ボブ・プロクターは、目標を達成するときには誰でも迷いが生じるが、自分のパラダイムをつかみ、この原則を勉強すれば、人生のすべてが変わると教えてくれます。この練習をすれば、もう一文無しにはならないでしょう。ボブ・プロクターは、世界的に有名な講演者であり、モチベーションコーチであり、ベストセラーの著者であり、引き寄せの法則の教師でもあります。このスピーチの中で、彼はこうも言っています。頭「の中で見えれば、手に取ることができます。」

「海外ドラマはたった350の単語でできている」


Let’s suppose that X represents where you are. That represents you where you are in your life right. Now, you have the ability to take a very honest look at your life and see how you’ve got there.
Xがあなたの現在地を表しているとしましょう。これは、あなたの人生の現在地を表しています。今、あなたは自分の人生を正直に見て、どのようにしてそこにたどり着いたかを確認することができます。

Everything that’s happened is recorded in your mind, and you can look back, and you can see how one thing led to another, which led to another, which led to another. You met this person, you met that person you, moved here, you live there, you went to work here, and you’ll see in your mind how you got to where you are because you can look back at it.
起こったことはすべて頭の中に記録されているので、振り返ってみると、あることが次のことにつながり、次のことが次のことにつながっていくのがわかります。この人に会った、あの人に会った、ここに引っ越してきた、ここに住んでいる、ここに仕事に行っている、などなど、振り返ることができるので、どうやって今の場所にたどり着いたのかが頭の中に入ってきますよね。

Now, when you go to look ahead, you say that’s where I want to go. This is the dream that comes into your mind, and you quickly get rid of it because you don’t know how to get there. When we think of something, when it comes to our mind, let’s understand nothing is created or destroyed.
今、あなたが先を見ようとするとき、あなたは自分が行きたいところだと言います。これが頭の中に浮かんだ夢ですが、そこに行く方法がわからないのですぐに捨ててしまいます。私たちが何かを考えるとき、それが心に浮かぶとき、創造も破壊もされないことを理解しましょう。

We’ve tuned into something that already is! And rather than let it go, what we want to understand is that “there” is a place. It’s a frequency that we’re tuned in on, way beyond where we’re at in our own consciousness. If we can see it in our mind, we can hold it in our hand.
私たちは、すでに存在する何かに同調しているのです。そして、それを手放すのではなく、私たちが理解したいのは、「そこ」には場所があるということなのです。それは、私たちが自分の意識の中でいる場所をはるかに超えて、私たちがチューニングしている周波数なのです。頭の中で見ることができれば、手に取ることができます。

We don’t want to just let it go. Let’s realize if we can see it in our mind we can hold it in our hand. There is where I want to go. There is a place! This is real. This isn’t just some fancy idea.
ただ手放すだけではいけません。心の中で見えれば、手に取ることができることに気づこう。私が行きたいところはあります。場所がある! これは現実です。これはただの空想ではないのです。

That’s why Von Braun told Kennedy, President Kennedy, it would take the will to do it; the ability to focus on that idea, to stick to your knitting, as I say. Focus on that idea to the exclusion of all the other nonsense that’s coming at you.
フォン・ブラウンは、ケネディ大統領にこう言いました。やるには意志が必要だ。そのアイデアに集中する能力、言ってみれば編み物にこだわる能力です。そのアイデアに集中することで、他のくだらないことを排除することができます。

Don’t pay any attention to the people who tell you why you can’t. You’ve got to stay focused. The moment your belief matches with any state you fuse with it, that’s a state there. Now you see, if you don’t believe it you let it go.
できない理由を言う人には一切注意しないでください。集中しなければならないのです。あなたの信念が、あなたが融合したどんな状態とも一致した瞬間、それはそこにある状態です。いいですか、もしあなたがそれを信じていなければ、あなたはそれを手放すのです。

However, the moment your belief matches with any state, you fuse with it, this union results in the activation and protection of plots, plans, conditions and circumstance. All kinds of things start to happen in our life when we fuse with that idea.
しかし、あなたの信念がどんな状態とも一致した瞬間、あなたはそれと融合し、この結合は、プロット、プラン、条件、状況の活性化と保護につながります。その考えと融合することで、私たちの人生に様々なことが起こり始めます。

Do you remember when you made the decision to do the Dagi Academy? All the crazy things that started to happen for you when you made the decision? That didn’t happen before that.
あなたがダギ・アカデミーをやると決断したときのことを覚えていますか?その決断をしたとき、あなたにはとんでもないことが起こり始めましたよね?それ以前には起こらなかったことです。

Some of you, to get here, when you made a decision to get here, all kinds of things started to happen – and you’re here. We’ve got to start to understand this. The moment your belief matches with any state — Well, how do we start to believe in it?
あなた方の中には、ここに来るために、決断したときに、さまざまなことが起こり始め、そしてあなた方はここにいるのです。私たちはこのことを理解し始めなければなりません。あなたの信念がどの状態とも一致した瞬間に、さて、どうやってそれを信じ始めるのでしょうか?


Well we’ve got to understand that when we see something it’s not just something. It’s a place! There is a place. It’s a frequency. When we get on that frequency, all kinds of things start to happen.
何かを見るとき、それはただのものではないことを理解しなければなりません。それは場所なのです。場所があるのです。それは周波数です。その周波数に乗ると、いろいろなことが起こり始めるのです。

This new state of conscious awareness becomes our home from which we view the world. Act like the person you want to become. William James called it the actor’s technique. Act like you’re already there.
この新しい意識的な状態が、世界を見るための私たちの家となるのです。なりたい人のように行動する。ウィリアム・ジェームズは、これを俳優のテクニックと呼びました。自分がすでにそこにいるように行動する。

It’s your workshop and if you’re observant you’ll see outer reality shaping itself upon the model of your imagination. This is so powerful. You’re a creative being. How did he create that illusion?
それはあなたのワークショップであり、もしあなたが注意深く観察していれば、あなたの想像力のモデルの上に外界の現実が形成されていくのを見ることができるでしょう。これはとてもパワフルなことです。あなたは創造的な存在です。彼はどうやってその幻想を作ったのでしょうか?

In his mind. When you move onto a higher frequency, you’re going to be communicating with a world that’s totally foreign to and beyond the reach of your five senses.
彼の心の中です。高い周波数に移行すると、あなたは五感の範囲を超えた全く別の世界とコミュニケーションをとることになります。

Now until we start studying this, we go by what we hear, see, smell, taste and touch. We’ve got to get away from that. We really have to start to understand. When you move onto a higher frequency, that’s when you start using your higher faculties.
今までは、聞いたり、見たり、嗅いだり、味わったり、触ったりしたもので判断していました。そこから脱却しなければならないのです。私たちは本当に理解し始めなければなりません。高い周波数に移行すると、高い能力を使い始めることになります。

You don’t go by what you hear, see, smell, taste and touch. You go by what you can see in your mind and nobody else can see. Now “there” is a place. Steve Jobs made it very clear. He said “You cannot connect the dots looking forward.
聞いたり、見たり、嗅いだり、味わったり、触ったりしたものではなく、目に見えるもので判断するのです。自分の頭の中で見えていて、他の誰にも見えていないものを基準にするのです。今、「そこ」は場所です。スティーブ・ジョブズはそのことを明確にしていた。前向きに点を結ぶことはできない。

You can only connect them looking backwards. So you have to trust the dots will somehow connect in the future.” You have got to know that you can go there – and when you start, everything will start to happen for you and one thing after another will start to happen and pretty soon you find yourself there.
後ろ向きにしか点をつなぐことはできない。だから、点が将来的に何とかつながることを信じるしかない」と。自分がそこに行けることを知らなければなりません。そして、始めれば、すべてが自分のために起こり始め、次々と出来事が起こり、気がつけばそこにいるのです。

It’s done. And when you get there, you’re going to start to become aware that you could have gone “there”. Isn’t that a bitch? It’s interesting, isn’t it? When you get there, you’ll realize you could have gone “there”.
終わってしまった。そして、そこにたどり着くと、「あそこ」に行けばよかったという意識が芽生えてきます。それって、イヤミじゃないですか?面白いじゃないですか。そこにたどり着くと、「あそこ」に行けたかもしれないと気づくようになる。

You’ve got to control the flow of the thought energy. You’ve got to let it flow freely. You can’t entertain a lot of doubt and worry. It won’t work. Okay? To move to a considerably higher frequency of thought, you must first consent.
思考エネルギーの流れをコントロールしないといけない。自由に流れるようにしなければならない。疑いや心配を抱いていてはダメだ。それはうまくいかない。いいですか?かなり高い周波数の思考に移行するには、まず同意しなければなりません。

It’s got to be your decision. Then you’ve got to adapt to the ideas and feelings this new frequency represents. So you see, it’s not good enough just to read it in the book or listen to me talk about it.
自分で決めなければなりません。そして、その新しい周波数が表す考えや感情に適応しなければなりません。つまり、本で読んだり、私の話を聞いたりするだけではダメなのです。

This is where you’ve got to do it. “The future must become the present in the imagination of the one who would wisely and consciously create circumstance. We must translate vision into being, thinking of into thinking from.
実際にやってみるしかないのです。「未来は、賢く意識的に状況を作り出そうとする人の想像力の中で、現在のものにならなければならないのです。私たちは、ビジョンをビーイングに、シンキングオブをシンキングフロムに変換しなければなりません。

Imagination must center itself upon some state and then view the world from that state.” That’s what we’re talking about here. To move to a higher frequency, you’ve got to consent. In other words, your decision.
想像力は、ある状態を中心にして、その状態から世界を見なければならない」。それがここで話していることです。高い周波数に移行するためには、同意しなければならない。つまり、自分の意思。

I couldn’t do it. I couldn’t take you there. Only you can go there. Then you have to adapt to the ideas and feelings the new frequency represents. Then you’re operating from intuition. You’re not operating from what you can see with your eyes because it’s not manifested yet.
私にはできませんでした。私はあなたをそこに連れて行くことはできませんでした。あなただけがそこに行けるのです。そして、新しい周波数が表す考え方や感情に適応しなければなりません。そうすれば、あなたは直観で行動することになります。目に見えるものではなく、まだ顕在化していないので、直感で動くことになります。

At the suggestion of a move though, your paradigm is instantly going to put up a royal battle. All hell is going to break loose inside and will continually fight you. You must take conscious control over the paradigm, remove and replace it.
しかし、ある動きを示唆されたとき、あなたのパラダイムは即座に王者の戦いを始めます。内部では大混乱が起きて、あなたと戦い続けることになります。そのパラダイムを意識的にコントロールし、取り除き、入れ替えなければなりません。

You see, when this crazy feeling takes over inside you’ve got to understand what is taking over. You’ve got to understand what’s causing you the problem and you have to take control. You cannot let the paradigm control you. That’s where that feeling inside; it starts to create doubt.
いいですか、このおかしな感覚が心の中で支配されたら、何が支配しているのかを理解しなければなりません。何が問題を引き起こしているのかを理解し、自分でコントロールしなければなりません。パラダイムに支配されてはいけないのです。そうすると、心の中にある感情が、疑いを生み始めるのです。

It starts to create fear and all kinds of nonsense. You’ve got to understand. It’s like a person inside that’s against you. That’s really what it’s like. It’s like a person that’s inside talking to you and it’s against you.
恐怖やあらゆる種類の無意味なものを作り始めます。あなたは理解しなければなりません。それは、自分の中にいる人が自分に反対しているようなものなのです。それは本当にそういうことなのです。中にいる人があなたに話しかけているようなもので、あなたに反発しているのです。

It’s a program, it’s a paradigm and it talks to your consciousness when you’re alone, when you’re lying in bed or getting up in the morning or maybe when you’re standing in the shower – and it’s telling you why you can’t do it.
それはプログラムであり、パラダイムであり、あなたが一人でいるとき、ベッドに横たわっているとき、朝起きたとき、あるいはシャワーを浴びているときなどに、あなたの意識に語りかけてきます。そして、なぜあなたにはそれができないのかを教えてくれるのです。

You don’t have the money. You don’t know how. You’re never going to get somebody to believe in this! All of those ideas are going to flow into your mind! That’s what the paradigm does to you. You’re going to ask yourself – what do you really want to do?
お金がない。方法がわからない。誰かに信じてもらうこともできない。そういった考えが頭の中に流れ込んできます。それがパラダイムの作用です。自分が本当にやりたいことは何なのか、自問自答することになります。

When you go ahead and you look at that space or look at what it is you want, we refer to that as a C-type goal. It’s a goal that you don’t know how to get there. Now, what you do — This is what I want you to talk about for the next 10-15 minutes.
自分が本当にやりたいことは何なのか?それは、どうやってそこに到達するのかわからない目標です。さて、あなたは何をするかというと……これから10~15分ほど話してもらいたいことがあります。

I want you to share with the group what do you do to attempt to keep that C-type goal in your mind as if in present tense with all the nonsense going on around you, with the problems that you’re facing. It may be the lack of money or the loved ones telling you you’re crazy, you’re wasting your time, “Get a job!” What do you do?
周りで起こっている無意味なことや、直面している問題の中で、Cタイプの目標を現在進行形のように心に留めておくために、どのようなことをしているのか、グループで共有していただきたいと思います。それは、お金がないことかもしれませんし、愛する人たちが、あなたはおかしい、時間の無駄だ、「仕事をしなさい」と言うことかもしれません。あなたはどうしますか?

That’s what I want you talk about. I want you to talk about strategies that you can follow that will help you maintain the strength and the will to keep going towards that one thing.
そんな話をしてほしいんです。一つのことに向かって進み続ける強さと意志を維持するための戦略についてお話したいと思います。

Now I have been doing this for a long enough period of time to know that every one of us gets doubts and we start to question whether we can ever do this or not, because you’re going to run into real tough times. If your goal is big enough, the problems are going to be big and so you’ve got to keep going.
私は長い間この仕事をしていますが、誰もが疑問を持ち、自分にできるのかどうか疑問を持ち始めるものです。目標が大きければ、問題も大きくなるので、続けなければなりません。

When you make the commitment, when it’s not just something you hope can happen, something you wish could happen… when you make a commitment, you don’t do it if it’s convenient. You do it regardless.
誓いを立てたとき、それがただ実現してほしいと願うだけのものではないとき……誓いを立てたとき、都合がよければやるのではなく、関係なくやるのです。関係なくやるのです。