界大戦以来最大の難民にどう対処しているか、そしてこれらすべての国の中にあるすべての紛争にどう対処しているか、ヨーロッパを一緒にしておくべきかどうかを考えてみてください。

Every single one of these is part of an ongoing battle to define the terms of our interdependence. Will we do it in positive or negative terms? Are we going to expand the definition of us and shrink the definition of them, or shall we just hunker down in the face of uncomfortable realities and just stick with our own crowd?
これらの一つ一つが、私たちの相互依存の条件を定義するための継続的な戦いの一部です。肯定的な言葉で定義するのか、否定的な言葉で定義するのか。私たちの定義を拡大し、彼らの定義を縮小するのか、それとも不快な現実に直面して身を縮め、自分たちの仲間だけでやっていくのか。

It will be a bleaker future if you do that. Set the world on fire with your imagination, not with your matches. Set the world on fire by proving that what we have in common is a million times more important than our admittedly utterly fascinating differences.
そんなことをしていたら、暗い未来になってしまう。マッチではなく、あなたの想像力で世界に火をつけてください。私たちの共通点は、確かに全く魅力的な違いよりも100万倍も重要であることを証明することで、世界に火をつけましょう。

If every day we all get a little better in seeing everyone we encounter physically or virtually, if we remember that a very short life, the things that we share that are even more than the things about us that are special. Do well. Do good. Have a good time doing it, and remember, it’s the journey that matters. Set the world on fire in the right way. God bless you.
もし毎日、物理的にも仮想的にも出会った人たちを少しでも良く見られるようになれば、もし非常に短い人生であることを思い出せば、私たちが共有しているものは、私たちについての特別なものよりもさらに多いのです。うまくやる。良いことをする。楽しくやって、大事なのは旅だということを忘れないでください。正しい方法で、世界に火をつけてください。神のご加護があらんことを。

タイトルとURLをコピーしました