ロックンロールのリードシンガー、フレディマーキュリー。彼の華やかなステージのペルソナと4オクターブの声域は、彼のライブパフォーマンスを70年代と80年代の最も壮大なロックコンサートの中心にしました。クイーンの音楽は、当時のロックフロントマンの慣習に逆らった彼の演劇スタイルに大きく影響されましたが、それがクイーンを他のロックバンドと一線を画すものです。マーキュリーは、エイズによる合併症のために、1991年にわずか45歳で亡くなりました。彼の死以来、謎めいたロックのフロントマンについて学んでいることがまだあります。詳細については、このビデオをご覧ください。

「海外ドラマはたった350の単語でできている」


Freddie Mercury made his mark with a legendary singing voice, a memorable strut, and a larger-than-life stage presence. But as out there as his public persona was, he kept a lot of big things to himself.
フレディ・マーキュリーは、伝説的な歌声、記憶に残る立ち振る舞い、そして命をかけたステージングで有名になりました。しかし、公の場でのパーソナリティと同様に、彼は多くの重大なことを自分自身に隠していました。

From his nights on the town with Princess Diana, to the real reason he could sing so well, here are the most remarkable things we learned about Freddie Mercury after he died. Freddie Mercury’s body was cremated, but there was no public ceremony for the spreading of his ashes or even an announcement of where the singer wanted his remains to go.
ダイアナ妃との夜から、歌が上手かった本当の理由まで、フレディ・マーキュリーの死後に判明した最も注目すべき事柄をご紹介します。フレディ・マーキュリーの遺体は火葬されましたが、公の場での散骨の儀式や、歌手が自分の遺骨をどこに持っていきたいのかということを発表することはありませんでした。

Only one person knew what he wanted done with them, and it’s unlikely she’ll ever reveal the secret. According to Rolling Stone, former fiancé and long-time friend Mary Austin is the only person who knows where Mercury’s ashes went.
フレディ・マーキュリーが遺灰をどうしてほしいかを知っているのはただ一人で、彼女がその秘密を明かすことはないでしょう。ローリングストーン誌によると、元婚約者で長年の友人であるメアリー・オースティンが、マーキュリーの遺灰の行き先を知っている唯一の人物だという。

As she told the magazine, “He suddenly announced one day after Sunday lunch, ‘I know exactly where I want you to put me. But no one’s to know, because I don’t want anyone to dig me up. I just want to rest in peace. “
彼女が同誌に語ったところによると、「彼はある日の日曜の昼食後に突然、『どこに置いてほしいかはっきりしている』と宣言しました。でも、誰にも知られてはいけない。誰にも掘り起こされたくないからね。私はただ安らかに眠りたいのだ」と」。

So Austin kept Mercury’s ashes for two years, until long after her comings and goings stopped attracting press attention. Then she told everyone she was going out for a facial, and buried his remains in secret.
オースティンはマーキュリーの遺灰を2年間保管し、彼女の出入りがマスコミの注目を集めなくなるずっと後まで保管しました。そして、みんなにフェイシャルエステに行くと言って、秘密裏に遺骨を埋葬したのです。

Because fans will be fans, there remains plenty of speculation about where exactly Mercury’s remains might be. Some think Austin took him all the way to Zanzibar, though “I’m going for a facial” would be a weird way to try and cover that up.
ファンはファンなので、マーキュリーの遺骨が一体どこにあるのか、さまざまな憶測が飛び交っています。オースティンが彼をザンジバルに連れて行ったと考える人もいますが、「フェイシャルに行ってくる」というのは、それを隠そうとする奇妙な方法でしょう。


Others think he’s under a tree in his own backyard. All that guessing is unlikely to amount to much, though, because the only person who knows for sure where Mercury’s remains went will probably take the secret to her grave. In the 1980s, it wasn’t uncommon for people who suspected they might have been exposed to HIV to just not want to know for sure if they had the virus.
また、自分の家の裏庭の木の下にあるという人もいる。なぜなら、マーキュリーの遺体がどこに行ったのかを確実に知っている唯一の人物が、その秘密を墓場まで持っていくだろうからだ。1980年代には、HIVに感染したかもしれないと疑っている人が、自分がウイルスに感染しているかどうかをはっきりと知りたくないと思うことが珍しくありませんでした。

At the time, HIV was a death sentence. Now people are encouraged to get tested for the disease and do what they can to avoid passing it to others. But in Mercury’s time, much about the virus’ nature was unknown.
当時、HIVは死の宣告でした。現在では、HIVの検査を受け、他人に感染させないようにすることが奨励されています。しかし、マーキュリーの時代には、ウイルスの性質について多くのことが知られていませんでした。

Tests for its presence weren’t considered to be accurate, and the outlook for infected people was bleak. It’s understandable why someone wouldn’t want to face the possibility that they’d contracted it.
ウイルスの存在を確認するための検査も正確ではなく、感染者の見通しも暗かったのです。自分がウイルスに感染した可能性を直視したくないという気持ちは理解できます。

According to journalist Tim Teeman, Mercury didn’t know he was HIV positive until he began showing advanced symptoms of AIDS. While he might have suspected he carried the disease at some point, he wasn’t diagnosed until 1987, after a type of cancer called Kaposi’s sarcoma appeared on his shoulder.
ジャーナリストのティム・ティーマンによると、マーキュリーは、エイズの症状が出始めるまで、自分がHIV陽性であることを知りませんでした。マーキュリーは、自分がHIVに感染していることを疑っていたかもしれませんが、1987年になって肩にカポジ肉腫と呼ばれる癌が出現し、診断を受けました。

Longtime partner Jim Hutton said that up until that point there’d been no real indication that Mercury was ill. Even after his diagnosis, Mercury was never open about his illness, not even to his family. He kept his condition secret from the public until confirming the rumors in a press release, the day before he died.
長年のパートナーであるジム・ハットンによると、それまではマーキュリーが病気であることを示す兆候はなかったという。診断を受けた後も、マーキュリーは家族にさえも病気のことを話さなかった。亡くなる前日にプレスリリースで噂を確認するまで、病状を世間に知られないようにしていました。

Much has been made of Freddie Mercury’s incredible singing voice, which allowed him to reach the depths of “Somebody to Love” and the heights of “Under Pressure.”
フレディ・マーキュリーの驚異的な歌声は、”Somebody to Love “の深みと “Under Pressure “の高みを可能にしたと言われています。

His vocal range has been rumored to span four octaves and remains so impressive that in 2016 it inspired a team of scientists to look into its biological source. Mercury professed a belief that his voice’s special quality came from his unusual teeth.
彼の声域は4オクターブに及ぶと噂されており、2016年には科学者チームがその生物学的な起源を調べるきっかけとなるほど印象的でした。マーキュリーは、自分の声の特別な質は変わった歯から来ているという信念を公言していました。

That’s why he never tried to have his overbite corrected, despite being self-conscious about it. But the 2016 study concluded that it wasn’t his teeth behind his vocal range, but rather his vestibular folds.
そのため、彼は自分のオーバーバイトを気にしながらも矯正しようとはしなかった。しかし、2016年の研究では、彼の声域を支えているのは歯ではなく、前庭ヒダであると結論づけられた。

These are a pair of membranes located just above the vocal cords, which are sometimes called “false vocal cords,” as they’re not typically used for making sound. Mercury could use his to create subharmonic vibration, which is how he produced that growl he’s famous for.
これは声帯のすぐ上にある一対の膜で、通常は音を出すのには使われないため、「偽声帯」と呼ばれることもあります。マーキュリーはこの膜を使ってサブハーモニック・バイブレーションを発生させ、それで有名なうなり声を出していたのである。

Whether or not his voice was really capable of hitting four octaves is something the scientists weren’t able to determine, so that aspect of Mercury’s talent remains a subject of debate for music fans.
彼の声が本当に4オクターブあるのかどうかは、科学者にもわからなかったので、マーキュリーの才能については、音楽ファンの間でも議論の対象となっている。


Freddie Mercury was able to navigate the line between celebrity and privacy with grace, but for some famous people, being anonymous is almost impossible. Lady Diana Spencer, Princess of Wales was one of the most notoriously harassed celebrities of her time, and the constant media attention was especially hard on her.
フレディ・マーキュリーは、有名人とプライバシーの間を優雅に行き来していましたが、有名人の中には、匿名でいることがほとんど不可能な人もいます。ダイアナ・スペンサー皇太子妃は、当時、最も嫌がらせを受けていた有名人の一人で、常にメディアに注目されていたことが特に辛かったようです。

According to Rolling Stone, Mercury befriended Diana in the mid-1980s and sympathized with her situation. Along with some friends, he conspired to take her out for a paparazzi-free night on the town.
ローリングストーン誌によると、マーキュリーは1980年代半ばにダイアナと親しくなり、彼女の状況に同情しました。マーキュリーは、1980年代半ばにダイアナと親しくなり、彼女の状況に同情して、友人たちと一緒に、彼女をパパラッチのいない夜の街に連れ出すことを企てました。

They disguised Di in drag by dressing her in an army jacket, aviator sunglasses, and a leather cap, after which they snuck her into the most raucous gay bar in London. The plot worked flawlessly.
彼らは、ダイアナにアーミー・ジャケット、アビエイター・サングラス、レザー・キャップを着せて女装させ、ロンドンで最も騒がしいゲイ・バーに彼女を忍ばせました。この計画は完璧に成功した。

The bar patrons were so dazzled by Mercury and his friends that they paid no attention to the princess, who was able to spend the entire evening incognito. Diana was so thrilled with the experience that she told Mercury and his friends that she hoped to do it again.
バーの常連客はマーキュリーたちに目を奪われ、ダイアナ妃には目もくれず、そのまま夜を過ごすことができたのです。ダイアナは、この体験にとても感激し、マーキュリーたちに「またやりたい」と言ったそうです。

Because Mercury was one of the first celebrity AIDS victims, people are often surprised to hear that he was once engaged to a woman and that she remained very close to him even after he started having relationships exclusively with men.
マーキュリーはエイズにかかった最初のセレブの一人であったため、彼がかつて女性と婚約していたことや、彼が男性とばかり関係を持つようになった後も、彼女がとても親しくしていたことを聞くと、人々はしばしば驚きます。

While the Bohemian Rhapsody movie glossed over a lot of things, this aspect was pretty accurate. Even though they never married, Mercury often referred to Mary Austin as his wife, and in a 1985 interview he once said, “All my lovers asked me why they couldn’t replace Mary, but it’s simply impossible. I couldn’t fall in love with a man the same way I did with Mary.”
映画『ボヘミアン・ラプソディ』では多くのことが語られていますが、この点はかなり正確でした。結婚していないにもかかわらず、マーキュリーはしばしばメアリー・オースティンを妻と呼んでおり、1985年のインタビューでは、「私の恋人たちは皆、なぜメアリーの代わりになれないのかと聞いてきたが、単純に不可能だ。私はメアリーと同じように男性と恋に落ちることはできませんでした」。

Mercury was involved with Jim Hutton for the seven years prior to his death, but he left the former hairdresser with a pittance compared to what he reportedly left to Mary Austin. She received the bulk of his estate, including his money, his mansion, and his recording royalties.
マーキュリーは亡くなる前の7年間、ジム・ハットンと交際していましたが、メアリー・オースティンに残したとされる遺産に比べれば、元美容師の彼に残したのはわずかな額でした。メアリー・オースティンは、彼の財産の大部分を受け取っており、その中には彼のお金、豪邸、レコードの印税も含まれていました。

And Austin wasn’t exactly kind to Hutton after Mercury’s death, either. In fact, she kicked him out of the house shortly after the singer’s passing. Hutton ended up taking the 500,000 pounds Mercury left him and used it to build a home in his native Ireland, where he remained until his death in 2010.
そして、マーキュリーの死後、オースティンはハットンにも親切ではなかった。実際、マーキュリーが亡くなった直後、彼女はハットンを家から追い出している。ハットンは結局、マーキュリーが残した50万ポンドを手に入れ、それを使って故郷のアイルランドに家を建て、2010年に亡くなるまでそこにいた。

Sexuality is a lot more complex than just straight or gay. But in Mercury’s day people would sometimes assume that you had to be either one or the other. When the public learned of Mercury’s AIDS diagnosis, the disease was widely, and wrongly, associated only with gay people.
セクシュアリティとは、ストレートかゲイかということだけでなく、もっと複雑なものです。しかし、マーキュリーの時代には、人々はどちらか一方でなければならないと思い込んでいることがありました。マーキュリーがエイズと診断されたことを世間が知ったとき、この病気は広く、そして間違って、ゲイの人たちだけに関連付けられました。

It was then widely assumed that Mercury himself must have been gay, too. But Mercury wasn’t gay in the strictest sense of the word. He continued to profess his love for ex-fiancé Mary Austin even years after their physical relationship ended. It has also been asserted, in biographies published after Mercury’s death, that the greatest love affairs of his life were with women.
そして、マーキュリー自身もゲイであったに違いないと広く思われたのです。しかし、マーキュリーは厳密な意味でのゲイではありませんでした。彼は、元婚約者のメアリー・オースティンとの肉体関係が終わった後も、愛を公言し続けていました。また、マーキュリーの死後に出版された伝記では、彼の人生で最も大きな恋愛は女性とのものだったと主張されています。


So it seems that the singer was emotionally drawn to women but physically drawn to men. It’s a state of affairs that seems to have caused some upset toward the end of his life, even though he spent his last seven years in a relationship with Jim Hutton, he still thought of Mary Austin as his soulmate and therefore the natural heir to his fortune.
つまり、マーキュリーは感情的には女性に惹かれ、肉体的には男性に惹かれていたということです。晩年の7年間をジム・ハットンと交際していたにもかかわらず、メアリー・オースティンをソウルメイト、つまり自分の財産の自然な継承者と考えていたのです。

“Y’know she’s been a girlfriend of mine for a long time, and uh, even though we’re not together right now in the interim, I sort of refer to her a lot.” Freddie Mercury knew he was dying, but he refused to feel sorry for himself.
“彼女はずっと前からのガールフレンドで、今は一緒にいないけど、彼女のことをよく参考にしているんだ。” フレディ・マーキュリーは、自分が死にかけていることを知っていたが、自分を哀れむことはしなかった。

He wanted to remain productive, preferably while free from unwanted media attention. So he chose to keep his diagnosis a secret. As bandmate Roger Taylor told Entertainment Weekly in 1999, “He didn’t want to be looked at as an object of pity and curiosity. And he didn’t want circling vultures over his head.”
彼は、できればメディアの注目を浴びることなく、生産性を維持したいと考えていました。そのため、診断結果は秘密にしておくことにしました。バンドメイトのロジャー・テイラーが1999年にEntertainment Weekly誌に語ったように、「彼は同情や好奇心の対象として見られることを望んでいなかった。哀れみや好奇心の対象として見られたくなかったし、頭の上でハゲタカが旋回するのも嫌だったんだ」。

Mercury kept recording throughout most of his final years, even when it became very difficult for him. According to GQ, Queen released the single “The Show Must Go On” just six weeks before Mercury’s death, and the singer was so ill during recording that bandmate Brian May expressed concern about whether he’d be able to perform the vocals at all.
マーキュリーは、晩年のほとんどの期間、非常に困難な状況になってもレコーディングを続けていました。GQによると、クイーンはマーキュリーが亡くなるわずか6週間前にシングル「The Show Must Go On」をリリースしているが、レコーディング中に体調を崩し、バンドメイトのブライアン・メイが「ボーカルが取れるのか」と心配していたという。

Mercury put those doubts to rest, though. As May later described the events, “I said, ‘Fred, I don’t know if this is going to be possible to sing.’ And he went, ‘I’ll f—ing do it, darling,’ vodka down, and went in and killed it, completely lacerated that vocal.”
しかし、マーキュリーはその疑問を一掃した。後にメイがその時のことを語っているように、「私は『フレッド、これで歌えるかどうかわからないよ』と言った。すると彼は、ウォッカを飲みながら『やってやるよ、ダーリン』と言って、ヴォーカルを完全に傷つけてしまったんだ」。

” He couldn’t keep it up forever, though. While recording “Mother Love” he stopped before the last verse, and then said, quote, “I’m not feeling that great, I think I should call it a day now. I’ll finish it when I come back, next time.”
しかし、いつまでも続けることはできなかった。「Mother Love」のレコーディング中、彼は最後のヴァースの前で立ち止まり、こう言った。「あまり気分が良くないので、もう今日は終わりにしようと思う。次の機会に完成させよう」

But there was no next time, Mercury never went back to the studio, and May sang the last verse of “Mother Love” himself. Mercury’s bombastic stage reputation didn’t follow him into his personal life or even into his relationship with his bandmates.
しかし、次の機会はなく、マーキュリーはスタジオに戻ることはなく、メイは「Mother Love」の最後のヴァースを自分で歌った。マーキュリーの大げさなステージでの評判は、私生活やバンドメンバーとの関係にまでは及ばなかった。

It’s said that Mercury was really the most level-headed of the bunch, especially when it came to disagreements between his fellow band members, which were evidently quite common. Mercury once said the band, quote, “argued about everything, even the air that we breathe.” Yet somehow the band persisted through it all.
マーキュリーは、バンドメンバーの中で最も冷静な人物だったと言われています。特に、バンドメンバー間の意見の相違については、よくあることだったようです。マーキュリーはかつて、バンドは “すべてのことについて議論した、私たちが吸う空気についても “と語っています。しかし、バンドはそのような状況の中でも生き残ることができました。

According to writer Lesley-Ann Jones’ biography of Mercury’s life, the front man was usually the guy who ended up keeping the peace, an assessment the bandmates agreed with.
作家のLesley-Ann Jonesが書いたマーキュリーの伝記によると、フロントマンはたいていの場合、平和を維持する役割を果たしており、バンドメンバーもその評価に同意していたという。

As Brian May recalled in 2007, “It was normally Roger and I who were at opposite ends. Everyone thinks that Freddie was difficult. Actually Freddie was great. He was a great diplomat.” “We argue a lot, we fight a lot, but in the end, what really is the key feature is that we must come up with some product.
ブライアン・メイが2007年に語ったように、「普段はロジャーと私は正反対の立場にいました。みんなフレディは気難しいと思っている。しかし実際、フレディは素晴らしかった。彼は偉大な外交官だった」。「私たちはよく議論し、よく喧嘩をしますが、最終的には、本当に重要な特徴は、私たちが何らかの製品を作り出さなければならないということです。」

” Freddie Mercury was friends with Michael Jackson for a time, and the two intended to record music together at some point. But as it turns out, Mercury was just too wild and crazy for Jackson’s tastes.
” フレディ・マーキュリーは、マイケル・ジャクソンと友人だった時期があり、2人はいつか一緒に音楽を録音するつもりだった。しかし、結局のところ、ジャクソンの好みにはマーキュリーはあまりにもワイルドでクレイジーだったようです。

That’s right, the guy who owned a chimpanzee, once tried to buy Marvel Comics, and had dreams of building himself a giant robot replica thought Freddie Mercury was too wild and crazy to hang out with. According to Mercury himself, quoted in Lesley-Ann Jones’ biography, the two musicians made efforts to record several songs together, but could never really find the time to finish the tracks.
チンパンジーを飼い、マーベルコミックを買おうとし、自分で巨大ロボットのレプリカを作ることを夢見ていた男が、フレディ・マーキュリーはワイルドでクレイジーすぎて付き合えないと考えていたのです。レスリー・アン・ジョーンズの伝記に引用されているマーキュリー自身の言葉によると、2人のミュージシャンは何曲か一緒にレコーディングしようと努力したが、トラックを完成させるための時間がなかなか取れなかったという。


The three songs they worked on together, “Victory,” “State of Shock,” and “There’s More to Life Than This,” ended up being completed without each other’s involvement on their own albums.
一緒に制作した「Victory」、「State of Shock」、「There’s More to Life Than This」の3曲は、結局、お互いに関わらずにそれぞれのアルバムに収録されました。

Ultimately, the two stars had a falling-out, supposedly after Jackson took offense to Mercury doing too much cocaine in his living room. “I think one of the tracks would have been on the Thriller album, if I finished it. But I missed out.”
最終的には、マーキュリーが自宅のリビングルームでコカインをやりすぎたことにジャクソンが腹を立てたことがきっかけで、2人のスターは仲違いしてしまったようです。”もし完成させていたら、1曲は『スリラー』のアルバムに入っていたと思う。でも、私は逃してしまった。

The HIV virus doesn’t kill directly. It attacks the immune system, which makes it possible for secondary infections to move in. That’s what makes AIDS such an insidious illness; it’s not a single disease, but rather a lot of diseases, and the symptoms patients end up showing are all specific to the viruses, bacteria, fungal organisms, and other microbes that the individual patient is exposed to.
HIVウイルスは直接死なない。免疫系を攻撃することで、二次感染が起こりやすくなります。それが、エイズという病気の陰湿さにつながっています。エイズは単一の病気ではなく、多くの病気があり、患者が最終的に示す症状は、個々の患者がさらされたウイルス、バクテリア、真菌などの微生物に固有のものである。

Kaposi’s sarcoma, which was Freddie Mercury’s first symptom, is a cancer caused by the human herpesvirus 8, which wouldn’t cause symptoms in a person who has a healthy immune system.
フレディ・マーキュリーが最初に発症したカポジ肉腫は、ヒトヘルペスウイルス8によって引き起こされる癌だが、免疫力が高い人には症状が出ない。

As the symptoms of AIDS progressed throughout his body, Mercury developed other horrifying complications. In 2017 guitarist Brian May told the Sunday Times Magazine that one of Mercury’s ugliest symptoms was in his foot.
エイズの症状が全身に進行するにつれ、マーキュリーは他の恐ろしい合併症を発症しました。2017年、ギタリストのブライアン・メイがサンデー・タイムズ誌に語ったところによると、マーキュリーの最も醜い症状のひとつは足にあったという。

As May told the publication, “Tragically, there was very little left of it. Once, he showed it to us at dinner. And he said, ‘Oh, Brian, I’m sorry I’ve upset you by showing you that.'” Ultimately, the singer was killed by pneumonia brought on by complications from AIDS, a relatively common end for an exceptionally uncommon person.
メイが本誌に語ったように、「悲劇的なことに、ほとんど何も残っていなかったのです。一度、彼がディナーの時にそれを見せてくれたんだ。ブライアン、それを見せて君を怒らせてしまってごめんね」と言っていました」。最終的には、エイズによる肺炎が原因で亡くなりましたが、異例の人物の比較的ありふれた最期でした。

Check out our newest videos right here! Plus, even more Grunge videos about your favorite stuff are coming soon. Subscribe to our YouTube channel, and hit the bell so you don’t miss a single one.
最新のビデオはこちらからご覧いただけます。さらに、あなたの好きなものをテーマにしたグランジ・ビデオが続々と登場します。私たちのYouTubeチャンネルを購読して、ベルを押して、ビデオを見逃さないようにしてください。