テイラーがYouTubeの長時間のインタビューでソーシャルメディア、ツアー、猫について語っています。テイラー・スウィフトは、お気に入りのアーティストのライブやインタビューをファンに届ける「YouTube Presents」というプログラムに参加しました。コンサートで披露するカバー曲をどうやって選ぶかという質問に、テイラーは「インターネットで、どんな人がいるのか、どんな有名なミュージシャンがいるのかをググって、自分のお気に入りを選ぶの」と答えています。


◆Taylor Swift: Hi. That was nice. It’s great to be here. This is amazing.
◇テイラー:こんにちは。素敵だったわね。ここに来れて最高です。これはすごいわ。

◆Kevin Allocca: We were talking before, you’ve actually been here before; is that right?
◇ケヴィン:前に話していたのですが、実は以前にもここに来たことがあるんですよね。そうなんですか?

◆Taylor Swift: Yes. I came here, I think, about five years ago, I was 16. And just about to release my first single “Tim McGraw”. And so we were traveling up the West Coast in a rental car, in a TAURUS, and I was doing my homework in the back seat, I was home schooled in 10th grade. That was when we made this trip to San Jose and came to see you for the first time. It’s wonderful to be back here and have so many of you come out this time around. It’s amazing.
◇テイラー:はい。ここに来たのは確か5年ほど前、16歳のときでした。そして、最初のシングル「Tim McGraw」をリリースするところでした。レンタカーのTAURUSで西海岸を旅していたのですが、私は後部座席で宿題をしていました。その時、私たちはこのサンノゼへの旅をして、初めてあなたに会いに来たのです。今回、ここに戻ってきて、こんなにたくさんの皆さんに来ていただけて、素晴らしいです。すごいことですよね。

◆Kevin Allocca: We’re a very forward-thinking company apparently, having you here when you were 16. I want to thank you for being here, first of all, for all of us. This is really an honor and a treat. You’re in the middle of your tour, Speak Now. I know you have posted some videos to your channel, sort of outlining your tour, and, specifically, your trip to Asia. And I want to show a clip from when you were in Singapore. I know you were in Chinatown, but the Chinatown of Singapore? Is that right?
◇ケヴィン:あなたが16歳のときにここにいたということは、私たちは非常に先見の明のある会社だということですね。まず最初に、ここに来てくれたことに感謝したい。これは本当に名誉なことであり、楽しみでもあります。今、あなたは「Speak Now」というツアーの最中ですね。ご自身のチャンネルに、ツアーの概要や、特にアジアへの旅についてのビデオをアップされていますよね。今回は、シンガポールでの映像をお見せします。チャイナタウンに行ったのは知っていますが、シンガポールのチャイナタウン?そうですか?

◆Taylor Swift: Yes. We started out the year going on tour and started off in Asia. And then we were in Europe for two months. It was, like, three months of major worldwide touring. So Singapore was the first place that we went on the tour.
◇テイラー:はい。今年はまずツアーに出て、最初はアジアでスタートしました。その後、ヨーロッパに2ヶ月間滞在しました。3ヶ月間の世界規模の大規模なツアーだったわ。だから、シンガポールがツアーの最初の場所だったのよ。

◆Kevin Allocca: Cool. Let’s roll that clip.
◇ケヴィン:いいですね。そのクリップを見てみましょう。

◆Taylor Swift: Everywhere, sort of fascinated by the waving cats, because, you know, of course, as long as you keep fresh batteries in them, they’re always going to be saying hello to you, just always. Symbolize forever, waving cats. What’s better than a cat that’s always like, hey? There’s nothing better than that.
◇テイラー:どこにいても、手を振っている猫に魅了されます。もちろん、新しい電池を入れておく限り、いつでもあなたに挨拶してくれますからね。永遠を象徴する、手を振る猫たち。いつも「やあ」と言ってくれる猫よりもいいものがあるでしょうか?それに勝るものはありません。

◆Kevin Allocca: So this, of course, has all the makings of a viral video. There’s a big celebrity. It’s a global thing. There’s a cat in the video.
◇ケヴィン:これはもちろん、口コミ動画の素質を備えています。大物芸能人がいる。世界的なものです。ビデオには猫が出てきます。

◆Taylor Swift: That will do it. I think you just said it. That’s the essential ingredient is a cat.
◇テイラー:それでいいよ。今、言ったような気がします。肝心なのは猫だよ。

◆Kevin Allocca: Now your YouTube channel is very popular. I know you have over a half a million subscribers that get your blogs when you post them, which is really cool. I wanted to ask you off the bat, how important is your channel and social media in general as a tool for expression but also connecting with your audience.
◇ケヴィン:あなたのYouTubeチャンネルはとても人気がありますね。50万人以上の購読者がいて、あなたがブログを投稿するとそれを受け取っているということですが、これは本当に素晴らしいことです。表現するためのツールとして、また視聴者とつながるためのツールとして、あなたのチャンネルやソーシャルメディアはどれほど重要なのか、さっそくお聞きしたいと思います。

◆Taylor Swift: I think we’ve all seen the effect of social media and how that can affect people. For me, I grew up when that was just about to set fire to the world. You know, I was, I think, in seventh and eighth grade when everybody started having a profile online and everybody was — you know, it was all about who’s your friend and who’s commenting on whose page. And then it became the YouTube generation, where everybody’s looking at videos, everybody’s making video blogs and, you know, makeup tutorials or this or that or back to school outfit shopping, you know. Everybody is kind of catching on to communicating by making videos and learning how to edit them. And it’s — I think it’s fantastic, because it’s just a new skill set for this new generation.
◇テイラー:ソーシャルメディアが人々に与える影響については、誰もが経験したことがあると思います。私の場合は、ソーシャルメディアが世界中に広がろうとしているときに育ちました。誰もがオンラインでプロフィールを持ち始め、誰が友達か、誰が誰のページにコメントしているかが話題になったのは、私が中学1年生か2年生の頃だったと思います。その後、YouTube世代になり、誰もがビデオを見たり、ビデオブログを作ったり、メイクアップチュートリアルや学校帰りの洋服を買ったりするようになりました。誰もがビデオを作り、その編集方法を学ぶことで、コミュニケーションを取るようになったのです。これは素晴らしいことだと思います。新しい世代の新しいスキルセットですからね。

◆Kevin Allocca: And I would be remiss if it were a YouTube interview and I didn’t ask you if you had any favorite — I know you’re busy — but any favorite YouTube videos or channels that you like to watch?
◇ケヴィン:YouTubeインタビューということで、お忙しいとは思いますが、お気に入りのYouTube動画やチャンネルがあればお聞きしないといけませんね。

◆Taylor Swift: Yes. I have watched this one three times this week because it makes me so happy. And it’s got these, like, five or six lion cubs. And there’s the lion trainer. And you’re like, oh, the lion cubs are cute. And they’re walking around. And then they jump up on the lion trainer and start hugging him. And then they’re, like, making all these little lion sounds that you don’t — you didn’t know what the sounds are that lion cubs make, but it’s amazing. It’s just like RRRR. They’re like hugging him, and he’s, like, oh, go for my hair. You keep going for my hair. And then he’s like, oh, yeah, telling me stories.
◇テイラー:はい。とても幸せな気分になれるので、今週は3回も見てしまいました。5〜6頭の子ライオンが出てきます。ライオンの調教師がいます。子ライオンはかわいいですよね。歩き回っています。そして、子ライオンはライオン・トレーナーに飛びついて、彼に抱きつき始めるんです。ライオンの子が出す音がどんなものか知らなかったのですが、これがすごいんです。RRRRのような音です。子ライオンは彼に抱きついていて、彼は「ああ、僕の髪を狙ってる」と言っていました。私の髪の毛に向かってくるんです。そして、彼は、ああ、そうか、私に話をしてくれたのか、という感じです。

◆Kevin Allocca: Where was this zoo?
◇ケヴィン:この動物園はどこにありましたか?

◆Taylor Swift: It’s amazing. It’s –
◇テイラー:すごいですよね。それは–。

◆Taylor Swift: ‘Cause he’s like Scottish and they’re, like, hugging him and they love him so much. And — I don’t know. It’s – you — just watch it.
◇テイラー:「だって、彼はスコットランド人みたいだし、彼らは彼を抱きしめていて、とても愛しているのよ。そして…わからないわ。見てみてください。

◆Kevin Allocca: I guess everybody is going to run — it’s going to be popular now. Well, this isn’t just our interview. This is also your fans’ interview. And you have some very rabid fans, the Swifties I believe is how they call themselves.
◇ケヴィン:誰もが見るんだろうな — これからは人気が出るだろうな。さて、これは私たちのインタビューだけではありません。これはあなたのファンのためのインタビューでもあります。そして、あなたにはとても熱狂的なファンがいて、Swiftiesと呼ばれています。


◆Taylor Swift: I know. It’s so cute. They came up with that.
◇テイラー:知ってるわよ。すごくかわいいわ。彼らはそれを思いついたんだ。

◆Kevin Allocca: They’re very serious, by the way. They don’t mess around. They submitted 30,000 questions to this interview. And over…
◇ケヴィン:ところで、彼らはとても真面目です。彼らはふざけたりしません。彼らはこのインタビューに3万件の質問を提出しました。そして、その数は…

◆Taylor Swift: That’s so many questions. They’re so curious.
◇テイラー:すごくたくさんの質問ですね。彼らはとても好奇心旺盛です。

◆Kevin Allocca: Yeah. We only can do a few of them. And we also have some from Google. But the biggest topic by far was songwriting, because I think that a lot of your fans have a big connection to the stories you that tell in your songs. Let’s start with this topic. This one comes from pandabearlover13. I mean, a lot of the user names are not meant to be read outloud. This is from Florida. Which comes first for you as a songwriter, the music or the lyrics?
◇ケヴィン:ええ。私たちはそのうちのいくつかしかできません。また、Googleからの質問もあります。あなたのファンの多くは、曲の中で語られるあなたのストーリーに大きな関係を持っていると思うからです。まずは、このトピックから始めましょう。これはpandabearlover13さんからの投稿です。ユーザー名の多くは、声に出して読むものではありませんよね。これはフロリダからです。ソングライターとしては、音楽と歌詞のどちらが先ですか?

◆Taylor Swift: I think for me, it more comes as a general idea. And my favorite thing about songwriting is that it’s so spontaneous and unpredictable what’s going to hit me first, whether it’s going to be a general thought. Like, for example, you know, I’ll be going through something. When I wrote the song “love story,” that’s a song I wrote sitting on my bedroom floor because I liked a guy and my parents didn’t want me to date him. So I got this idea in my head, it just popped into my head, you were Romeo, you were throwing pebbles, and my daddy said stay away from Juliet. I didn’t know where that was going to fit, but I started there and built out from there. And it’s crazy how the fastest songs that I write end up being my favorites, the ones that just happen in just a surge of idea, a surge of inspiration. It’s usually something I’m going through at the time. It’s very hard for me to come up with just some random metaphor for a situation if I’m not going through it or haven’t recently just gone through it. But, you know, I think when I was growing up, my mom was always — my mom talks in metaphor a lot. And so I think I grew up just understanding metaphor and just kind of loving that, how you could take something you’re going through and speak about it in a different way that applies how you’re feeling to something completely different but connects it. So I think for me, it starts as an idea and a feeling and an emotion.
◇テイラー:私の場合は、一般的なアイデアとして出てくることが多いと思います。曲作りで一番好きなのは、何が最初に浮かんでくるか、それが一般的な考えであるかどうか、とても自然で予測できないことです。例えば、私が何かを経験するような場合です。「love story」という曲は、好きな人がいて、両親がその人と付き合うことを反対していたので、ベッドルームの床に座って書いた曲です。それで、頭の中にアイデアが浮かんだんです。あなたはロミオで、小石を投げていて、パパはジュリエットに近づくなと言っていました。それがどこに当てはまるのかわからなかったけど、そこから始めて、そこから発展させていった。自分で作った曲の中で、一番早くできたものが自分のお気に入りになるというのは不思議なことです。それはたいてい、私がそのとき経験していることです。自分が経験していなかったり、最近経験したわけでもないのに、ある状況について適当な比喩を思いつくのはとても難しいことです。しかし、私が子供の頃、母はいつも…母はよく比喩を使って話していました。自分が経験したことを、自分が感じていることを全く別のものに当てはめて、しかもそれを結びつけて、別の方法で話すことができるということを、私はメタファーを理解し、それが好きになったのだと思います。私の場合、アイデアや感覚、感情から始まると思います。

◆Kevin Allocca: Yeah. We had a lot of questions about the process, from budding song writers who submitted questions that are big fans of yours, from Buffalo and a bunch of different places. And — I mean, you know, we were wondering, is there one favorite part of the songwriting process that you have? I mean, is it when you get that idea? Or when you’re sitting on the floor in the bedroom or –
◇ケヴィン:そうですね。あなたの大ファンである新進のソングライターが質問を寄せてくれたのですが、バッファローをはじめ、さまざまな場所から質問が寄せられました。曲作りの過程で好きなことはありますか?つまり、アイデアを思いついたときでしょうか?ベッドルームで床に座っているときとか…

◆Taylor Swift: Yes.
◇テイラー:はい。

◆Kevin Allocca: — in the studio?
◇ケヴィン:–スタジオで?

◆Taylor Swift: There are several moments in a song — and I won’t finish a song if I don’t have these moments — where you go, “ooh, ooh, ooh,” like, after you write a line. It’s always that same feeling of, like, oh, that’s exactly what I meant. You know, if you’re in a cowriting session, I’m always the one who will, like, be, like, sitting there for a second, and then I’ll say a line, and if it’s that moment where you’re just, like, that’s the one. That’s the line, I have to have about four or five of those lines in a song for me to put it on a record.
◇テイラー:曲の中には、いくつかの瞬間があって、それがなければ曲を完成させることはできないのですが、そういったときは1行書いた後に「おお、おお、おお」と思うんです。「私が言いたかったのは、まさにこのことだったんだ」という感覚です。もし、あなたが共同作業で作っているときは、私はいつも、一瞬、そこに座っていて、それから私がセリフを言うのですが、もし、あなたが「これだ」と思うような瞬間があれば、それが曲になります。そういったものが、1曲の中に4、5個は入っていないといけません。

◆Kevin Allocca: Yeah.
◇ケヴィン:ええ。

◆Taylor Swift: Like, lines where I’m just like, “Yes!” That’s my favorite part, is, then, when the song goes into its phase of being recorded and then being put on an album and when you’re playing it for people for the first time, when it comes across those lines that you really feel are like, I don’t know, like zingers or, like, say it really well. I love watching people’s reactions if they — if it comes across, like, if they get those lines. I’m like, “Yes. I knew it.”
◇テイラー:私が “Yes!”と思うようなライン。それが一番好きなところで、曲がレコーディングされて、アルバムに収録される段階になって、初めて人に聞かせるときに、自分でも「これはいける!」と思うようなセリフが出てきたり、すごくいいことを言っていたりするときです。私は、人々の反応を見るのが大好きです。私は「ああ、やっぱりね」と思います。

◆Kevin Allocca: We’ll get back to the cowriting thing in a second. There were some questions about that as well. Here’s another question, from musicmaniac in Los Angeles. You’ve said you’re already writing for the next record. Can you tell us anything about it?
◇ケヴィン:共同制作の話はまた今度にしましょう。それについてもいくつか質問がありました。これは、ロサンゼルスのmusicmaniacさんからの質問です。次のアルバムのためにすでに作曲していると言っていましたね。それについて何か教えてください。

◆Taylor Swift: Well, yeah. For me, I never really switch the writing switch off. It’s always on. Because I kind of have always felt, like, to make an album that I am proud enough of to give to my fans and say, “Here,” you know, “allow this into your life,” it has to be, like — it has to be two to two and a half years of writing. And that way, you know you have your best stuff, because I’m so tough on myself. I drive myself insane writing records and albums, because it’s, like, I’ll write, like, 40 to 50 songs, and then 13 or 14 make it. That’s a lot of paring it down and making sure you’re getting to the best stuff. So for me, it takes a while. And I’ve been writing ever since I stopped writing the last album. And there’s been a lot that’s happened. And I never really talk about my personal life, but I write about it. So that’s basically what the album is about, as always.
◇テイラー:そうですね。私の場合、書くことのスイッチを切ったことはありません。常にオンになっています。ファンの皆さんに「これをあなたの人生に取り入れてください」と言えるような自慢のアルバムを作るためには、2年から2年半かけて作曲しなければならないといつも思っているからです。そうすれば、自分の最高の作品を手に入れることができます。なぜなら、私は自分に厳しく、レコードやアルバムの制作では自分を追い詰めてしまうからです。例えば、40〜50曲書いて、13〜14曲が完成します。そのためには、曲数を減らし、最高のものを得るための努力が必要です。私の場合、それには時間がかかります。前作の作曲をやめてからも、ずっと書き続けています。そして、いろいろなことが起こりました。私は自分の私生活についてはあまり話さないのですが、曲にはします。今回のアルバムも、基本的にはそのような内容になっています。

◆Kevin Allocca: Yeah. The unreleased thing was something that came up a lot. And one of the top-voted questions was about, you know, would you ever make a CD of your unreleased songs. This is from tayswiftfearless in Missouri. But, I mean, what happens to those songs that don’t make it to the album? And would you ever release some of those songs that you wrote especially when you were younger, like 14, 15?
◇ケヴィン:ええ。未発表のものはよく出てきましたね。そして、投票数の多かった質問の一つに、未発表曲のCDを作ることはないか、というものがありました。これは、ミズーリ州の「tayswiftfearless」からの質問です。しかし、アルバムに収録されなかった曲はどうなるのでしょうか?また、特に14、15歳の若い頃に作った曲をリリースすることはありますか?


◆Taylor Swift: Well, I’m obsessed with the latest song that I’ve written. I’m very guilty of that. Because my favorite thing is always the newest thing I have written. But lately, I’ve become a little more self-aware, because I had this song that I wrote when I was 16. It’s called “Sparks Fly.” And I played it in a few shows, these little bar shows, when, you know — when I was playing to crowds of, like, 40 and 50 people and being psyched about that many people showing up. And I played it a few times, and it got on the Internet. And when I was putting together the Speak Now album, the fans just kept saying over and over again, “Sparks Fly, we want this to be on the record.” And so I went back and I revisited it, and I kind of rewrote some things and updated it. And when we put it out as a single, it’s been one of the fastest-rising songs we’ve had on the record. So it kind of taught me a lesson about the old stuff maybe possibly being good enough to put on new projects.
◇テイラー:そうですね、私は自分が作った最新の曲に夢中になっています。それはとても後ろめたいことなの。なぜなら、私のお気に入りはいつも自分が書いた最新のものだからです。でも、最近は少し自意識過剰になっていて、16歳のときに書いた曲があるんです。”Sparks Fly “という曲です。16歳のときに書いた曲があります。”Sparks Fly “という曲で、小さなバーでのライブで何度か演奏したことがあります。何度か演奏しているうちに、それがインターネットで話題になったんです。「Speak Now」のアルバムを制作しているときに、ファンが何度も何度も「Sparks Fly、これをアルバムに入れてほしい」と言ってきたんです。それで、私は過去にさかのぼってこの曲を見直し、いくつかの部分を書き直してアップデートしました。そして、この曲をシングルとしてリリースしたところ、レコードの中でも最も急上昇した曲のひとつとなりました。昔の曲でも、新しいプロジェクトに入れるには十分だということを教えてくれたんです。

◆Kevin Allocca: I’m sure there are a lot of people who would love to hear some of that stuff. Let’s move on to some of the released songs. This is a question from cookie13cupcake. This is in the United Kingdom. This is going to be a long one. All right. So out of all of your released songs, which song took the longest to write?
◇ケヴィン:そのようなものを聴きたいと思っている人はたくさんいるでしょうね。それでは、発表された曲の話に移りましょう。これはcookie13cupcakeさんからの質問です。こちらはイギリスです。これは長いものになりそうですね。そうですね。では、あなたが発表した曲の中で、どの曲の作曲に一番時間がかかったのでしょうか?

◆Taylor Swift: I think that the song Sparks Fly, the fact that it technically was started when I was 16 and ended up on an album in sort of a different form in 2010, that took a while for it to turn into what it was going to be. So I’d say that was probably the longest developing song that I’ve ever put out, because most of them — and especially having written this entire new record without any cowriters — it all happened really fast, because I’m very impatient. Like, if I don’t have a song finished, I’ll obsess over it. I won’t sleep that night. And I’ll just edit constantly to the point where I can’t focus on a conversation. Everyone around me is annoyed, because they’re like, “Clearly, you’re working on something. Just finish it.” So that one was a long time to kind of get where it needed to be.
◇テイラー:「Sparks Fly」という曲は、厳密には16歳のときに始めて、2010年に別の形でアルバムに収録されたという事実があります。というのも、これまでに発表した曲の中で、最も長い時間をかけて開発したのがこの曲だったからです。ほとんどの曲は、特に今回の新譜では共同制作を使わずに書いていますが、私はとてもせっかちなので、すべてがあっという間に終わってしまいました。私はとてもせっかちなので、曲が完成していないと、そのことばかり考えてしまいます。その夜は眠れません。そして、会話に集中できないほど、ひたすら編集してしまいます。周りの人たちは、「明らかに何かに取り組んでいるね、完成させてよ」と言ってくるので、困ってしまいます。そのため、この作品は必要なところまで到達するのに長い時間がかかりました。

◆Kevin Allocca: Cool. So let’s talk about that cowriter thing for a second. As you mentioned, this album was all you as far as for Speak Now. But you do often work with cowriters. And how do you decide if you’re going to write a song with a cowriter or whether you’re going to tackle it yourself?
◇ケヴィン:いいですね。では、その共同制作の件について少しお話しましょう。あなたがおっしゃったように、今回のアルバムは、「Speak Now」に関しては、すべてあなたが担当しました。しかし、あなたはしばしば共同制作者と仕事をします。共同制作者と一緒に曲を作るのか、それとも自分で取り組むのか、どうやって決めるのですか?

◆Taylor Swift: Well, there are a bunch of different circumstances that could bring about a cowrite. If I’m writing for somebody else’s project, that’s always exciting for me. Like, I love to put myself in somebody else’s shoes and, you know, think about their style of music, incorporating their story line, what they’re feeling. It’s really fun for me to do that. So I love, you know, writing for other people. And then, you know, if I’m working on an idea but there’s, like, a stopping point where I can’t really figure out, like, where this chorus is going or if my hunch is right about the hook or things like that, if there’s a definite stopping point, I’ll bring it to a writer that I trust or a writer that I admire and just ask them what they think. A lot of times, cowriting, you know, I write really well with people who don’t even play instruments or sing. Because, you know, a lot of times, my best cowriters are just really great at giving advice. Like, do you think this chorus is too long? Yes. Like, “Thank you.”
◇テイラー:共同制作には、さまざまな状況があります。誰かのプロジェクトのために作曲する場合、それは私にとって常にエキサイティングなことです。誰かの立場に立って、その人の音楽のスタイルを考えたり、その人のストーリーを取り入れたり、その人が何を感じているのかを考えたりするのが好きなんです。そういうことをするのはとても楽しいですね。だから私は、他の人のために曲を書くことが大好きなんです。あとは、アイデアを練っているときに、コーラスの方向性やフックについての直感が正しいのかどうかなど、どうしてもわからないところがあって、はっきりとした中継地点がある場合には、信頼している作家や尊敬している作家のところに持っていって、意見を聞くこともありますね。カウセリングでは、楽器も歌もやらない人と一緒に書くことが多いですね。というのも、私の最高の共同制作者は、アドバイスをするのがとても上手なのです。例えば、「このコーラスは長すぎると思いませんか?」「はい」「ありがとうございます」とかね。

◆Kevin Allocca: Is there anybody you’re working with right now that you can talk about?
◇ケヴィン:今、一緒に仕事をしていて、そのことを話せる人はいますか?

◆Taylor Swift: Yes. You know, for me, since I write so much and I don’t know what’s going to end up on the record, it’s — I never want to say, well, you know, wrote with this person, and — because then what if it doesn’t make it on the record?
◇テイラー:はい。私の場合、たくさんの曲を書き、何がレコードに収録されるかわからないので、「この人と一緒に書きました」とは絶対に言いたくないのですが、もしそれがレコードに収録されなかったら?と思うと。

◆Kevin Allocca: Of course.
◇ケヴィン:もちろんです。

◆Taylor Swift: And then writing for some other people’s projects, in which case I feel weird talking about it because it’s, like, their project. So I — So yes, but –
◇テイラー:それから、他の人のプロジェクトのために書くこともありますが、その場合は、彼らのプロジェクトのようなものなので、それについて話すのは変な感じがします。だから私は…そうだけど…。

◆Kevin Allocca: Okay.
◇ケヴィン:オーケー。

◆Taylor Swift: Yeah.
◇テイラー:うん。

◆Kevin Allocca: This was a popular — a lot of votes for this question. This is from quadraticfomulaabc in Michigan. Appropriate for the Google.
◇ケヴィン:この質問は人気があり、多くの投票がありました。ミシガン州の quadraticfomulaabc さんからの投稿です。Googleに相応しいですね。

◆Taylor Swift: Wow.
◇テイラー:ワオ。

◆Kevin Allocca: Do you sing your own songs in the shower?
◇ケヴィン:シャワー中に自分の歌を歌うことはありますか?

◆Taylor Swift: Yeah.
◇テイラー:うん。

◆Kevin Allocca: Awesome. That’s great. Do you have, like, any sort of favorite place for writing songs?
◇ケヴィン:凄いですね。素晴らしいですね。曲作りのためのお気に入りの場所などはありますか?

◆Taylor Swift: No, actually. I kind of have become — you have to adapt yourself to a million different places to write when you’re always on the road, because I just — I don’t have the luxury of saying, “Well, I have to be in this certain room at this certain part of town and it has to be, you know, all one color tone and there has to be Smart Water in there.” You know? It’s just like you’re never, ever anywhere for more than two and a half seconds. So I’ve written songs in airport bathrooms, on paper towels. I’ve written –
◇テイラー:いいえ、実はそうなんです。いつも旅をしていると、執筆のために100万もの異なる場所に自分を適応させなければなりません。私には「街のある場所のある部屋にいなければならないし、すべて一色の色調で、スマートウォーターがなければならない」というような贅沢はありません。そうでしょう?2.5秒以上はどこにもいられないような感じですね。だから私は空港のトイレのペーパータオルに曲を書きました。私が書いたのは…

◆Kevin Allocca: What song was on a bathroom towel at one point?
◇ケヴィン:一時期、バスタオルについていた曲は?

◆Taylor Swift: Oh, it hasn’t come out yet.
◇テイラー:ああ、まだ出ていないんですね。

◆Kevin Allocca: Oh.
◇ケヴィン:あぁ。

◆Taylor Swift: You know, in the bus bunk, you’ll wake up in the middle of the night and have this idea. So you write it, and you’re up at 4:00 a.m. Or, you know, I get awakened by song ideas all the time. And it’s just — it’s like I wake up and I’m just like, “Oh, great.” Because I know I won’t remember it in the morning. So you have to record it. And then it’s this whole thing where you check your phone and it’s, like, mumbling, and you don’t understand — you thought it was great at the time.
◇テイラー:バスの寝台では、夜中に目が覚めて、こんなアイデアが浮かんでくるのよね。あるいは、いつも曲のアイデアで目が覚めます。目が覚めたときには “ああ、いいね “と思っています。なぜなら、朝になっても覚えていないことがわかっているからです。だから、録音しなければなりません。そして、携帯電話をチェックすると、ブツブツと音がしていて、その時は素晴らしいと思っていたのに、理解できないということが起こります。

◆Kevin Allocca: Yeah. Actually, one of our Googler questions was about you recording songs into your cell phone. Is that something that you do regularly?
◇ケヴィン:ええ。実は、Googlerの質問の中に、あなたが携帯電話に曲を録音しているというものがありました。それは定期的に行っていることなのでしょうか?

◆Taylor Swift: Yeah. The ideas always end up in my phone, because it has a great recording thing in there. And, you know, for me, it’s, like, you just write whenever and wherever you can. And that’s been really fun for me, because sometimes I’ll walk into a hotel room and I’ll be like, “I’ve been here. I wrote Back to December here.” Like, it’s fun, because you have these memories of writing songs all over the world.
◇テイラー:そうですね。アイデアはいつも私の携帯電話の中に入っていて、そこには素晴らしい録音機能があるから。私の場合は、いつでもどこでも書けるようにしています。ホテルの部屋に入ると、「ここに来たことがある」と思うことがあります。ここで『Back to December』を書きました。世界中で曲を書いたという思い出があるので、楽しいですよね。

◆Kevin Allocca: Yeah. Cool. So I know a lot of your songs are very personal songs, and a lot of your fans are very interested in that stuff. But this one came from MicaylaK in south Florida. Has any guy asked you not to write a song about him before you went on a date?
◇ケヴィン:ええ。かっこいいですね。あなたの曲はとても個人的な曲が多く、多くのファンがそのような曲に興味を持っていることは知っています。しかし、この曲は南フロリダのMicaylaKからのものです。デートに行く前に、自分のことを歌った曲を作らないでくれと頼んだ男性はいますか?

◆Taylor Swift: Not at that point in the relationship.
◇テイラー:その関係でそういう人はいません。

◆Taylor Swift: Because at that point, they’re thinking that, you know, I would never have any reason to write a song about them. And then it’s when, you know — When they start to, you know, treat me in a way that wouldn’t reflect well on them in a song, if I were to be honest about it, I’ve had a guy be, like, “You’re not going to write about this, are you?” I’m like, “Yeah, I am.”
◇テイラー:その時点で、彼らは、私が彼らのことを歌にする理由はないと思っているからです。曲の中でよくない感じに映る扱いを彼らがし始めたとき、正直に言うと、ある男性に “このことについて書くつもりはないだろう?”と言われたことがあります。 私は “ああ、そうだよ “と答えました。

◆Kevin Allocca: I think that’s interesting. That’s a point in a relationship that you would have to have is, this is the part where I tell her not to write a song about me, you know.
◇ケヴィン:それは面白いと思います。それは人間関係の中でのポイントで、これは彼女に自分のことを歌った曲を書かないでくれと言う部分ですよ。

◆Taylor Swift: And you’d think that they would decide that before asking me on the date or before we become a couple or before all this stuff happens. But it only occurs to — it only — well, him, it only occurred to him when — when he — it occurred to him that it wouldn’t be a good song.
◇テイラー:私をデートに誘う前に、あるいはカップルになる前に、あるいはこのようなことが起こる前に、彼らはそれを決定すると思うでしょう。でも、とういうことを言うのは、彼がいい曲にならないと思っただけときなのよ。


◆Kevin Allocca: Do you always write about, you know, people that you know?
◇ケヴィン:あなたはいつも、自分が知っている人のことを書くのですか?

◆Taylor Swift: Yeah. Because I feel like in a song I love it when a song is a story, and the story develops. And my favorite stories have really beautiful characters. And I feel like you can most accurately describe a character if you know them. One of my favorite songs that I’ve ever put out is called “15.” It’s about my freshman year of high school. And it kind of chronicles my best friend Abigail and me and the way that we went through our freshman year of high school and the lessons that we learned. And that’s kind of how I like to tell a story, is from the point of view of really knowing what you’re talking about and knowing where you’re coming from because you were there.
◇テイラー:そうですね。なぜなら、私は曲の中で、曲がストーリーになっていて、ストーリーが展開していくのが好きだからです。そして、私の好きな物語には本当に美しいキャラクターが登場します。そして、キャラクターを知っていれば、そのキャラクターを最も正確に表現できるような気がするのです。私がこれまでに発表した曲の中で一番好きなのは、”15 “という曲です。高校1年生のときのことを歌ったものです。親友のアビゲイルと私が、高校1年生のときに経験したことや学んだことを描いています。私が物語を語るときは、自分が何を話しているのか、どこから来たのかを実際に知っているという観点から語りたいと思っています。

◆Kevin Allocca: Yeah. So let’s actually go to another video — our first video question. And this one comes from Cleveland, Ohio. Let’s roll it.
◇ケヴィン:はい。それでは実際に別のビデオを見てみましょう–最初のビデオ質問です。この質問はオハイオ州のクリーブランドからです。見てみましょう。

◆Video: Hey, Taylor, I have a question for you. I know a lot of us can relate really strongly to your songs and your lyrics. Considering I have gotten choked up a couple of times just listening to your songs, I wonder if you ever get choked up on stage or what you’re thinking about when you’re on stage.
◇ビデオ:やあ、テイラー、君に質問があるんだ。私たちの多くは、あなたの歌や歌詞にとても強く共感しています。私はあなたの歌を聴いているだけで何度か胸が詰まったことがあるのですが、あなたはステージ上で胸が詰まることはないのでしょうか、あるいはステージ上で何を考えているのでしょうか。

◆Taylor Swift: She’s pretty. I’m really in it when I’m on stage. And I go through a roller coaster of emotions when I’m performing my show, because these are all songs about people who have been in my life, who a lot of them — some of them aren’t in my life anymore, and, you know, sometimes that will hit you in just the right way. And when an emotion hits you strongly, it doesn’t matter if you’re in front of 20,000 people, it hits you. And, you know, for me, I’m in those songs, fully feeling all of it, until I hear the crowd start screaming at the end of the song, at which point, I’m just like — like, can’t stop smiling, because my favorite sound in the world is the sound of thousands of people screaming all at once. It’s a really amazing sound. And so I’m completely feeling all the sadness and frustration and anger and hurt, and then the crowd starts screaming, and then everything is right in the world.
◇テイラー:彼女は可愛いわね。私は、ステージに立っているときは本当に気合が入っています。自分のショーをやっているときは、感情のジェットコースターのようなものを経験します。なぜなら、これらの曲はすべて私の人生にあった人たちのことを歌っているからです。その多くの人たちは、もう私の人生にはいませんが、時々、ちょうどよい方法で心を打つものです。そして、ある感情があなたを強く揺さぶるとき、それが2万人の人々の前であろうとなかろうと、あなたを揺さぶるのです。私の場合、曲の終わりに観客が叫び始めるまでは、その曲の中にいて、すべてを感じています。そして、その時には、笑顔が止まらなくなっているのです。それは本当に素晴らしい音です。私が好きな音は、何千人もの人々が一斉に叫ぶ音です。本当に素晴らしい音なんです。それで、私は完全に悲しみとフラストレーションと怒りと傷を感じているのですが、その後、観客が叫び始めて、世界のすべてが正しくなるのです。

◆Kevin Allocca: Wow. We’ll talk about the tour and some of that stuff in a second. I want to ask one more Googler question about songwriting. And that was, has that process that you sort of talked about earlier, has that changed over the years? ‘Cause, you know, you’ve grown up a lot and everybody has sort of heard you grow up.
◇ケヴィン:ワオ。ツアーのこととか、その辺の話はまた今度にしましょう。曲作りについて、もうひとつグーグラーの質問をしたいと思います。それは、先ほどあなたが話していたようなプロセスは、何年も前から変わっていますか?というのも、あなたはずいぶんと成長しましたし、誰もがあなたの成長を聞いてきましたからね。

◆Taylor Swift: Yeah, I think it really has. I think that you can only hope that as a writer you start trying different things and you try different chords or different structures of songs, different beats that you’ve never really explored that path before. You know, and I think having always been a writer first, I’m obsessed with the syncopation of the way that words sound when they’re set a certain way. And once I’ve kind of done something once, I always want to go to a different direction and never repeat myself. So as a writer, I think that I’ve always hoped that my music would constantly be changing, because you never want to make the same album twice, the same song twice. And, you know, my greatest hope has been that as I grow, my fans will grow up with me, and as I change and my life changes, my music will change as well. So wish me luck there.
◇テイラー:ええ、本当にそうだと思います。作家として様々なことに挑戦し、これまでに経験したことのないようなコードや曲の構造、ビートを試してみたいと思うのは当然のことでしょう。私はまず作家であり、言葉がある方法で設定されたときに聞こえる方法のシンコペーションに夢中です。そして、一度何かをやってしまうと、いつも違う方向に行ってしまい、同じことを繰り返したくないのです。だから、作家としては、自分の音楽が常に変化していくことを望んでいると思います。なぜなら、同じアルバムを2度作ったり、同じ曲を2度作ったりしたくないからです。私の最大の望みは、私の成長とともにファンも成長し、私の変化や人生の変化とともに私の音楽も変化していくことです。だから、私の幸運を祈っていてください。

◆Kevin Allocca: Let’s talk about your fans a little bit more. This is a question from Canada, from YouTube. What was the funniest thing a fan has ever done to get your attention?
◇ケヴィン:もう少し、ファンについてお話しましょう。これはカナダの、YouTubeからの質問です。これまでにファンがあなたの注意を引くために行った最も面白いことは何ですか?

◆Taylor Swift: Well, there’s a lot of that lately, because we have this thing called the Tea Party Room, and, you know, I have, like, four or five meet and greets before the show. But after the show, there’s a meet and greet for surprise people who did not know that they were going to get a meet and greet, because they were picked for the Tea Party Room, which means that they were, like, going crazy, dancing the whole time, dressed in some absurd, crazy costume from one of my music videos or just knew every single word and were just screaming the whole time. Like, people get picked for different reasons. But it’s been crazy lately because a lot of people have been going for the costume route.
◇テイラー:最近はそういうことが多いですね。「ティー・パーティー・ルーム」というものがあって、ショーの前に4、5回のグリーティングがあります。しかし、ショーの後には、グリーティングを受けることを知らなかったサプライズな人たちのためのグリーティングがあります。なぜなら、彼らはティーパーティールームに選ばれたからです。つまり、その人たちは、私のミュージックビデオに出てくるような無茶苦茶でクレイジーな衣装を着て、クレイジーになって、ずっと踊っていた、あるいは、すべての言葉を知っていて、ずっと叫んでいたということです。人によって選ばれる理由は様々です。でも、最近はコスチュームを着てくる人が多くて大変です。

◆Kevin Allocca: Really?
◇ケヴィン:本当に?

◆Taylor Swift: So we’ll look out, and, like, my guitar player will lean over to me and say, “That girl is dressed like a chicken.” And, like, I’m trying to find the meaning. I don’t know why. But, you know, we’ll look out. And there’s, like, a Santa Claus.
◇テイラー:外を見ていると、ギタープレーヤーが私に寄りかかってきて、「あの子は鶏のような格好をしている」と言うんですよ。そして、私は意味を見つけようとします。なぜだかはわかりません。でも、外を見てみるんです。そして、サンタクロースがいるんです。

◆Kevin Allocca: And these are just –
◇ケヴィン:そして、これらはただ…

◆Taylor Swift: Or, like, people who like duct-taped their entire body in neon duct tape. Or people who have just made giant cupcakes around themselves, and they’re, like — they’re this big. Or people who have likelihood dressed up from the “Mean” video or something like that. But then there’s just these ones where, like, the girl is dressed as this — there’s like a clown and a starfish. And we’re, like, “I don’t know why, but I love it.” Like, and so there’s been a lot of costume stuff going on lately on the tour. So if you look around you and see someone dressed up as a giant cow and you don’t know why, we don’t know why, either. But it’s welcome.
◇テイラー:全身にネオンのダクトテープを貼ったような人とかあるいは、自分の周りに巨大なカップケーキを作って、こんなに大きくなりました、みたいな人。あるいは、「Mean」のビデオのような格好をした人もいます。でも、女の子がピエロやヒトデのような格好をしているものもあるんですよ。私たちは、「なぜだかわからないけど、これが好きなんだ」と思いました。このように、最近のツアーではコスチュームがたくさん登場します。もし周りを見渡して、巨大な牛の格好をしている人がいても、なぜだかわからないと思います。しかし、それは歓迎すべきことです。

◆Kevin Allocca: Now, this is iloveswift1 from Toronto. Another Canada question. Has a fan ever made you cry?
◇ケヴィン:さて、こちらはトロントのiloveswift1さん。またまたカナダの質問です。ファンに泣かされたことはありますか?

◆Taylor Swift: Yeah. You know, for me, like, it’s never going to be okay, no matter how many times I see little kids with cancer. Like, there’s — at no point do you ever become accustomed to it. At no point do you ever just brush it off and say, oh, well, there’s another kid who’s dying. And over the years, I’ve toured in these places, and you see, like, a little girl who will come through, and she’s, like, so full of life, but she’s lost her hair. And then you come through a year later, and you’re like, “Hey, Lexie, how are you doing?” She’s, like, “I’m doing good.” And then her parents update you. And then you come by, like, a year and a half later, and she’s not there. So it’s….
◇テイラー:そうですね。私にとっては、癌の子供たちを何度見ても、決して大丈夫とは思えません。慣れてしまうことはありません。他にも死にかけている子供がいるんだな、と思って見過ごすことはできません。何年にもわたって私はこのような場所でツアーを行ってきましたが、そこには生き生きとしていながら髪の毛を失ってしまった少女がいました。そして1年後、あなたは “レクシー、元気かい?”と尋ねます。彼女は “元気よ “と言った。そして、彼女の両親があなたに報告します。そして、1年半後に訪ねてみると、彼女はそこにはいませんでした。だから、….

◆Kevin Allocca: Yeah.
◇ケヴィン:ええ。

◆Taylor Swift: Yeah.
◇テイラー:うん。


◆Kevin Allocca: You have all of these fans all over the world of all different ages and types. And when you were young, did you think there would be any other career paths that you would take that you might not have ended up in this way?
◇ケヴィン:あなたには、世界中にさまざまな年齢層やタイプのファンがいます。また、若い頃は、このような形で終わらないような他のキャリアパスがあると思っていましたか?

◆Taylor Swift: Ever since I was a little kid, ever since I was, like, eight years old, my dad has been telling me to save my money or invest in utilities.
◇テイラー:私が小さい頃、つまり8歳の頃からずっと、父は私に「お金を貯めなさい」とか「公共事業に投資しなさい」と言っていました。

◆Kevin Allocca: What?
◇ケヴィン:なんだって?

◆Taylor Swift: And — ‘cause my dad is a stock broker. And he lives and breathes it. He’s like — my dad is so passionate about what he does in the way that I’m passionate about music, this guy lives for being a stockbroker.
◇テイラー:私の父は株式ブローカーなの。彼はそれを生きがいにしています。私が音楽に情熱を注ぐように、父は自分の仕事にとても情熱を注いでいて、この人は株式仲買人であることに生きているのよ。

◆Taylor Swift: That is his thing, like. And anybody who talks to him, like, he’ll talk about me for the first five minutes, and then it’s, like, “Say, what are you investing in?” It’s just like he loves it. And so I thought — I didn’t know what a stockbroker was when I was eight, but I would just tell everybody that’s what I was going to be, like, you know, it would be, like — you know, first day of school, and they’re like, “So what do you guys want to be when you grow up?” And everybody is, “I want to be an astronaut” or “I want to be a ballerina.” And I’m, like, “I want to be a financial advisor.”
◇テイラー:それが彼のやり方なんです。誰と話しても、最初の5分は私の話をして、その後は「何に投資しているの?」彼はそれが大好きなんです。8歳の時には株式仲買人が何なのか知りませんでしたが、私は皆にそれを伝えていました。みんな「宇宙飛行士になりたい」とか「バレリーナになりたい」とか言うんですよ。私は「ファイナンシャル・アドバイザーになりたい」と言いました。

◆Taylor Swift: I don’t know. I love my dad so much, because he’s so gung-ho for his job, and I just saw how happy it made him, and I just thought, I can broke stocks.
◇テイラー:わからないわ。私は父をとても愛しています。父は自分の仕事にとても熱心で、それが父を幸せにしているのを見て、私は株を扱えると思ったのです。

◆Kevin Allocca: Taylor Swift, commodities trader. All right, let’s talk about music videos for a second. There’s a lot of questions about your music videos. As I mentioned before, the music videos that you have on YouTube have been seen over half a billion times. Was there — what was your favorite music video to make and why? That’s from sophiekerrie in London.
◇ケヴィン:テイラー・スウィフト、コモディティートレーダーか。さて、ちょっとミュージックビデオの話をしましょう。あなたのミュージックビデオについては、たくさんの質問がありますね。先ほども言いましたが、YouTubeにアップされているミュージック・ビデオは5億回以上も見られています。あなたが作ったミュージックビデオの中で、一番好きなものは何ですか?以上、ロンドンの sophiekerrie からの質問です。

◆Taylor Swift: My favorite music video to make. I loved making the video from Mine, because it dealt with this whole story line, and it’s got flashbacks and flash forwards. And there were also a bunch of little kids on the set. And they’re so fun. They make it so much fun, because there’s a lot of sitting around and waiting on sets, and we were in Maine, so we’re sitting around and waiting on a beach. All of a sudden, you’re just playing with ten kids. And they’re, like, wrestling with each other and throwing sand and, like, playing catch. And it just makes the whole thing much more fun. So I think that was my favorite one to make.
◇テイラー:私が一番好きなミュージックビデオ。「Mine」のビデオは、ストーリー全体を扱っていて、フラッシュバックやフラッシュフォワードがあるので、作るのが好きでした。撮影現場には小さな子供たちがたくさんいました。彼らはとても楽しいです。撮影現場では座って待つことが多く、メイン州にいたので、ビーチで座って待っていました。突然、10人の子供たちと一緒に遊ぶことになるんです。彼らはお互いに格闘したり、砂を投げたり、キャッチボールをしたりしていました。そうすると、すべてがもっと楽しくなるんです。だから、これが一番好きな作品だと思います。

◆Kevin Allocca: Were there any cool locations or anything for any of those videos?
◇ケヴィン:これらのビデオには、クールなロケーションなどはありましたか?

◆Taylor Swift: We went to Kennebunkport, Maine, which was this little town that I’ve always dreamed of going to. It was amazing. It’s a little coastal town. It was really awesome. I loved it.
◇テイラー:メイン州のケネバンクポートに行きました。ずっと行きたいと思っていた小さな町でした。素晴らしかったです。沿岸の小さな町です。本当に最高でした。気に入ったわ。

◆Kevin Allocca: Let’s talk about the tour for a second. You’re in the middle of the Speak Now tour. Very famously, you’ve had some really cool surprise duets. And you do covers of classic songs pretty much every night. How do you choose what covers you’ll do in any particular concert?
◇ケヴィン:ちょっとツアーの話をしましょう。今、Speak Nowツアーの真っ最中ですよね。有名な話ですが、とてもクールなサプライズデュエットがありますよね。また、毎晩のように名曲のカバーをしていますね。どのコンサートでも、どのようにしてカバー曲を選ぶのですか?

◆Taylor Swift: Well, I go online and just kind of Google what people — what famous musicians are from a certain area, and I just pick my favorites, because, you know, I’ve — I’ve loved so many different kinds of music, and I’ve never really been genre-specific as far as what I listen to. There’s always, like, a favorite song of mine from a certain area. And, you know, it’s really fun to do, like, a few every night, like, you know, in California, I do, like, God Only Knows by The Beach Boys, and then Sweet Escape by Gwen Stefani. It’s just been really, really fun, because it’s just me and my guitar during the acoustic set. You can just do whatever because it’s just you and your instrument. It’s a spontaneous part of the show.
◇テイラー:ネットで、ある地域出身の有名なミュージシャンをググって、自分のお気に入りを選んでいます。私はこれまで様々な種類の音楽を愛してきましたし、何を聴くかということに関してジャンルを特定したことはありません。でも、ある地域のお気に入りの曲は必ずあります。カリフォルニアでは、ビーチボーイズの『God Only Knows』やグウェン・ステファニーの『Sweet Escape』など、毎晩いくつかの曲を演奏するのはとても楽しいですね。アコースティック・セットでは、私とギターだけなので、とても楽しいですよ。自分と自分の楽器だけなので、何でもできます。ショーの一部として、自然に行われています。

◆Kevin Allocca: Have you done any particularly unusual ones?
◇ケヴィン:特に変わったものをやったことはありますか?

◆Taylor Swift: Yeah. You know, it’s kind of unusual when I rap.
◇テイラー:うん。私がラップをするのはちょっと珍しいわよね。

◆Taylor Swift: You know. People don’t really, like — I guess people don’t see that coming. But I love “lose yourself,” so we were in an area, I think Michigan, and I just started playing acoustically, Lose Yourself. And I just started off, like, “Yo.” And everybody’s just, like, “What is happening? This is really weird.” But I just — I love a great song. I don’t care what genre it’s in. I don’t care if it’s completely opposite from what people think is, you know, country music. And I just love a great song.
◇テイラー:そうですね。人々は本当に、例えば…人々はそれが来るのを見ていないと思うわ。でも、私は「Lose Yourself」が大好きで、ミシガン州だったかな、ある地域に行ったときに、「Lose Yourself」をアコースティックで演奏し始めたの。最初に「Yo」と言ってみました。すると、みんなが「何が起こっているんだ?」と言っていました。でも、私は素晴らしい曲が大好きなんです。どんなジャンルでも気にしません。みんなが思っているようなカントリーミュージックとは全く逆の曲でも気にしません。ただ、素晴らしい歌が好きなのです。

◆Kevin Allocca: Yeah. One of the Googler questions that we got was about which song of yours is the most fun for you to perform.
◇ケヴィン:そうですね。グーグラーの質問の中に、あなたのどの曲を演奏するのが一番楽しいかというものがありました。

◆Taylor Swift: I really like Better than Revenge. It’s a song off of the album Speak Now. And it’s about a girl who stole my boyfriends.
◇テイラー:私は「Better than Revenge」がとても好きです。アルバム『Speak Now』からの曲です。私のボーイフレンドを盗んだ女の子のことを歌っているの。

◆Taylor Swift: And I got mad. And I wrote a song about it. And we do this, like, just — it’s just furious and angry and fun and, like, we have this gigantic bridge that be drops down from the ceiling, and me and my two backup singers are on the bridge, just, like, throwing our hair around and head-banging. And so that’s a really fun one to do. And for me, they’re all really — I think Dear John has a fun payoff. If you go see the show, I really love singing that, because in the end, it’s got this, you know, pyro-filled payoff in the end.
◇テイラー:そして私は怒った。そしてそれを歌にしたの。猛烈に怒っていて楽しいわ、天井から巨大な橋が落ちてきて、私と2人のバックシンガーがその橋の上で髪を振り乱してヘッドバンギングをするの。これは、やっていてとても楽しいですね。私にとっては、どれも本当に……Dear Johnには楽しい演出が待っています。私はこの曲を歌うのがとても好きです、最後にはパイロを使った演出もあるし。

◆Kevin Allocca: Would you say those are two of the songs that get the crowd going the most? Or are there other ones?
◇ケヴィン:一番盛り上がる曲は、この2曲でしょうか?それとも、他にもありますか?

◆Taylor Swift: I’d say — you know, you ought to come to a show, because the crowds are really kind of steadily ear-piercingly loud throughout the whole show. They’re amazing. Like, it’s really hard to gauge, like, which is the moment that — that they’re the loudest, because they’re just really, really loud.
◇テイラー:ショーに来るべきよ。観客はショーの間中、耳をつんざくような大声を出していますからね。すごいですよね。どの瞬間が一番うるさいのかを測るのは難しいですね、本当に本当にうるさいですから。

◆Taylor Swift: All the time.
◇テイラー:ずっとだよ。

◆Kevin Allocca: Here’s a funny question. This is from alylaw42 in Dunlap, Tennessee. You seem like the kind of person that would name their guitars. Do you name your guitars? And what are their names?
◇ケヴィン:面白い質問があります。テネシー州ダンラップのalylaw42さんからです。あなたは自分のギターに名前をつけるような人のようですね。あなたは自分のギターに名前をつけますか?そして、その名前は何ですか?

◆Taylor Swift: I do seem like that kind of person. But I haven’t done it yet. I kind of think back on the situations when I got them. Like, when — when I fell in love with that particular guitar, like, there’s one of my guitars, it’s an acoustic, and it’s blue, and it’s got KOI fish swimming up the neck in, like, inlays. It’s just beautiful. It was — Bob Taylor sent it to me for my 18th birthday. I remember the first time I opened up this guitar case. And I’m just like, “There’s fish on the guitar.” It’s, like, this gorgeous guitar. And so that’s what I remember about that. And then there’s this sparkly guitar that I play that has hundreds of tiny little crystals on it. And it looks like we had it especially made. But, really, we just glued them on.
◇テイラー:私はそういう人のように見えます。でも、まだやったことはありません。買ったときの状況を思い返してみるんです。例えば、あるギターに恋をした時、私のギターはアコースティックで、青くて、鯉がはめ込まれて、ネックを泳いでいるんです。とても美しいですよね。ボブ・テイラーが私の18歳の誕生日に送ってくれたものです。初めてこのギターケースを開けたときのことを覚えています。「ギターの上に魚が乗っている」と思ったんですよ。とてもゴージャスなギターだったんです。その時のことを覚えています。それから、私が弾いているキラキラしたギターには、小さな小さなクリスタルが何百個も付いているんですよ。特別に作ってもらったように見えます。でも、実際には接着剤で付けただけなんですよ。

◆Kevin Allocca: Oh, really?
◇ケヴィン:ああ、そうですか?

◆Taylor Swift: Yeah. And sometimes little ones fall — they fall off. So we’ll have to super glue more on with tweezers. That’s always what cracked me up about that. It’s like, everyone is, “Where did you have your guitar specially made?” I’m like, “Super glue.”
◇テイラー:そう。そして、時々、小さなものが落ちてくるんです。だから、ピンセットで接着しなければなりません。それがいつも僕を悩ませるの。みんなが “どこでギターを特別に作ってもらったの?”と聞いてくるんです。私は「スーパーグルー」と言ったの。

◆Kevin Allocca: How many guitars do you use in a show? How many of those do you go through?
◇ケヴィン:1つのショーで何本のギターを使うのですか?何本くらい使っているのですか?

◆Taylor Swift: Okay. That was a weird sound that I just made. That was weird. Sorry. The first one is electric. The second one is acoustic koa. Then there’s the 12-string. Then there’s the blue koi fish one. There’s, like, four or five.
◇テイラー:わかった。今のは変な音だったわね。変だったわね。すみません。1枚目はエレクトリック。2つ目はコア材のアコースティック。それから、12弦です。それから、青い鯉のがあります。4つか5つありますね。

◆Kevin Allocca: Yeah, wow.
◇ケヴィン:え、すごいですね。

◆Taylor Swift: And then a ukulele and a ganjo and a piano.
◇テイラー:そして、ウクレレとガンジョとピアノ。

◆Kevin Allocca: Obviously, you’re on tour a lot, and you — that’s where you spend a lot of your time. But there were a lot of questions about you what do when you’re not performing and you’re in between gigs besides writing songs like you do. So I guess the first question, are there any movies that you like to watch while you’re on tour?
◇ケヴィン:もちろん、あなたは多くのツアーに出ていますし、多くの時間をそこで過ごしています。しかし、演奏していないときやライブの合間には、あなたのように曲を書く以外に何をしているのかという質問がたくさんありました。まず最初の質問ですが、ツアー中に見る映画はありますか?


◆Taylor Swift: I watch a lot of TV. Like, a lot of TV. And my favorites are, like, the crime shows, where it starts out and, you know, you can’t miss the first scene or else you miss, like, the discovery of this crime scene. And then, you know, the — the, like, twists and turns of it all. I love CSI, Law and Order SVU, Without a Trace, NCIS, Lockup Raw.
◇テイラー:私はたくさんのテレビを見ています。たくさんのテレビをね。好きなのは犯罪番組で、最初のシーンを見逃すと、この犯罪現場の発見を見逃すことになります。紆余曲折を経て、最終的には…という感じです。私はCSI、Law and Order SVU、Without a Trace、NCIS、Lockup Rawが大好きです。

◆Kevin Allocca: Wow.
◇ケヴィン:ワオ。

◆Taylor Swift: I just am really afraid of getting in trouble. You have no idea.
◇テイラー:トラブルに巻き込まれるのが本当に怖いだけなの。あなたにはわからないでしょうね。

◆Kevin Allocca: All right. That’s who watches Lockup, is Taylor Swift, actually.
◇ケヴィン:わかったよ。Lockupを見る人、それはテイラー・スウィフトです、実は。

◆Taylor Swift: Yeah.
◇テイラー:うん。

◆Kevin Allocca: That’s awesome. But also one of the questions that we got was about what books that you read in your free time.
◇ケヴィン:それはすごいですね。でも、それとは別に、自由時間にどんな本を読んでいるかという質問もありました。

◆Taylor Swift: Oh, mostly history. I’m obsessed with other time periods. And, like, I just — I’m always looking up museums or, like, the historical society or, like, historical landmarks that we can go to in a particular city where we are. And recently, I’ve been reading a lot of books on, like, John Adams and Abraham Lincoln. And I read this, like, 750-page book called The Kennedy Women, and it dates back to, like, the lineage of the first Kennedy woman who came across from Ireland on the boat in, like, the 1860s. It’s just this crazy interesting read. So that’s what I’ve been reading lately. I’m sort of obsessed with history.
◇テイラー:ああ、ほとんどが歴史ね。他の時代にも興味があります。いつも博物館や歴史協会、特定の都市で行ける歴史的建造物などを調べています。最近では、ジョン・アダムスやエイブラハム・リンカーンに関する本をよく読んでいます。して、750ページにも及ぶ『ケネディ・ウーマン』という本を読んだのですが、その内容は、1860年代にアイルランドから船で渡ってきた最初のケネディ・ウーマンの系譜にまでさかのぼります。すごく面白い本なの。それが最近読んでいる本です。私は歴史に取り憑かれているようなものです。

◆Kevin Allocca: Let’s talk about books for a second. One of the other questions that we got, actually, from one of the future Googlers in the audience was about how you wrote a novel when you were 11 years old.
◇ケヴィン:ちょっと本の話をしましょう。他にも、実は会場にいた未来のGooglerの一人からの質問で、11歳のときに小説を書いたという話がありました。

◆Taylor Swift: I was 14.
◇テイラー:私は14歳でした。

◆Kevin Allocca: 14?
◇ケヴィン:14?

◆Taylor Swift: No, wait.
◇テイラー:いや、待てよ。

◆Kevin Allocca: You were younger?
◇ケヴィン:若い頃は?

◆Taylor Swift: I was, like, 13, I think.
◇テイラー:私は、13歳だったと思います。

◆Kevin Allocca: 13?
◇ケヴィン:13?

◆Taylor Swift: Yeah. But I did. I was — I was — I have a lot of different epiphanies. I always have different ideas as to, ooh, this would be a good idea. And one summer, I was at the shore. We used to spend our summers in Stone Harbor, New Jersey. And all my friends were back in Pennsylvania. And so I had nothing to do, and so I had this epiphany: I’m going to be a novelist and I’m going to write novels and that’s going to be my career path. And so I would write different chapters of this book and send them back to my friends. And I’d write them into the book under different names, but totally describe their personalities and — it was a really fun way to spend the summer. My parents were so frustrated, because I would never go outside. I’d just be, like, locked in this little study with my computer. But you’ve always been a writer first. It’s my favorite thing, is how you can convey a thought or a story or completely describe a character or a situation through words, and the right combination of words, and the whole process of editing and re-editing and rethinking and imagining and you get these little mini just epiphany ideas that come to you. And I think that that’s what I loved about writing the novel. And that’s what I love about poetry. And that’s what I love about songwriting.
◇テイラー:うん。でも、私はそうだった。私は…私は…いろいろなひらめきを持っています。私はいつも、ああ、これはいいアイデアだなと、さまざまなアイデアを持っています。ある夏、私は海岸にいました。私たちは夏になるとニュージャージー州のストーンハーバーで過ごしていました。友達はみんなペンシルバニアに戻っていました。何もすることがなかったので、ふと思いついたのです。私は小説家になる、小説を書く、それが私のキャリアパスになる、と。それで、この本のさまざまな章を書いては、友人たちに送り返していました。本の中では別の名前で書きますが、彼らの性格を完全に描写しています。本当に楽しい夏の過ごし方ができました。両親は、私が決して外に出ないので、とても不満に思っていました。私は外に出ようとせず、小さな書斎に閉じこもってパソコンに向かっていました。しかし、人は常に作家としての一面を持っています。私が一番好きなのは、言葉を使って考えや物語を伝えたり、キャラクターや状況を完全に描写したりできることです。また、編集や再編集、再考、想像といった一連のプロセスを経て、ちょっとしたアイデアが浮かんでくることもあります。それが小説を書くことの醍醐味だと思っています。それが、小説を書くことの醍醐味であり、詩を書くことの醍醐味でもあります。そして、それはソングライティングの醍醐味でもあります。

◆Kevin Allocca: Yeah. And while we’re on this topic of things you do while you’re on tour and stuff, we had a lot of questions about what it is that you like to do when you’re on tour and you’re not performing. Is there any other things that you like to spend your time doing?
◇ケヴィン:ええ。ツアー中にしていることについての話題ですが、ツアー中にパフォーマンスをしていないときに何をするのが好きかという質問がたくさんありました。他に何かしたいことはありますか?

◆Taylor Swift: What I love to do. Yeah, I watch a lot of TV.
◇テイラー:私が好きなこと。ええ、テレビをよく見ます。

◆Kevin Allocca: Mm-hmm. Right. Crime shows.
うんうん。そうですね。犯罪番組ですね。

◆Taylor Swift: Yeah, crime shows. That’s pretty much the hobby list.
◇テイラー:そう、犯罪番組。これが趣味のリストのほとんどです。

◆Kevin Allocca: So have another question from a Googler here. And this is — it says as a father of a teenaged daughter, it’s great to see that solid songwriting and hard work can get recognized. Do you have any advice for young aspiring musicians?
◇ケヴィン:もうひとつ、グーグラーの方からの質問です。10代の娘を持つ父親として、しっかりとした曲作りと努力が評価されるのは素晴らしいことだと思います、とあります。ミュージシャン志望の若者に何かアドバイスはありますか?

◆Taylor Swift: Absolutely. I think that you have to love it more than anything else. And you have to love it for so many more reasons other than your idea of what the end result could be. Like, you don’t make an album so that you can get a platinum record to hang on your wall.
◇テイラー:もちろんです。何よりも好きでなければならないと思うのです。そして、最終的な結果がどうなるかという自分の考え以外にも、たくさんの理由で愛さなければなりません。例えば、壁に掛けられるプラチナレコードを手に入れるためにアルバムを作るのではありません。

◆Kevin Allocca: Right.
◇ケヴィン:そうですね。

◆Taylor Swift: And you don’t go on tour so that you can hang the sold-out plaques up in, you know, your bedroom. It’s, like, it’s so many little stepping-stones, and so many people have this idea that it’s like, you get discovered and then you get the record deal, and then you record the song, and then the song goes number one and — and it’s like, it’s never like that. Like, very rarely is it, like, one thing leads to another which leads to another, end result. It’s so many dead-ends and switching directions and going back and replanning and rethinking, and so many interviews and strategy meetings and management meetings and PR meetings, and so many things that are so outside of music, that you have to love music so much that just your hour and a half to two hours of stage every night is worth everything else that you’re going to go through. And also, I would say play your own instrument, because it’s easier than dragging around, like, a karaoke machine.
◇テイラー:ツアーに出るのは、完売したプレートをベッドルームに飾るためではありません。それは、まるで、たくさんの小さなステップがあるんです。です。多くの人は、発見されて、レコード契約を結んで、曲を録音して、その曲が1位になって……というようなイメージを持っていますが、決してそんなことはありません。1つのことが次のことにつながり、それが次の結果につながるということはほとんどありません。行き止まりが多く、方向転換したり、戻ったり、計画を立て直したり、考え直したり、面接や戦略会議、経営会議、PR会議など、音楽以外のことがたくさんあるので、毎晩1時間半から2時間のステージに立つだけで、他のすべてのことを経験する意味を見いだせるくらい、音楽を愛さなければなりません。あとは、自分で楽器を演奏することですね。カラオケマシンなどを持ち歩くよりも簡単です。

◆Taylor Swift: You know? Like, when you’re starting out, you have to provide your own background music. And it’s just so much easier to play your own instrument.
◇テイラー:知っていますか?駆け出しの頃は、自分でBGMを用意しなければなりませんよね。自分で楽器を演奏する方がずっと楽なんです。

◆Kevin Allocca: Okay. Cool. All right. So we have one last question. This is a video question, another video question. And it comes from Chicago, Illinois. It’s a little bit different than some of the questions we’ve been talking about. Let’s roll that.
◇ケヴィン:オーケー。かっこいいですね。いいですね。では、最後の質問をします。これはビデオの質問で、もう一つのビデオの質問です。イリノイ州シカゴからの質問です。今までの質問とは少し違いますね。それを再生してみましょう。

◆Video: Hey, Taylor. It’s Nick. I have a question for you. What does being beautiful mean to you? I mean, define your definition of beauty, what beauty means in your eyes and why.
◇ビデオ:やあ、テイラー。ニックだよ。あなたに質問があります。あなたにとって「美しい」とは何ですか?つまり、あなたの美の定義、あなたの目に映る美とは何か、そしてその理由を教えてください。

◆Taylor Swift: I love him. I think for me, beauty is sincerity. I think that there are so many different ways that someone can be beautiful. You know, someone so funny that it makes them beautiful no matter how they look, because they’re sincere in it. Or somebody’s, like, really emotional and moody and thoughtful and stoic, but that makes them beautiful because that’s sincerely who they are. Or you look out into the crowd you and see someone so happy that they’re smiling from ear to ear, and that sincerity comes through. I think that’s what makes somebody beautiful. And I’ve never felt like there’s just one way to be beautiful, you know, tall or short, straight hair or curly or whatever, some people have their definitions of their “types.” For me, I think that when I meet someone and there’s that magical think about them that makes them unforgettable, it’s that they’re sincere and honest in whoever they are, be that funny, happy, sad, you know, going through a rough time, sarcastic. I think that these personality traits that come through when somebody is really sincere is what makes them beautiful.
◇テイラー:彼はとっても素敵。私にとって、美しさとは誠実さだと思います。誰かが美しくあるためには、様々な方法があると思うの。例えば、とても面白い人は、どんな外見であっても、その人が誠実であるがゆえに美しくなりますよね。あるいは、とても感情的で気分屋で思慮深くストイックな人がいても、それはその人が誠実に生きているからこそ美しいのです。あるいは、観客を見渡すと、耳から耳へと微笑むほど幸せそうな人がいて、その誠実さが伝わってくる。それが美しい人の条件だと思います。背が高いとか低いとか、ストレートヘアだとか巻き毛だとか、人によって「タイプ」の定義がありますよね。私の場合は、誰かと出会ったときに、その人のことを忘れられないような不思議な魅力があると思います。それは、その人が誰であれ、誠実で正直であるということです。面白いこと、楽しいこと、悲しいこと、つらいこと、皮肉なこと。私は、誰かが本当に誠実であるときに表れるこれらの性格的特徴が、その人を美しくするのだと思います。

◆Kevin Allocca: Cool. I think that’s a great note to end this on. Since this is a YouTube interview, there’s sort of a tradition that we have that — where are they? Oh, there they are. So you — it’s honorary for me to give you a pair of the YouTube tube socks.
◇ケヴィン:クールですね。このインタビューを締めくくるのにふさわしい言葉だと思います。これはYouTubeのインタビューですから、ある種の伝統がありますね。ああ、いましたね。YouTubeのチューブソックスをプレゼントするのは名誉なことです。

◆Taylor Swift: Thank you.
◇テイラー:ありがとうございます。

◆Kevin Allocca: And I’m sure –
◇ケヴィン:そして、私はきっと–。

◆Taylor Swift: I can wear these with sandals and –
◇テイラー:これをサンダルと一緒に履くと–。

◆Kevin Allocca: You’re going to be –
◇ケヴィン:きみはきっと–。

◆Taylor Swift: Those are going to look so great.
◇テイラー:それらはとても素晴らしいものになります。

◆Kevin Allocca: They’ll be really great for you on tour. We actually — we handed out some tube socks to people who were coming in. Who got tube socks? All of you who got tube socks, you’re actually getting tickets to Taylor’s show tonight.
◇ケヴィン:ツアーでも活躍してくれそうですね。私たちは実際に…来ていた人たちにチューブソックスを配りました。チューブソックスをもらった人は?チューブソックスを手に入れた人には、今夜のテイラーのショーのチケットを差し上げます。

◆Taylor Swift: I will see you later.
◇テイラー:あとで会いましょう。

◆Kevin Allocca: Let’s hear it one more time for Taylor Swift. Thank you for being here.
◇ケヴィン:テイラー・スウィフトのためにもう1度聞きましょう。ここにいてくれてありがとう。

◆Taylor Swift: Thank you.
◇テイラー:ありがとうございます。