「どんな大人でも半年以内に外国語を流暢に使えるようになる」と言ったらどう思いますか? 心理学研究に基づく5つの原則を守り7つの実践を行うことでそれは可能だとクリス・ロンズデールは言います。才能も現地生活も必要ありません。

原則1:自分に関係のある言語コンテンツに集中する
原則2: 初日から新しい言語をコミュニケーションのツールとして使う
原則3:メッセージを理解すると、無意識のうちにその言語が身につく。
原則4:生理的トレーニング
原則5: 精神的・生理的状態が重要である
行動その1:たくさん聞く(脳に染み込ませる
行動その2:意味を理解することに集中する(言葉の前に
行動その3:ミックスを始める
行動その4:コアに集中する
行動その5:言葉の親を得る
行動その6:顔を写す
行動その7:心象風景に「直結」する

「英語を聞きとる力が飛躍的にアップする新メソッド 10秒リスニング」


The people in the back, can you hear me clearly? OK, good. Have you ever held a question in mind for so long that it becomes part of how you think? Maybe even part of who you are as a person?
後ろの方の人、私の声がはっきり聞こえますか?いいですよ。あなたは今までに、ある質問を長い間心に留めておいて、それが自分の考え方の一部になったことはありますか?人としての自分の一部になったことは?

Well I’ve had a question in my mind for many, many years and that is: How can you speed up learning? Now, this is an interesting question because if you speed up learning, you can spend less time at school.
私は何年も何年も前から、ある疑問を心に抱いていました。どうすれば学習速度を上げることができるか?これは興味深い質問です。というのも、学習のスピードを上げれば、学校で過ごす時間を短くすることができるからです。

And if you learn really fast, you probably wouldn’t have to go to school at all. Now, when I was young, school was sort of OK but… I found quite often that school got in the way of learning so I had this question in mind: How do you learn faster?
そして、もしあなたが本当に早く学べば、おそらく学校に行く必要はないでしょう。さて、私が若い頃、学校はまあまあでしたが…。学校が学習の邪魔になることがよくあったので、私はこんな疑問を持っていました。どうすれば、より速く学べるか?

And this began when I was very, very young, when I was 11 years old, I wrote a letter to researchers in the Soviet Union, asking about hypnopaedia, this is sleep-learning, where you get a tape recorder, you put it beside your bed and it turns on in the middle of the night when you’re sleeping, and you’re supposed to be learning from this.
そしてこれは、私がとても幼い頃、11歳の時に、ソ連の研究者にヒプノペディアについて尋ねる手紙を書いたことから始まりました。つまり睡眠学習です。テープレコーダーを手に入れてベッドの横に置き、夜中に寝ているときに電源を入れて、そこから学習するというものです。

A good idea, unfortunately it doesn’t work. But, hypnopaedia did open the doors to research in other areas and we’ve had incredible discoveries about learning that began with that first question.
良いアイデアですが、残念ながらうまくいきませんでした。しかし、ヒプノペディアは他の分野の研究への扉を開きました。私たちは、最初の質問から始まった学習に関する驚くべき発見をしました。

I went on from there to become passionate about psychology and I have been involved in psychology in many different ways for the rest of my life up until this point. In 1981, I took myself to China and I decided that I was going to be native level in Chinese inside two years.
そこから心理学に熱中するようになり、現在までの人生で様々な形で心理学に関わってきました。1981年、私は中国に行き、2年以内に中国語をネイティブレベルにすると決めました。

Now, you need to understand that in 1981, everybody thought Chinese was really, really difficult and that a Westerner could study for 10 years or more and never really get very good at it.
1981年当時、中国語はとても難しく、西洋人が10年以上勉強しても決して上手にはならないと誰もが思っていたことを理解する必要があります。

And I also went in with a different idea which was: taking all of the conclusions from psychological research up to that point and applying them to the learning process. What was really cool was that in six months I was fluent in Mandarin Chinese and it took a little bit longer to get up to native.
また、それまでの心理学的研究で得られたすべての結論を、学習プロセスに応用するという別のアイデアを持って臨みました。とても素晴らしいことに、私は6カ月で北京語を流暢に話せるようになりましたが、ネイティブレベルになるにはもう少し時間がかかりました。

But I looked around and I saw all of these people from different countries struggling terribly with Chinese, I saw Chinese people struggling terribly to learn English and other languages, and so my question got refined down to: How can you help a normal adult learn a new language quickly, easily and effectively?
しかし、周りを見渡すと、さまざまな国の人々が中国語でひどく苦労していたり、中国の人々が英語や他の言語を学ぶためにひどく苦労していたりするのを見て、私の質問は洗練されたものになりました。普通の大人が新しい言語を素早く、簡単に、そして効果的に学べるようにするにはどうすればいいのか?

Now this is a really, really important question in today’s world. We have massive challenges with environment, we have massive challenges with social dislocation, with wars, all sorts of things going on and if we can’t communicate, we’re really going to have difficulty solving these problems.
今日の世界では、これは本当に、本当に重要な問題です。環境問題、社会的混乱、戦争など、さまざまな問題が起こっていますが、もしコミュニケーションができなければ、これらの問題を解決するのは難しいでしょう。


So we need to be able to speak each other’s languages, this is really, really important. The question then is: How do you do that? Well, it’s actually really easy. You look around for people who can already do it, you look for situations where it’s already working and then you identify the principles and apply them.
だからこそ、お互いの言語を話せるようになる必要があります。これは本当に、とても重要なことです。では、そのためにはどうすればいいのでしょうか?それはとても簡単なことです。すでにそれができている人を探し、すでにうまくいっている状況を探し、原則を見極めてそれを適用するのです。

It’s called modelling and I’ve been looking at language learning and modelling language learning for about 15 to 20 years now. And my conclusion, my observation from this is that any adult can learn a second language to fluency inside six months. Now when I say this, most people think I’m crazy, this is not possible.
これはモデリングと呼ばれるもので、私は15年から20年ほど前から、言語学習と言語学習のモデリングについて研究しています。そして、私の結論、観察結果は、どんな大人でも6ヶ月以内に第二言語を流暢に学べるということです。これを言うと、ほとんどの人は私の頭がおかしいのではないか、そんなことは不可能だと思うでしょう。

So let me remind everybody of the history of human progress, it’s all about expanding our limits. In 1950, everybody believed that running one mile in four minutes was impossible, and then Roger Bannister did it in 1956 and from there it’s got shorter and shorter.
そこで、人類の進歩の歴史を皆さんに思い出していただきたいと思います。1950年には1マイルを4分で走ることは不可能だと誰もが信じていましたが、1956年にロジャー・バニスターがそれを成し遂げ、そこからどんどん短くなっていきました。

100 years ago everybody believed that heavy stuff doesn’t fly. Except it does and we all know this. How does heavy stuff fly? We reorganise the material using principles that we have learned from observing nature, birds in this case. And today we’ve gone even further…
100年前、誰もが「重いものは飛ばない」と信じていました。しかし、実際には飛んでおり、私たちはこのことを知っています。重いものはどうやって飛ぶのか?自然(この場合は鳥)を観察して学んだ原理を使って材料を再編成します。そして今日、私たちはさらに進んで…。

We’ve gone even further, so you can fly a car. You can buy one of these for a couple 100.000 US dollars. We now have cars in the world that fly. And there’s a different way to fly which we’ve learned from squirrels. So all you need to do is copy what a flying squirrel does, build a suit called a wing suit and off you go, you can fly like a squirrel.
さらに進んで、車を飛ばせるようになりました。このようなものは、数十万USドルで購入できます。今や世界には空を飛ぶ車があるのです。また、ムササビから学んだ別の飛び方もあります。ムササビがやっていることを真似して、ウイングスーツと呼ばれるスーツを作れば、ムササビのように飛ぶことができるのです。

Now most people, a lot of people, I wouldn’t say everybody but a lot of people think they can’t draw. However there are some key principles, five principles, that you can apply to learning to draw and you can actually learn to draw in five days. So, if you draw like this, you learn these principles for five days and apply them and after five days you can draw something like this.
ほとんどの人が、全員とは言いませんが、多くの人が自分は絵が描けないと思っています。しかし、絵を学ぶために適用できるいくつかの重要な原則、5つの原則があり、実際に5日間で絵が描けるようになります。つまり、このような絵を描く場合、5日間これらの原則を学び、それを適用し、5日後にはこのような絵を描けるようになるのです。

Now I know this is true because that was my first drawing and after five days of applying these principles that was what I was able to do. And I looked at this and I went: “Wow, so that’s how I look like when I’m concentrating so intensely that my brain is exploding.”
なぜなら、これが私の最初の絵であり、この原則を5日間実践した結果、このような絵が描けたからです。私はこれを見て、こう思いました。”わあ、これが脳が爆発するほど集中しているときの私の姿か “と思いました。

So, anybody can learn to draw in five days and in the same way, with the same logic, anybody can learn a second language in six months. How? There are five principles and seven actions. There may be a few more but these are absolutely core.
つまり、誰もが5日間で絵を描けるようになり、同じように、同じ論理で、誰もが6ヶ月で第二言語を習得できるのです。どうやって?5つの原則と7つの行動があります。他にもいくつかあるかもしれませんが、これらは絶対的な核心です。

And before I get into those I just want to talk about two myths, I want to dispel two myths. The first is that you need talent. Let me tell you about Zoe. Zoe came from Australia, went to Holland, was trying to learn Dutch, struggling extremely, extremely… a great deal and finally people were saying: “You’re completely useless,” “you’re not talented,” “give up,” “you’re a waste of time” and she was very, very depressed.
そして、それらの話に入る前に、2つの神話を払拭したいと思います。1つ目は、才能が必要だというものです。ゾーイの話をしましょう。ゾーイはオーストラリアからオランダに行き、オランダ語を学ぼうとしていましたが、非常に、非常に、非常に苦労しました。「お前は全く役に立たない」「お前には才能がない」「諦めろ」「お前は時間の無駄だ」と言われ、彼女はとてもとても落ち込んでいました。


And then she came across these five principles, she moved to Brazil and she applied them and in six months she was fluent in Portuguese, so talent doesn’t matter. People also think that immersion in a new country is the way to learn a language. But look around Hong Kong, look at all the westerners who’ve been here for 10 years, who don’t speak a word of Chinese.
そして、この5つの原則に出会った彼女は、ブラジルに移住し、それを実践したところ、半年後にはポルトガル語を流暢に話せるようになったのですから、才能は関係ありません。また、言語を習得するには、新しい国にどっぷり浸かるのがいいと思われています。しかし、香港を見渡してみてください。10年も滞在しているのに、中国語を一言も話さない欧米人がたくさんいます。

Look at all the Chinese living in America, Britain, Australia, Canada have been there 10, 20 years and they don’t speak any English. Immersion per se does not work. Why? Because a drowning man cannot learn to swim. When you don’t speak a language, you’re like a baby.
アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダに住んでいる中国人を見てください。その国に浸かること自体はうまくいきません。なぜでしょう?溺れている人は泳げるようにならないからです。言葉を話せない人は、赤ちゃんと同じです。

And if you drop yourself into a context which is all adults talking about stuff over your head, you won’t learn. So, what are the five principles that you need to pay attention to? First: the four words, attention, meaning, relevance and memory, and these interconnect in very, very important ways.
そして、大人たちが自分の頭の上で話している状況に身を投じても、学ぶことはできません。では、注意しなければならない5つの原則とは何でしょうか?まず、「注意」「意味」「関連性」「記憶」という4つの言葉ですが、これらは非常に重要な点で相互に関連しています。

Especially when you’re talking about learning. Come with me on a journey through a forest. You go on a walk through a forest and you see something like this… Little marks on a tree, maybe you pay attention, maybe you don’t. You go another 50 metres and you see this… You should be paying attention.
特に学習の話になるとね。私と一緒に森の中の旅に出かけましょう。森の中を散歩していて、こんなものを見たとします(木の爪痕)。木の上の小さなマーク、気にするかもしれないし、気にしないかもしれない。さらに50メートル進むと、こんなものが(大きな足跡)。注意を払うべきだよね。

Another 50 metres, if you haven’t been paying attention, you see this… And at this point, you’re paying attention. And you’ve just learned that this… is important, it’s relevant because it means this, and anything that is related, any information related to your survival is stuff that you’re going to pay attention to and therefore you’re going to remember it.
さらに50メートル進むと、もしあなたが注意を払っていなければ、これが見えます(大きな熊)。 ここまでくれば、あなたは注意を払っています。そして、この木の跡は重要だと学んだばかりで、つまりそれは熊の出現を意味するので関連性があり、それに関連するもの、つまり生存に関連する情報はすべて、あなたが注意を払うべきものであり、したがってあなたはそれを記憶することになります。

If it’s related to your personal goals, then you’re going to pay attention to it. If it’s relevant, you’re going to remember it. So, the first rule, first principle for learning a language is focus on language content that is relevant to you. Which brings us to tools. We master tools by using tools and we learn tools the fastest when they are relevant to us. So let me share a story.
それが自分の目標に関連していれば、あなたはそれに注意を払うでしょう。関連性のある内容であれば、記憶に残るはずです。ですから、言語学習の第一のルール、第一の原則は、自分に関連のある言語コンテンツに集中することです。ここでツールの話になります。ツールを使いこなすには、自分に関係のあるツールを使うのが一番早いのです。そこで、ある話をしましょう。

A keyboard is a tool. Typing Chinese a certain way, there are methods for this. That’s a tool. I had a colleague many years ago who went to night school; Tuesday night, Thursday night, two hours each time, practicing at home, she spent nine months, and she did not learn to type Chinese.
キーボードは道具です。中国語を一定の方法で入力する、そのための方法があります。それは道具です。昔、私の同僚に、火曜の夜と木曜の夜に2時間ずつ夜学に通い、家でも練習して9ヶ月過ごした人がいましたが、彼女は中国語を打てるようにはなりませんでした。

And one night we had a crisis. We had 48 hours to deliver a training manual in Chinese. And she got the job, and I can guarantee you in 48 hours, she learned to type Chinese because it was relevant, it was meaningful, it was important, she was using a tool to create value.
そしてある夜、私たちは危機に陥った。中国語のトレーニングマニュアルを48時間以内に納品しなければならなかったのです。そして彼女はそれを引き受けて、48時間後には中国語を打てるようになっていたのです。なぜなら、それは関連性があり、意味があり、重要であり、彼女は価値を生み出すためにツールを使っていたからです。

So the second principle for learning a language is to use your language as a tool to communicate right from day one. As a kid does. When I first arrived in China, I didn’t speak a word of Chinese, and on my second week, I got to take a train ride overnight.
ですから、言語を学ぶための2つ目の原則は、最初からその言語をコミュニケーションのためのツールとして使うことです。子供のようにね。私が初めて中国に来たとき、中国語は一言も話せませんでしたが、2週間目に夜行列車に乗ることができました。

I spent eight hours sitting in the dining car talking to one of the guards on the train, he took an interest in me for some reason, and we just chatted all night in Chinese and he was drawing pictures and making movements with his hands and facial expressions and piece by piece by piece I understood more and more.
食堂車に座って8時間、列車に乗っていた警備員の一人と話をしていたのですが、彼はなぜか私に興味を持ってくれて、一晩中中国語でおしゃべりをしていました。彼は絵を描いたり、手の動きや顔の表情を作ったりしていて、私は少しずつ理解を深めていきました。

But what was really cool, was two weeks later, when people were talking Chinese around me, I was understanding some of this and I hadn’t even made any effort to learn that. What had happened, I’d absorbed it that night on the train, which brings us to the third principle. When you first understand the message, then you will acquire the language unconsciously.
しかし、本当に素晴らしかったのは、2週間後、リスニングの努力をしていなかったのに、周りの人たちが中国語を話しているときに、私がその一部を理解していたことです。それは、その夜、電車の中で吸収したからです。これが3つ目の原則です。まずメッセージを理解すると、無意識のうちに言語を習得することができます。

And this is really, really well documented now, it’s something called comprehensible input. There’s 20 or 30 years of research on this, Stephen Krashen, a leader in the field, has published all sorts of these different studies and this is just from one of them. The purple bars show the scores on different tests for language.
理解可能な入力と呼ばれるもので、現在では非常によく知られています。この分野のリーダーであるスティーブン・クラッシェンは、20年、30年に渡って様々な研究を発表してきましたが、これはその中の一つです。紫色の棒は、言語に関するさまざまなテストのスコアを示しています。


The purple people were people who had learned by grammar and formal study, the green ones are the ones who learned by comprehensible input. So, comprehension works. Comprehension is key and language learning is not about accumulating lots of knowledge.
紫の人たちは、文法や形式的な勉強で学んだ人たちで、緑の人たちは、理解できるインプットで学んだ人たちです。つまり、理解力が有効なのです。理解力が重要で、言語学習はたくさんの知識を蓄積することではありません。

In many, many ways it’s about physiological training. A woman I know from Taiwan did great in English at school, she got A grades all the way through, went through college, A grades, went to the US and found she couldn’t understand what people were saying. And people started asking her: “Are you deaf?” And she was. English deaf.
いろいろな意味で、生理的なトレーニングが必要なのです。私が知っている台湾出身の女性は、学校での英語の成績が素晴らしく、大学でもAクラスだったのですが、アメリカに行ってみると、人が何を言っているのかわからなくなってしまいました。そして、人々は彼女に尋ね始めました。”君は耳が聞こえないのか?” そして、彼女はそうでした。英語が聞こえないのです。

Because we have filters in our brain that filter in the sounds that we are familiar with and they filter out the sounds of languages that we’re not. And if you can’t hear it, you won’t understand it, if you can’t understand it, you’re not going to learn it. So you actually have to be able to hear these sounds.
なぜなら、私たちの脳には、慣れ親しんだ音をフィルタリングし、慣れ親しんでいない言語の音をフィルタリングするフィルターがあるからです。聞き取れなければ理解できないし、理解できなければ学ぶこともできません。ですから、実際にこれらの音を聞き取ることができなければなりません。

And there are ways to do that but it’s physiological training. Speaking takes muscle. You’ve got 43 muscles in your face, you have to coordinate those in a way that you make sounds that other people will understand. If you’ve ever done a new sport for a couple of days, and you know how your body feels? Hurts? If your face is hurting, you’re doing it right. And the final principle is state. Psycho-physiological state.
そして、その方法はありますが、それは生理的なトレーニングです。話すには筋肉が必要です。顔には43個の筋肉がありますが、それらを調整して、他の人が理解できるような音を出さなければなりません。もしあなたが新しいスポーツを2、3日やったことがあるならば、体がどう感じますか?痛いですか?あなたの顔が痛むなら、あなたはそれを正しく行っています。そして、最後の原則は「状態」です。精神生理学的な状態です。

If you’re sad, angry, worried, upset, you’re not going to learn. Period. If you’re happy, relaxed, in an Alpha brain state, curious, you’re going to learn really quickly, and very specifically you need to be tolerant of ambiguity. If you’re one of those people who needs to understand 100 percent every word you’re hearing, you will go nuts, because you’ll be incredibly upset all the time, because you’re not perfect.
悲しんだり、怒ったり、心配したり、動揺したりしていたら、学習する気にはなれません。おしまい。幸せで、リラックスしていて、脳の状態がアルファで、好奇心旺盛な人は、とても早く学ぶことができます。特に、曖昧さに耐える必要があります。もしあなたが、聞いた言葉を100%理解しなければならない人だったら、気が狂ってしまいます。

If you’re comfortable with getting some, not getting some, just paying attention to what you do understand, you’re going to be fine, relaxed, and you’ll be learning quickly. So based on those five principles, what are the seven actions that you take? Number one: Listen a lot. I call it brain soaking. You put yourself in a context where you’re hearing tons and tons and tons of a language and it doesn’t matter if you understand it or not.
何かを得たり得なかったりすることに抵抗がなく、理解していることに注意を払うことができれば、問題なく、リラックスして、素早く学ぶことができるでしょう。では、その5つの原則に基づいて、7つの行動をとるとしたら?その1。たくさん聞くことです。私はこれを “脳みそ漬け “と呼んでいます。ある言語を大量に聞いている状況に身を置き、それを理解しているかどうかは問題ではありません。

You’re listening to the rhythms, to patterns that repeat, you’re listening to things that stand out. (Chinese) Pào nǎozi. (English) So, just soak your brain in this. The second action is that you get the meaning first, even before you get the words. You go: “Well how do I do that? I don’t know the words!” Well, you understand what these different postures mean.
リズムや繰り返しのパターンに耳を傾け、目立つものに耳を傾けるのです。(中国語) Pào nǎozi.だから、とにかく脳に染み込ませるということです。2つ目のアクションは、言葉を理解する前に、まず意味を理解することです。あなたは「どうやるの? 言葉がわからないよ!」と思うでしょう。しかし、あなたはこれらの異なる姿勢の意味を理解しています。

Human communication is body language in many, many ways, so much body language. From body language you can understand a lot of communication, therefore, you’re understanding, you’re acquiring through comprehensible input. And you can also use patterns that you already know.
人間のコミュニケーションは、いろいろな意味でボディランゲージが多いですね。ボディランゲージからは、多くのコミュニケーションを理解することができます。したがって、理解可能なインプットによって、理解し、習得していることになります。また、すでに知っているパターンを使うこともできます。

If you’re a Chinese speaker of Mandarin and Cantonese and you go to Vietnam, you will understand 60 percent of what they say to you in daily conversation, because Vietnamese is about 30 percent Mandarin, 30 percent Cantonese.
北京語と広東語を話す中国人がベトナムに行った場合、ベトナム語は北京語が約30%、広東語が約30%なので、日常会話で彼らが言うことの60%は理解できるでしょう。

The third action: Start mixing. You probably have never thought of this but if you’ve got 10 verbs, 10 nouns and 10 adjectives, you can say 1000 different things. Language is a creative process. What do babies do? OK, “me”, “bath”, “now”. OK, that’s how they communicate. So start mixing, get creative, have fun with it, it doesn’t have to be perfect, just has to work. And when you’re doing this, you focus on the core. What does that mean?
3つ目のアクションです。ミックスを始める。おそらく一度も考えたことがないでしょうが、動詞が10個、名詞が10個、形容詞が10個あれば、1000通りのことが言えるのです。言語は創造的なプロセスなのです。赤ちゃんは何をしますか?OK、「私」、「お風呂」、「今」。OK、それが彼らのコミュニケーション方法です。だから、混ぜることから始めて、創造的になって、楽しんで、完璧である必要はなくて、うまくいけばいい。そして、その際にはコアに集中するのです。それはどういうことですか?

Well, any language is high frequency content. In English 1000 words covers 85 percent of anything you’re ever going to say in daily communication. 3000 words gives you 98 percent of anything you’re going to say in daily conversation.
さて、どんな言語でも高頻度コンテンツです。英語では、1000語で日常会話の85%をカバーします。3000語では、日常会話で話す内容の98%をカバーできます。

You got 3000 words, you’re speaking the language. The rest is icing on the cake. And when you’re just beginning with a new language, start with your tool box. Week number one, in your new language you say things like: “How do you say that?” “I don’t understand,” “repeat that please,” “what does that mean?” all in your target language.
3000の言葉を手に入れたあなたは、その言葉を話しています。残りの部分はケーキの上のアイシングです。新しい言語を始めようとしているときは、まず道具箱から始めましょう。第1週目、新しい言語では次のようなことを言います。”それはどうやって言うの?” “わかりません”, “もう一度お願いします”, “どういう意味ですか?” すべて目標言語で。

You’re using it as a tool, making it useful to you, it’s relevant to learn other things about the language. By week two, you should be saying things like: “me,” “this,” “you,” “that,” “give,” you know, “hot,” simple pronouns, simple nouns, simple verbs, simple adjectives, communicating like a baby.
道具として使い、自分の役に立つようにしているのですから、言語について他のことを学ぶのにも関連性があります。2週目までには、次のようなことが言えるようになっているはずです。”私” “これ” “あなた” “それ” “ちょうだい” “でしょう” “暑い” 単純な代名詞、単純な名詞、単純な動詞、単純な形容詞、赤ちゃんのようにコミュニケーションをとることができます。

And by the third or fourth week, you’re getting into “glue words.” “Although,” “but,” “therefore,” these are logical transformers that tie bits of a language together, allowing you to make more complex meaning.
そして、3~4週目になると、”接着剤のような言葉 “が出てきます。”Between” “But” “Software” これらは、言語の断片を結びつけ、より複雑な意味を作れるようにするための論理的変換器です。

At that point you’re talking. And when you’re doing that, you should get yourself a language parent. If you look at how children and parents interact, you’ll understand what this means. When a child is speaking, it’ll be using simple words, simple combinations, sometimes quite strange, sometimes very strange pronunciation, other people from outside the family don’t understand it. But the parents do.
その時点であなたは話しています。そして、そんな時には、「言語の親」を用意するといい。子供と親の関わり方を見れば、この意味がわかると思います。子供が話しているときは、簡単な言葉、簡単な組み合わせを使い、時には奇妙な、時には非常に奇妙な発音で、家族以外の人には理解できません。しかし、親は理解できます。


And so the kid has a safe environment, gets confidence. The parents talk to the children with body language and with simple language they know the child understands. So you have a comprehensible input environment that’s safe, we know it works; otherwise none of you would speak your mother tongue.
そうすることで、子供は安全な環境に身を置き、自信を得ることができるのです。親はボディランゲージを使って、子供が理解できるような簡単な言葉で子供に話しかけます。そうでなければ、誰も母国語を話さないでしょう。

So you get yourself a language parent, who’s somebody interested in you as a person who will communicate with you essentially as an equal, but pay attention to help you understand the message.
つまり、自分に言葉の親を見つけるのです。その親とは、自分に興味を持ってくれて、基本的に対等な立場でコミュニケーションをとってくれる人で、自分がメッセージを理解できるように気を配ってくれます。

There are four rules of a language parent. Spouses are not very good at this, OK? But the four rules are, first of all, they will work hard to understand what you mean even when you’re way off beat. Secondly, they will never correct your mistakes.
言葉の親の4つのルールがあります。配偶者はあまり得意ではありませんよ?でも、その4つのルールとは、まず第一に、あなたの言っていることが間違っていても、一生懸命理解しようとしてくれること。2つ目は、あなたの間違いを絶対に訂正しないことです。

Thirdly, they will feed back their understanding of what you are saying so that you can respond appropriately and get that feedback and then they will use words that you know. The sixth thing you have to do, is copy the face. You got to get the muscles working right, so you can sound in a way that people will understand you.
3つ目は、あなたの言っていることの理解度をフィードバックしてくれるので、適切な対応ができ、そのフィードバックを受けて、あなたの知っている言葉を使ってくれることです。6つ目のポイントは、顔を真似ることです。人が理解できるように声を出すためには、筋肉を正しく働かせなければなりません。

There’s a couple of things you do. One is that you hear how it feels, and feel how it sounds which means you have a feedback loop operating in your face, but ideally if you can look at a native speaker and just observe how they use their face, let your unconscious mind absorb the rules, then you’re going to be able to pick it up.
あなたがすることはいくつかあります。1つは、どう感じるかを聞き、音を感じて、顔の中でフィードバックループを作動させることです。しかし、理想的なのは、ネイティブスピーカーを見て、顔の使い方を観察し、無意識にルールを吸収することができれば、それを身につけることができるということです。

And if you can’t get a native speaker to look at, you can use stuff like this… (Female voice) Sing, song, king, stung, hung. (Chris Lonsdale) And the final idea here, the final action you need to take is something that I call “direct connect”. What does this mean? Well most people learning a second language sort of take the mother tongue words and the target words and go over them again and again in their mind to try and remember them.
また、ネイティブスピーカーに見てもらえない場合は、こんなものも使えます…。(女性の声)歌う、歌、王様、刺される、吊るされる。そして、ここでの最後のアイデア、最後に取るべき行動は、私が「ダイレクト・コネクト」と呼んでいるものです。これは何を意味するのでしょうか?第二言語を学ぶ人の多くは、母語の単語と目標とする単語を、頭の中で何度も繰り返して覚えようとします。

Really inefficient. What you need to do is realise that everything you know is an image inside your mind, it’s feelings, if you talk about fire, you can smell the smoke, you can hear the crackling, you can see the flames, so what you do, is you go into that imagery and all of that memory and you come out with another pathway.
本当に非効率的です。必要なのは、知っていることはすべて心の中のイメージだということを認識することです。それは感覚です。火について話すと、煙の匂いがして、パチパチと音がして、炎が見えます。だから、どうするかというと、そのイメージと記憶のすべてに入り込んで、別の経路を探し出すのです。

So I call it “same box, different path”. You come out of that pathway and you build it over time, you become more and more skilled at just connecting the new sounds to those images that you already have, into that internal representation. And over time you even become naturally good at that process, that becomes unconscious.
私はそれを「同じ箱、違う道」と呼んでいます。その経路から出てきて、時間をかけて構築していくと、新しい音をすでに持っているイメージと結びつけて、内部表現につなげることができるようになっていきます。そして、時間が経つにつれ、そのプロセスが自然と得意になり、無意識になっていくのです。

So, there are five principles that you need to work with, seven actions, if you do any of them, you’re going to improve. And remember these are things under your control as the learner. Do them all and you’re going to be fluent in a second language in six months. Thank you.
つまり、あなたが取り組むべき5つの原則と7つの行動があり、そのうちのどれかを実行すれば、あなたは上達するということです。そして、これらは学習者であるあなたがコントロールできるものであることを忘れないでください。これらをすべて実行すれば、6ヶ月後には第二言語を流暢に話せるようになるでしょう。ありがとうございました。