【英語スピーチ全訳】ウォーレン・バフェット

english-speeches English Speeches

ウォーレン・バフェットは、成功の鍵となる要素について、Yahoo Finance編集長のAndy Serwerと語りました。ウォーレン・バフェット氏は、世界で最も裕福で尊敬されているビジネスマンの一人であり、”オマハの神託 “として知られています。バフェット氏は若くして優れたビジネススキルを発揮しました。1956年にBuffett Partnership Ltd.を設立し、1965年にはBerkshire Hathaway社を買収した。1956年にバフェットパートナーシップ社を設立し、1965年にはバークシャー・ハサウェイ社を傘下に収め、メディア、保険、エネルギー、食品・飲料などの事業を展開するコングロマリットのオーナーであり、世界有数の富豪であり、著名な慈善家でもあります。このスピーチの中で、彼はこうも言っています。「65歳や70歳以降になって、自分が愛してもらいたいと思っている人たちに実際に愛されたら、あなたは成功者だ。自分を愛してくれる人がたくさんいれば、それが幸せ以外の何ものでもないという人を私は見たことがない。」

「英語を聞きとる力が飛躍的にアップする新メソッド 10秒リスニング」


Interviewer: Warren, how would you define true success?
Warren Buffett: Well, I’ve said many times that if you get to be 65 or 70 and later, and the people that you want to have love you actually do love you, you’re a success. I’ve never seen anybody that reaches that age.
インタビュアー/ウォーレン、あなたは真の成功をどのように定義しますか?
ウォーレン・バフェット/私は何度も言ってきましたが、もしあなたが65歳や70歳以降になって、あなたが愛してほしいと思っている人たちが実際にあなたを愛してくれたら、あなたは成功者です。そんな歳になった人を見たことがありません。

I mean, I’m not talking about somebody that’s in extreme poverty or pain or something, but I’ve never seen anybody that if they have a lot of people that love them, that is other than happy.
つまり、極度の貧困や苦痛を抱えている人のことを言っているのではありませんが、多くの人に愛されていれば、幸せ以外の何ものでもない人を見たことがありません。

And I’ve seen some very, very wealthy people that they give testimonial dinners too and named schools after and everything. And nobody, nobody loves them. Yeah. Their own kids would say, he’s in the attic, he’s in the attic, you know. They were okay.
私は大金持ちの人たちを見てきましたが、彼らは表彰パーティーを開いたり、学校の名前をつけたりしていました。そして誰も、誰も彼らを愛していない。そうなんです。彼らの子供たちは、「彼は屋根裏部屋にいるんだ」と言うでしょうね。彼らはそこそこでした。

Interviewer: What are say three pieces of advice you would give to people who are looking to succeed in business?
Warren Buffett: Well, by far, the best investment you can make is in yourself. I mean, for example, communication skills. I tell those students that come, that they’re going to graduate schools and business and that they’re running all these complicated formulas, all that.
インタビュアー/ビジネスで成功しようとしている人たちに、3つのアドバイスをお願いします。
ウォーレン・バフェット/そうですね、一番の投資は自分自身への投資だと思います。例えば、コミュニケーション・スキルですね。私は、大学院やビジネススクールに通っている学生たちに、複雑な計算式を駆使していると言っていますが、それは間違いです。

If they just learned to communicate better, both in writing and in person, they increase their value at least 50%. I mean, if you can’t communicate with somebody, it says, you know, it’s like winking at a girl in the dark, nothing happens, you know, basically. And you have to be able to get forth your ideas. And that’s relatively easy.
文章でも人前でも、コミュニケーションがうまくできるようになれば、自分の価値が少なくとも50%は上がると思います。つまり、誰かとコミュニケーションがとれないと、暗闇で女の子にウインクするようなもので、基本的に何も起こらないということです。そして、自分のアイデアを伝えることができなければなりません。それは比較的簡単なことです。

I did it myself with the Dale Carnegie, of course. Some people wish I’d taken a shorter course though, in terms of my talking later on. But it’s just hugely important. And if you invest in yourself, nobody can take it away from you.
私はもちろん、デール・カーネギーを使って自分でやりました。後になって話すことを考えると、もっと短いコースを受ければよかったと思う人もいますが。しかし、これは非常に重要なことです。自分に投資すれば、誰もあなたからそれを奪うことはできません。

I mean, the second thing which, I’ll get a certain criticism for not living it, but I do tell those students, you know, that if I gave you a car and it’d be the only car you’re getting for the rest of your life, you would take care of it like you can’t believe.
2つ目は、これを実践していないと批判されるかもしれませんが、私は学生たちに、もし私があなたに車を与え、それがあなたが一生手に入れる唯一の車だとしたら、あなたは信じられないほど大切にするでしょう、と言います。


Any scratch, you would fix it that moment. You’d read the owner’s manual. You keep it into a garage and do all these things. And you get exactly one mind and one body in this world. And you can’t start taking care of it when you’re 50.
どんな傷でも、その瞬間に直してしまう。取扱説明書を読む。ガレージに入れておいて、これらのことをする。そして心も体もこの世にひとつしかないものです。それを50歳になってから手入れするのは無理です。

By that time, you will rust it out if you haven’t done anything. So, you should really make sure that you just remember that you just got one mind and body to get through life with and do the most with it.
その頃には、何もしていないと錆びついてしまいます。だから、自分の心と体は一つしかないということを忘れずに、最大限の努力をするべきだと思います。

Interviewer: What about life advice?
Warren Buffett: Well, life advices, you know, the most important thing aside from the things I’ve talked about already is it’s really who you’re associated with. You want to associate with people that are better than you are.
インタビュアー/人生のアドバイスについては?
ウォーレン・バフェット/人生のアドバイスですが、今まで話したことを除けば、最も重要なことは、誰と付き合うかということです。自分より優れた人と付き合いたいものです。

I mean, basically, you’ll go in the direction of the people that you associate with and you want to have the right heroes. You want people, if you want to emulate somebody, you better pick very carefully who you want to emulate.
つまり、基本的には自分が付き合っている人たちの方向に進むことになり、正しいヒーローを持ちたいと思うのです。誰かを真似したいのであれば、誰を真似したいのかを慎重に選ぶべきです。

And obviously, you can’t pick your parents, they’re going to have an enormous influence on you, but you don’t get a choice on that. But you get choices as you go down the line and who you admire, who you want to copy.
もちろん、両親を選ぶことはできません。両親はあなたに多大な影響を与えるでしょうが、それを選ぶことはできません。しかし、誰を尊敬し、誰を真似したいかという選択は、人生の歩みの中で得られるものです。

And the most important for most people in terms of that decision is their spouse. It’s also important in terms of a partner in business, with a partner in life is the most important one. You want to pick a spouse that’s a little better than you are.
そして、その決断という点では、ほとんどの人にとって最も重要なのが配偶者です。ビジネス上のパートナーという意味でも重要ですが、人生のパートナーが最も重要なのです。自分よりも少しでも優れた配偶者を選びたいものです。

And then he or she, you hope they don’t figure it out too fast.
Interviewer: Great. Biggest mistakes people make when investing?
Warren Buffett: Well, they try, they just don’t realize that all you have to do is just buy across a cross-section of America and they never listen to people like me or read the papers or do anything subsequently.
そして、彼らがあまりにも速くそれを理解しないことを願うでしょう。
インタビュアー/素晴らしいですね。投資の際に人々が犯す最大の間違いは?
ウォーレン・バフェット/努力はしているのですが、アメリカ全土で買えばいいということがわかっていないのです。そして彼らは私のような人間の意見に耳を傾けず、新聞を読まず、何もしない。

They think that because you can trade, you should trade. You buy a farm, you buy an apartment house, you can’t resell it tomorrow, you know, the cost of moving around. Now you get something handed to you, liquidity, which is instant in sell and the cost of doing it are pennies, you know, compared to other kinds of investment activity. So, because they can so easily move around, they do move around. And moving around is not smarter than investing.
トレードできるから、トレードすべきだと考えている。農場を買っても、マンションを買っても、明日には転売できない、ほら、移動のためのコストがかかる。しかし、今は流動性というものを手に入れることができ、すぐに売ることができ、そのコストは他の種類の投資活動に比べてわずかなものです。だから、彼らは簡単に移動できるので、移動してしまうのです。そして、移動することは、投資よりも賢くない。

Interviewer: You have a pretty cool morning routine regarding what you have for breakfast and how prosperous you feel. What is that?
Warren Buffett: Well, I now actually send somebody over to McDonald’s usually to get me something, since the publicity I got from earlier describing my habits at McDonald’s.
インタビュアー/あなたは、朝食に何を食べるか、そして自分の気持ちを豊かにすることについて、かなりクールな朝の習慣を持っています。それは何ですか?
ウォーレン・バフェット/私は今、誰かにマクドナルドに行ってもらい、何かを買ってきてもらっています。なぜならば、以前、マクドナルドでの私の習慣について説明したことで、世間の注目を集めたからです。


I know somebody had them, have somebody go in the office, but that was more for entertainment value. I actually eat, I eat exactly what I like to eat. If I liked it on my sixth birthday and my sixth birthday party when we had hot dogs and hamburgers and Coke and ice cream with chocolate, I still like it. And I don’t care about anything subsequently. I discovered it all by the time I was six.
誰かが持っていたのを知っているし、誰かにオフィスに行ってもらったこともあるが、それは娯楽的な意味合いが強かった。私は自分の好きなものを食べています。6歳の誕生日に、ホットドッグやハンバーガー、コーラ、チョコレート入りのアイスクリームを食べたときに好きだったものは、今でも好きです。そして、その後のことは気にしません。私は6歳までにすべてを発見しました。

If somebody offered me a deal, when I was 20 and said, you’re going to live one year longer. You know, instead of living to 88, you’ll have 89 or whatever it may be, if you eat nothing but broccoli and Brussels sprouts and onions and all these things, I would have said, I’ll take the last year off. It probably won’t be that good anyway, you know. So, I eat what I like to eat. I am not adventuring something in that area.
もし誰かが私に取引を申し出たとしたら、私が20歳のときに、「あなたは1年長く生きられます。ブロッコリーや芽キャベツ、玉ねぎなどの野菜だけを食べていれば、88歳まで生きるのではなく、89歳まで生きることができます」と言われたら、私は「最後の1年は休むよ」と言ったでしょう。どうせそんなに美味しくないだろうしね。だから、自分の好きなものを食べる。その分野で何かを冒険しているわけではありません。

Interviewer: I like how you lumped in onions with broccoli and Brussels sprouts. I just never heard that one.
Warren Buffett: I just don’t happen to like onions. But I don’t put them in the same category.
インタビュアー/玉ねぎをブロッコリーや芽キャベツと一緒にしたのがいいですね。それは聞いたことがないですね。
ウォーレン・バフェット/たまたまタマネギが好きではないだけです。でも、同じカテゴリーには入れません。

Interviewer: Okay. You and George H. W. Bush, I think. Is business school worth it?
Warren Buffett: Depends on the person, much more than it depends on the school. I mean, I wouldn’t worry, some people are going to get a lot out of advanced education and some people are going to get very little. And I don’t even think it’s important that every person goes to college at all.
インタビュアー/なるほど、あなたとジョージ・H・W・ブッシュだったかな。ビジネススクールは価値がありますか?
ウォーレン・バフェット/学校によるというよりも、人によると思います。つまり、私は心配していません。高度な教育から多くのものを得られる人もいれば、ほとんど何も得られない人もいるでしょう。また、すべての人が大学に行くことが重要だとも思いません。

I mean, we have all kinds of jobs, 70 or so thousand a year, 80,000 a year, that college training is not required. And I actually was not keen on going to college myself.
つまり、大学でのトレーニングが必要ではない仕事、年間7万数千人、8万人の仕事がいろいろあるのです。そして、実は私自身、大学に行くことに熱心ではありませんでした。

Interviewer: Really?
Warren Buffett: Yeah. My dad, kind of jolly man, he could get me to do anything. But if they’d had an SAT test in those days, he would have taken the test for me. But because I just, I knew I could have a good time and I liked investing and I didn’t really feel like I could read the books.
インタビュアー/本当ですか?
ウォーレン・バフェット/ええ。私の父は陽気な人で、私に何でもやらせることができました。でも、もし当時、SATテストがあったら、父は私のためにテストを受けていたでしょうね。でも、私はただ、楽しい時間を過ごせると思っていたし、投資が好きだったので、本を読める気がしなかったんです。

So, I don’t, you know, it’s a big commitment to take four years and the cost involved and maybe the loans involved and everything. And I think depending on what your interests are in life, I don’t think it’s for everybody. I think it’s for a lot of people, but there ought to be a reason you’re going and I didn’t really see much a reason.
だから、4年間も勉強するのは大変だし、費用もかかるし、ローンも組むことになるかもしれません。人生で何に興味があるかにもよりますが、すべての人に当てはまるわけではないと思います。多くの人に向いているとは思いますが、行くからには理由があるはずで、私にはあまり理由が見えませんでした。

Interviewer: All right. Last question. It’s a lightning round. So, it’s a few. Do you ever drink water?
Warren Buffett: Only under a duress.
インタビュアー/わかりました。最後の質問です。これは一問一答です。ほんの少しだけ。水を飲むことはありますか?
ウォーレン・バフェット/強要されたときだけです。

Interviewer: What is your favorite all-time song?
Warren Buffett: It’s undoubtedly, It’s My Way.
インタビュアー/あなたのお気に入りのオールタイムソングは何ですか?
ウォーレン・バフェット/間違いなく「My Way」ですね。


Interviewer: What about movie favorite movie?
Warren Buffett: Well, I like the Bridge on the River Kwai because there were a lot of lessons in that plus it was enormously fascinating.
インタビュアー/映画の好きな映画は?
ウォーレン・バフェット/「戦場にかける橋」が好きですね。この映画には多くの教訓があり、非常に魅力的でした。

Interviewer: Catchy tune, also.
Warren Buffett: Sorry.
Interviewer: Catchy tune also.
Warren Buffett: Yeah. Very.
Interviewer: Right, right.
インタビュアー/曲も有名ですね。
ウォーレン・バフェット/何ですって?
インタビューアー/曲も有名ですね。
ウォーレン・バフェット/うん。とてもね。
インタビュアー/そうですね、そうですね。

Warren Buffett: But the ending of that was sort of the story of life. You know, he created the railroad and he really wants the enemy to come and across it, you know.
Interviewer: Got it. Favorite book?
ウォーレン・バフェット/しかし、その結末は人生の物語のようなものでした。彼は鉄道を作ったのですが、敵に来てもらってそれを横切ってもらいたいと本気で思っているんですよね。
インタビュアー/そうですね。了解です。好きな本は?

Warren Buffett: Well, the favorite book for investment, the book that had the most impact on my life was the Intelligent Investor by Ben Graham.
Interviewer: I knew you were going to say that. Favorite TV show?
Warren Buffett: It’s probably going to be, it would be Nebraska in some huge bowl game I am winning.
ウォーレン・バフェット/さて、投資のための愛読書、私の人生に最も影響を与えた本は、ベン・グレアムの「インテリジェント・インベスター」でした。
インタビュアー/それを言うと思っていました。好きなテレビ番組は?
ウォーレン・バフェット/おそらく、ネブラスカが優勝している大規模なボウルゲームを見ているところでしょうね。

Interviewer: And finally, what do you carry in your wallet and how much money do you tend to carry around?
Warren Buffett: Well, I’d probably carry, maybe $400. I actually, my wife likes to use the cash, so I just take home a chunk of cash every now and then she does it out. She looks at my billfold and sees whether all the hundreds are gone and sticks a few in there. But it’s pretty simple.
インタビュアー/最後に、お財布には何を入れて、どれくらいの金額を持ち歩くことが多いのでしょうか?
ウォーレン・バフェット/まあ、持ち歩くのは400ドルくらいでしょうか。実は、妻が現金を使うのが好きなので、たまに現金の塊を持ち帰って、妻がそれを使っています。彼女は私の札入れを見て、100ドル札がすべてなくなったかどうかを確認し、そこに数枚を貼り付けます。でも、それはとても簡単なことです。

Interviewer: And the credit cards?
Warren Buffett: I’ve got an American Express card, which I got in 1964. But I pay cash 98% of the time. If I’m at a restaurant, I always pay cash. It’s just easier.
Interviewer: Warren buffet. Thanks very much.
インタビュアー/クレジット・カードは?
ウォーレン・バフェット/アメリカン・エキスプレスのカードを持っていますが、これは1964年に取得しました。でも、98%は現金で支払っています。レストランに行っても、いつも現金で支払います。そのほうが簡単だからです。
インタビュアー/ウォーレン・ビュッフェさん。どうもありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました