2018年、アン・ハサウェイは、ワシントンDCで開催されたHuman Rights Campaignの全国晩餐会でNational Ally for Equality賞を受賞しながら、感動的な受賞スピーチを行いました。アン・ジャクリーン・ハサウェイは、アメリカの女優です。アカデミー賞、プライムタイム・エミー賞、ゴールデングローブ賞など、数々の賞を受賞しています。彼女は、2015年に世界で最も稼いだ女優の一人です。このスピーチの中で、彼女はこうも言っています。”本物の平等は、性的指向を優先しません。それは誰かの性別や人種を中心に置くものではありません。私たちのアイデンティティーを消し去るものでもありません。それは、愛を中心に据えることです。そして、愛が完全に中心になったとき、すべてのドアがすべての人のために開くのです。”

「TOEICリスニング満点コーチが教える 3ヶ月で英語耳を作るシャドーイング」


Thank you for this tremendous honor. You guys, you keep rewarding me for things I don’t think need rewarding. I am just living the values my parents gave me. I’m loving you the way you deserve.
このような名誉ある賞をありがとうございます。皆さん、私が褒美を欲しいと思っていないことに対しても、どんどんご褒美をくれるんですね。私は両親がくれた価値観を生きているだけです。あなたに相応しい方法であなたを愛しています。

And yes, I am giving major side eye to anyone that thinks differently. That said, I acknowledge the need for allies because of the visibility we lend. That was just reinforced for me tonight, Sarah McBride gave me a note from a ten-year-old transgender girl named Ella.
そして、そうではないと考える人には大きな横やりを入れています。そうは言っても、私は私たちの可視性のために、味方が必要であることは認めます。今夜、サラ・マクブライドに、エラという10歳のトランスジェンダーの女の子からの手紙をもらって、そのことを強く実感しました。

She named herself that after my movie, Ella eEnchanted. And in this note, Ella thanked me for my courage as an ally. Ella sweetie, I want to make something absolutely clear to you, it takes zero courage to love you.
彼女は私の映画「Ella eEnchanted」にちなんでそう名づけました。エラはこのメモの中で、味方としての私の勇気に感謝していました。エラちゃん、はっきり言っておくけど、あなたを愛するのに勇気はいらないわ。

It does, however, take a lot of courage to get up and talk in front of a lot of people. So, I put your note right next to my heart to give me extra strength. It’s right here. So, I’ve been thinking that an award is only as meaningful as the community that gives it. So, let’s talk about you.
でも、大勢の人の前で話をするのはとても勇気がいることなんです。だから、私はあなたのメモを心臓のすぐそばに置いて、より強い力をもらっています。ここにあります。私は、賞というものは、それを与えてくれるコミュニティがあってこそ意味を持つものだと考えています。だから、あなたのことを話しましょう。

Let’s talk about this community. What I love most about this community is the way you own the alphabet, L G B T T Q Q I A A P, no letter left behind. No, for real, what I love about this community is the freedom.
このコミュニティのことを話しましょう。私がこのコミュニティで最も気に入っているのは、皆さんがアルファベットを所有していることです。L G B T Q I A A P、どの文字も残されていません。いや、本当のところ、私がこのコミュニティで好きなのは、自由です。

The freedom that comes with being yourself, all of yourself. I love the energy, the activism, the generosity, the light, the shade, the fun. I love the dignity that accompanies self-acceptance, and the way our collective humanity gets expanded when one wrongfully marginalized community says, we are human beings, there is enough room here for all of us, period.
自分自身であることで得られる自由、自分のすべてであることです。私はエネルギー、活動性、寛大さ、光、影、楽しさが大好きです。自己受容に伴う凛とした姿が好きです。また、不当に疎外されたコミュニティが、「私たちは人間だ、ここには私たち全員のための十分なスペースがある、以上だ」と言ったときに、私たちの集団の人間性が拡大する様子が好きです。

This declaration that one’s worth is not affected by one’s sexual orientation or gender is a trailblazing concept that lifts humanity into its fullest expression of itself. This is the declaration that precipitates deep lasting change.
自分の価値は性的指向やジェンダーに影響されないという宣言は、人類を最大限に表現するための先駆的な概念です。これは、永続的な深い変化をもたらす宣言です。

This change once embraced will make us free. I hope, I hope, I really hope you guys, but the path to freedom, to equality is currently being blocked by a big, heavy, almost invisible lie.
この変化が受け入れられれば、私たちは自由になります。しかし、自由への道、平等への道は、現在、大きくて重い、ほとんど目に見えない嘘によって阻まれています。

The lie is not about whether we are equal, the lie is about whether our opportunities are. It’s important to acknowledge that whatever my actions have been, however hard I have worked. However, the world may have marginalized me and my experiences that my standing here, my ability to be visible to you comes from the world unfairly rewarding my particular type of visibility.
その嘘とは、私たちが平等であるかどうかということではなく、私たちの機会が平等であるかどうかについての嘘なのです。自分の行動がどうであれ、自分がどんなに努力してきたとしても、それを認めることが大切です。しかし、世界は私と私の経験を疎外してきたかもしれません。私がここに立っているのも、皆さんの目に触れることができるのも、世界が私の特定のタイプの可視性に不当に報いているからです。

It is important to acknowledge that with the exception of being a cisgender male, everything about how I was born has put me at the current center of a damaging and widely accepted myth.
シスジェンダーの男性であることを除いて、私が生まれた経緯のすべてが、有害で広く受け入れられている神話の中心に私を置いていることを認識することが重要です。

That myth is that gayness orbits around straightness, transgender orbits around cis-gender, and that all races orbit around whiteness. It’s wrong, but this myth is too real for too many. It is ancient, so it is trusted.
その神話とは、ゲイはストレートの周りを回り、トランスジェンダーはシスジェンダーの周りを回り、すべての人種は白人の周りを回るというものです。それは間違っていますが、この神話は多くの人にとってあまりにも現実的です。この神話は古くからあるものなので、信頼されています。

It is a habit, so it’s assumed to be the way things are. It’s inherited, so it’s thought immutable. It’s consequences are dangerous because it prioritizes a certain type of love, a certain kind of body, a certain kind of skin color and does not value in the same way anything it deems to be other to itself.
習慣になっているので、それがあるべき姿だと思われています。継承されているので、不変だと思われている。それは、ある種の愛、ある種の身体、ある種の肌の色を優先し、自分以外のものとみなすものを同じように評価しないため、その結果は危険なものとなります。


It is a myth that is with us from birth, and it is a myth that keeps money and power in the hands of the few instead of being invested in the lives of the free. I appreciate this community so much because it’s where I learned to reject this myth.
この神話は私たちが生まれたときから持っているものであり、自由な人々の生活に投資する代わりに、お金と権力を少数の人々の手中にとどめておく神話でもあるのです。私がこの神話を否定することを学んだのは、このコミュニティのおかげです。

I appreciate this community because together we are not just going to question this myth, we are going to destroy it. Authentic equality, authentic equality doesn’t prioritize sexual orientation. It doesn’t put anyone’s gender or race at the center.
このコミュニティに感謝しているのは、私たちが一緒になってこの神話に疑問を投げかけるだけでなく、それを破壊しようとしているからです。本物の平等、本物の平等とは、性的指向を優先させるものではありません。誰かの性別や人種を中心に据えるものではありません。

It doesn’t erase our identities either. What it does do is centralize love. And when love is fully centralized, every door opens for everybody. Now I know I’m speaking in abstractions and that there is privilege embedded in my ability to do so.
私たちのアイデンティティーを消し去るものでもありません。それは、愛を中心に据えることです。そして、愛が中心になれば、すべてのドアがすべての人に開かれます。今、私は抽象的な話をしていて、そうすることができるのには特権があることを知っています。

I know that there are very real obstacles that block the path to true equality. And I know that removing them is easier said than done, but I also know that myths are destroyed by the same thing that creates them, a community. A community that believes, a community that is conscious, a community that collapse back and says no more, a community backed by the HRC.
真の平等への道を阻む非常に現実的な障害があることも知っています。しかし、神話はそれを作ったものと同じもの、つまりコミュニティによって破壊されるということも知っています。信じているコミュニティ、意識しているコミュニティ、崩壊してこれ以上は無理だと言うコミュニティ、HRC(ヒューマン・ライツ・キャンペーン財団)に支えられたコミュニティです。

Can you imagine what would happen as each person follows the lead of this community and rejects the myth of their own unworthiness? And more importantly, the myth that they need others to be worth less in order for them to be worth more.
一人ひとりがこのコミュニティのリードに従って、自分は価値がないという神話を否定することで何が起こるか想像できますか?さらに重要なのは、自分の価値を高めるためには他人の価値を下げる必要があるという神話です。

The walls built in fear will crumble. They will disintegrate. The old world will shatter and the pieces that no longer serve will melt. A new world will emerge forged from this community, from their size, from your seismic imperative message that love is love.
恐怖で作られた壁は崩れます。崩壊してしまうでしょう。古い世界は砕け散り、もはや役に立たない断片は溶けてしまいます。新しい世界は、このコミュニティから、彼らの大きさから、そして愛は愛であるというあなたの地震のような必須のメッセージから鍛造されて出現するでしょう。

This community is a community of alchemists. This community has transformed a world full of stark, black and white morality into one, a rainbow prismatic, lustrous freedom. This is a community of light keepers, visionaries of worth, of authenticity, and of true power.
このコミュニティは、錬金術師のコミュニティです。このコミュニティは、白黒はっきりしたモラルに満ちた世界を、虹色のプリズムを持つ、光沢のある自由に変えました。このコミュニティは、光の番人であり、価値、信頼性、そして真の力の先見者のコミュニティです。

And this is a community who by asserting its own equality have in these troubled savage times protected what is best about all of us. This community has arrived because this community understands innately that equality is not a destination.
そしてこのコミュニティは、自らの平等性を主張することで、この問題の多い野蛮な時代に、私たち全員の最高のものを守ってきたコミュニティなのです。このコミュニティは、平等は目的地ではなく、選択であることを本質的に理解しているからこそ、到達したのです。

It is a choice. Love is love, and equality just is. You gotta roll up your sleeves and get to work every day until everyone gets it. You taught me that, you teach us all.
それは選択なのです。愛は愛、そして平等はまさにそうです。みんながそれを手に入れるまで、腕まくりをして毎日仕事をしなければなりません。あなたは私にそれを教えてくれましたし、私たち皆にも教えてくれました。

So, let me say for everyone whose lives that you have made better, which is to say, for everyone, thank you. To this beloved community, to Ella, it’s an honor to be your ally. This award means so much to me because it comes from you. Now let’s tear this world apart and build a better one. Thank you.
だから、あなたが人生をより良くしてくれたすべての人のために、つまり、すべての人のために、ありがとうと言わせてください。この愛すべきコミュニティとエラに、あなたの味方であることを光栄に思います。この賞は、皆さんからいただいたもので、私にとって大きな意味があります。さあ、この世界を引き裂いて、より良い世界を作りましょう。ありがとうございました。