アダム・レヴィーン(Maroon5)が自身の豪邸を紹介【ミュージシャンの英語】

ArchitecturalDigest Architectural Digest

スーパースターのアダム・レヴィーンとベハティ・プリンスルーのカップルに迎えられ、ロサンゼルスのパシフィック・パリセーズにあるランチハウスを見学しています。「私たちは宮殿のような豪邸を望んでいたわけではありません。と、マルーン5のフロントマンは主張します。彼はスーパーモデルの妻と一緒に、ハイデザインで控えめな家族のオアシスのビジョンを思い描くために、クレメンツデザインを起用しました。「私たちがこの場所に惹かれたのは、家庭的な雰囲気を感じたからです」とBehatiは言います。「子供たちが以前ここに住んでいたことがわかるんです」。

Hey guys! I’m Behati. – And I’m Behati’s husband, Adam. Nice to meet you, welcome to our home. Come in. – Come on in.
やあ、みんな! 私はベハティです。- そして私はベハティの夫、アダムです。はじめまして、ようこそ我が家へ。入って – 入って

So this is a one story ranch house that was at one point a cliff may house. I’m a huge architecture fan. We love the fact that it’s one story, super cozy, and I think it’s super beautiful and I hope you- – I hope you do too. God, see, see? She does it for me.
これは平屋のランチハウスで、一時期はクリフメイの家だったんですね。私は建築の大ファンなんです。平屋でとても居心地がいいし、とても美しいと思うので、ぜひ皆さんにも見ていただきたいです。ほらね、ほらね。彼女は私のためにやってくれる。

We are huge fans of the Clements Design who did the house with us. This is actually the second home we’ve done together and the furniture is very Clemency. That’s not really a word, but- We’re making it a word. – It’s kind of all super low to the ground. The super low coffee tables we think are so cozy and amazing with little, tiny kids. It’s nice, ‘cause then you don’t have to worry about them smashing their faces against the corners.
私たちは、この家を一緒に手掛けたクレメンツデザインの大ファンなんです。実は、この家は私たちが一緒に手がけた2軒目の家で、家具はとてもクレメンシーなんです。クレメンシーという言葉はあまりないのですが……あえて言葉にしています。- すべて地面に対して超低い位置にあるんです。超低床式のコーヒーテーブルは、小さな子供たちと一緒に過ごすにはとても居心地がよく、すばらしいと思います。角で顔をぶつける心配もありませんしね。

I love these chairs, you know the chairs, what are the chairs? I forgot. – I’m gonna say it wrong. Prouvé chairs. They’re very beautiful. – Prouvé chairs. It’s fun because the kids can kind of run on the lawn and we sit in here, listen to music when it’s cold in LA. This is also ground zero for dance parties.
この椅子が好きなんです、この椅子は知ってますよね、何って椅子だっけ?忘れちゃった。- 言い間違えそう。プルーヴェ・チェア とても美しい – プルーヴェ・チェアー 子供たちは芝生の上を走れるし、私たちはここに座って、ロサンゼルスの寒いときに音楽を聴くことができるので、楽しいですよ。ここはダンスパーティーのグラウンドゼロでもあるんですよ。

Walking in the door every day, this is what we wanted to see. Rashid Johnson is incredible. It’s emotional and complicated, but also really beautiful. And so when you walk into your bedroom or you walk through the door, just a nice thing to look at and it kind of reminds you of a lot of things and I can stare at this thing all day. Yeah. – I love it so much. I love you Rashid, you’re awesome.
毎日ドアを開けて歩いていると、これが見たくなるんです。ラシッド・ジョンソンはすごい。感情的で複雑なんだけど、本当に美しい。寝室に入るとき、ドアを通るとき、ただ見ているだけで素敵なもので、なんだかいろいろなことを思い出させてくれて、一日中これを眺めていられますね。とても気に入っています。ラシッド、最高だよ。

Kitchen time! This is where we live, we live right here. This is just kind of like before we exist. Breakfast, lunch, dinner. When we have kind of more formal ones, we’ll do it in the dining room that we’ll show you guys later. And This is a friend of ours, This is a great thing. Our friend Sage Vaughn, who’s an incredible artist. I’ve been, friends with Sage for 20 years and we’ve always loved his work. And actually when the band made this last album, kind of looking for inspiration and things like that, and I just took a look at this painting and saw that it was perfect for an album cover.
キッチンタイム! ここが私たちの住む場所、ここが私たちの住む場所。これは、私たちが存在する前のようなものです。朝食、昼食、夕食 もっとフォーマルな食事は後で見せるダイニングルームでとります。そして、これは私たちの友人ですが、これは素晴らしいことです。私たちの友人であるSage Vaughnは、素晴らしいアーティストです。セージとは20年来の友人で、彼の作品はずっと好きだった。バンドが最後のアルバムを作ったとき、インスピレーションを得ようと思って、この絵を見たら、アルバム・ジャケットにぴったりだったんだ。

Because Sage is a good friend, he kind of hid little things for us in the painting. So you’ll see, usually he doesn’t really put African animals in it, but because I’m from Namibia, he did that. And then he wrote Jordi in the cheetah, which was really cool and that’s on the album. – And if you look into the, album cover, that’s the album cover.
セイジは良い友達だから、絵の中にちょっとしたものを隠してくれたんだ。だから、普通、彼はアフリカの動物を入れないんだけど、僕がナミビア出身だから、そうしてくれたんだ。そして、チーターの中にジョルディと書いてくれて、それがとてもクールで、アルバムにも入っています。- そして、アルバムのジャケットを見ると、これがアルバムのジャケットです。

I’m a big shoe head and a shoe collector and- Originals. – These are just original Jordan 1s and I love the aesthetic of like a worn out classic shoe. It’s weird that it’s in the kitchen, but whatever. We love it. We spend a lot of time in the kitchen too, that’s why this island is so big. This is where everyone always hangs out, so. – Yeah, it doesn’t matter how nice your house is, everyone always winds up in the kitchen. So I say, throw all of it into the kitchen, that’s where you’re gonna be.
私は大の靴好きで、靴のコレクターでもあり、そして- オリジナルス。- これはオリジナルのジョーダン1ですが、履き古したクラシックシューズのような美しさが気に入っています。キッチンに置いてあるのは変だけど、まあいいや。でも、私たちはそれが大好きなんです。私たちもキッチンで長い時間を過ごすので、このアイランドはとても大きいんです。ここはいつもみんなが集まる場所だから。- どんなに立派な家でも、みんなキッチンで過ごすことになるんです。だから、全部を台所に投げ込めばいい、そこにいることになる。

All right, so This is the theater. We have movie nights here, like adult friends, kid friends. – This is just like, hang out, watch sports, watch movies. I mean, We have street fighter with Ms. Pac-Man. It’s a fun room. Two most important things. The kids, a huge Ms. Pac-Man fans. These are also my favorite chairs in the world. They’re so cozy. – They are. And These have also Come with us from house to house to house, we can’t get rid of them. Think being hugged by a bear. – I know.
よし、ここが劇場だ。ここで映画を見るんだ 大人の友達とか 子供の友達とかね – スポーツを見たり、映画を見たりするんだ。ストリートファイターやパックマンもありますよ。楽しい部屋です。大事なのは2つ。子供たちは、パックマンの大ファンです。このイスもお気に入りです とても居心地がいいんです – そうなんです。そして、この椅子は、家から家へ、私たちと一緒に移動してきました。クマに抱かれたような感覚です。- そうですね。


This is where his awards go, And his water. I always look at These and I’m really amazed that we have them, but at the same time, that’s like so silly but, you know. – It’s amazing! – It’s always a nice look into the past and it makes me nostalgic, and keep them here so they’re not too showy-offy, like down in a room that most people don’t see all the time because they’re just for me.
ここに賞と水を入れています。いつもこれを見ていて、こんなものがあるなんて本当に驚いているんですが、同時に、そんなの馬鹿げてるとも思うんですが、でも、ほら。- すごいことです!- いつも過去を振り返って、懐かしくなります。ここに置いておくと、あまり派手にならないし、普通の人はあまり見ない部屋に置いておくと、私のためだけに置いてあるようなものだから。

So this is like the office kind of makeshift a little studio. I ended up recording a lot of the album down here, which is hilarious. Our friend, Andrew Zuckerman is known for doing these incredible, still photographs of animals and Behati is always trying to save the rhinos, which is her foundation. We thought it would be a really cool thing to have down here.
ここはオフィスというか、間に合わせの小さなスタジオのようなものですね。結局、アルバムの多くをここでレコーディングすることになったんだけど、これがまた面白いんだ。僕らの友人のAndrew Zuckermanは動物の素晴らしい静止画を撮ることで知られていて、Behatiは彼女の基金であるサイを救うためにいつも活動している。私たちは、ここでアルバムを作ったらとてもクールなものになるだろうと思いました。
You gave it to me for my birthday last year, right? Yeah. It’s incredible. But it is cool that during this whole thing, you made so much of the album in a room like this. – I’m not sure why that pinata of me from The Voice is here but- – It’s so good! That made its way. If you ever get angry, you just beat the [beep] out of the pinata. Yeah.
去年の誕生日にくれたよね?うん、すごいね。でも、この間に、こんな部屋でアルバムをたくさん作っていたなんて、かっこいいですね。- なぜ “The Voice “の僕のピニャータがここにあるのかわからないけど……すごくいいんだ!あれはあれでいいんです。もし腹が立ったら、ピニャータを叩けばいいんだよ。そう。
When you’re a 10-year old, 11-year old kid and you’re learning how to play the guitar like Eddie Van Halen, it’s just like come on, you know. And he passed recently, tragically and I wanted to try and find, you know, an old 5150, like completely Jerry-rigged bad, not original, not very fancy or [indistinct]. I wanted to have one, ‘cause the way he did it was so, oh, thank you. The way he did it was so cool, and so I just wanted to like mess around on one and see what Ain’t Talking about Love sounded like and it sounded great.
10歳や11歳の子供が、エディ・ヴァン・ヘイレンのようなギターの弾き方を学んでいるとき、それはまさに「カモン!」という感じなんだ。彼は最近、悲劇的なことに亡くなったんだけど、古い5150を見つけようと思ってね、完全にジェリーリグしたような、オリジナルでもなく、あまり派手でもないような。彼のやり方がとても良かったから、手に入れたいと思ったんだ。彼のやり方はとてもクールだったから、1つだけ使って、Ain’t Talking about Loveがどんな音なのか試してみたかったんだ。

Here it is. The bedroom is a sanctuary of sorts and it’s nice because we do spend so much time in here, whether it’s just the two of us or with the kids. – Everyone’s jumping on the bed. We still feel like kids too, so I feel like this room feels really adult. – Yeah, it’s nice. Nice to have like an adult section. – And I like it.
さぁここだ。寝室はある種の聖域で、私たち2人だけであれ、子供たちとであれ、ここで多くの時間を過ごすので、それはいいことです。- みんなベッドの上でジャンプしています。私たちもまだ子供なので、この部屋は大人っぽい感じがします。- ええ、素敵ですね。大人っぽいセクションがあるのはいいことだ。- 気に入ってる。

This is a Raymond Pettibon painting that I’ve always just kind of been blown away by what he does and to wake up to that every morning is just like a breath of fresh air, and so. – Very scary to be above the bed, especially in California, but we bolted it to the wall. Yeah, do not try This at home. It is a dumb idea to live in California and have a painting above your bed.
これはレイモン・ペティボンの絵で、彼の作品にはいつも圧倒されます。毎朝この絵で目を覚ますと、まるで新鮮な空気を吸うようです。- 特にカリフォルニアでは、ベッドの上に置くのはとても怖いのですが、壁にボルトで固定しました。しかし、壁にボルトで固定しました。カリフォルニアに住んでいて、ベッドの上に絵を飾るなんて、馬鹿な考えです。

This is my domain, this is my closet, welcome. This, okay, like very shamelessly, the muse for the closet was basically watching the famous David Letterman Kanye West interview, because I saw Kanye’s closet and just started to drool. And I’m a dude and I feel like a lot of guys just like want like sweats and shoes, so I decided to make my closet basically sweats, and t-shirts and shoes, ‘cause that’s all I ever wear. Except for today cause I wore my, you know, fancy stuff for archivists. – Fancy clothes.
ここは私の領域、ここは私のクローゼット、ようこそ。このクローゼットは、恥ずかしながら、David LettermanのKanye Westのインタビューを見て、Kanyeのクローゼットを見て、よだれを垂らし始めたのがきっかけです。僕は男で、多くの男がスエットと靴を欲しがるように感じたから、僕のクローゼットは基本的にスエットとTシャツと靴にすることにしたんだ。今日以外はね。アーキビスト用の派手な服を着てきたんだ。- 派手な服。

Huge shoe guy, big Laker fan, the Kobe tribute up there. They just released what they said could be the last Kobe’s, the Undefeated Kobe’s, the little gold ones up there. I’m probably never going to touch those just to respect it. Rick Owens daybed. This is- – Amazing. Deeply unnecessary to have in your closet. In fact, I would even call it superfluous. If you don’t know that word kids, look it up, but this is never leaving, so it’s never for sale. And this house isn’t for sale either, so don’t even think about it for at least a year.
靴の大ファン、レイカーの大ファン、コービートリビュート。最後のコービー、アンディフィーテッド・コービーが発売されたばかりです。小さいゴールドのやつ。私はおそらく、敬意を表して、それに触れることはないでしょう。リック・オウエンスのデイベッド これは… – 驚きです。クローゼットには不要です。むしろ不要とさえ言える。この言葉を知らないなら調べてみてください。でも、これは決して出て行かないので売り物ではありません。 この家も売り物ではないので、少なくとも1年間は考えないでください。


I love this bathroom, it’s a dream bathroom. I have the tub and the shower in one. And the house before This That We were living in where there was this kind of wet room that was part of the house, so we built this in cause we thought it was so cool to just like be in there, someone could be showering, the kids can be in the bath, you know, whatever. It’s just kind of like a party, it’s like a party shower. – Part shower! – Party shower! – They usually try to throw the water, I’ll close this and they like, shoot me with a water gun and they can’t get me wet ‘cause you know, I can close the door. – Well you can’t, it’s impossible to make a mess ‘cause everything can get wet in there, it’ a wet room. This is a sauna where I spend, I live in most of the time. Smells good.
このバスルームが大好きで、夢のようなバスルームです。バスタブとシャワーが一体になっているんです。この家の前に住んでいた家には、家の一部であるウェットルームがあったので、これを作りました。誰かがシャワーを浴びたり、子どもたちがお風呂に入ったりと、何でもできるのがいいと思って作りました。なんだか、パーティーのような、シャワーみたいな感じですね。- パートシャワー!- パーティーシャワー! – 普通は水をかけようとするんだけど、これを閉めると水鉄砲で撃たれて、濡らせないんだ、だってドアを閉められるから。- でも、ドアを閉めれば、濡れることはないんだ。これはサウナで、ほとんどの時間をここで過ごしています。いい匂いがする。

From the bathroom, you walk right into my closet, which is a dream come true, I think I cried. I mean, I literally will lay on this daybed and drink a beer, just have some quiet time for myself and look at all this stuff and I’m like holy. Also, the years I’ve spent in fashion and collecting all my vintage pieces and now I can see them and it’s really fun and I feel very blessed, so.
バスルームから、すぐに私のクローゼットに入ることができ、夢のようです、泣いたと思います。このデイベッドに寝転がってビールを飲みながら、自分のために静かな時間を過ごして、これらのものを見ていると、神聖な気持ちになりますね。また、長年ファッションに携わり、ヴィンテージアイテムを集めてきましたが、今、それらを見ることができ、本当に楽しいですし、とても恵まれていると感じています。

We’re in the dining room now where we dine, very rarely. – We had Adam’s birthday here, we had my birthday. – Yeah, we’re not too fussy about it but when we have a big occasion, we hang in the dining room. We did plaster on the walls and the ceilings and the floors, which kind of softens everything. And I think the coolest thing about this house is the fact that it’s a very, very, very modern house, but for as modern as it is, it’s so cozy and it feels like you can really live in it, so I think we really succeeded in that and we’re really- – And I’ll show you guys- – We’re really proud. You interrupted me! – Sorry, sorry, sorry. All right, I was gonna show them my favorite room in the house. – All right, his is Behati’s favorite room. – The bar.
今はダイニングルームで、めったに食事はしません。- アダムの誕生日も私の誕生日もここでした。- あまりこだわりがないのですが、大きなイベントがあるときはダイニングルームで食事をします。壁や天井、床に漆喰を塗ったので、すべてがソフトになりました。この家の一番いいところは、とてもとてもモダンな家なのに、とても居心地がよくて、本当にそこに住んでいるような気分になれるところだと思うんです。紹介するわ。-邪魔をするな!- ごめん、ごめん、ごめん。 私の好きな部屋を見せようと思ったの – わかった。いいよ。ベハティの部屋- バーだ。

Love this room, I love how dark and moody it feels. I love the bar, obviously. Some of my favorite people, can I talk about That in here? – Yes, please! Some of my favorite people on This wall. It’s my wall of people I love. I love many more people other than this, but that’s Bob Dylan, Miles Davis is whispering something in Steve McQueen’s ear, that’s an incredible picture of Pearl Jam that I love so much, that’s an amazing picture of the Beatles.
この部屋が大好きです!暗くてムーディーな感じが大好きです。バーも大好きです。私の大好きな人たち、ここでその話をしてもいい?- はい、どうぞ!この壁には、私の好きな人たちが描かれています。私の大好きな人たちの壁です。これ以外にもたくさんの人を愛していますが、これはBob Dylan、Miles DavisはSteve McQueenの耳元で何かをささやいています、これは私がとても愛しているPearl Jamの素晴らしい写真です、これはBeatlesの素晴らしい写真です。

This room is fun too, ‘cause we have this amazing outdoor seating area. We watch the Laker game, we make a drink and then we hang out there and it’s just really nice. This for the grownups, This area. – Grownup, yeah. – No kids. It’s so rare to find a property with a big yard in LA, and so I think when we saw that yard, like we had just tunnel vision for it and we thought to imagine our kids growing up here and being able to run around. – There’s a little doll house the girls have that’s been here on this property for I don’t know how long. We have a beehive. We have a beehive, Sam is in charge of beehive. We had honey, we have- We have an awesome gym And a yoga studio that I spend like 99% of my time in. We have a driveway- – There’s swings down there. so you can drive your car into the driveway. We have a refrigerator and- We have an amazing guest house. We have popsicles. We have a pool. – And we have- Snacks. – Snacks.
この部屋も楽しいですよ。この素晴らしい屋外の席がありますから。レイカーの試合を見て、飲み物を作って、そこでくつろぐと、本当に気持ちがいいんです。このエリアは大人向けです。- 大人向け?- 子供はいない。ロサンゼルスで広い庭がある物件は珍しいので、あの庭を見たとき、私たちはトンネルビジョンが見えたような気がして、子供たちがここで育って走り回れるようにと想像したんです。- 娘たちが持っている小さな人形の家は、この土地に何年前からあるのか分かりませんが、あります。ミツバチの巣箱もあります。ハチの巣箱はサムが管理しています。ハチミツもあるし… 素晴らしいジムもある ヨガスタジオもある 私は99%の時間をそこで過ごしてるんだ 車道にはブランコがあって、車も入ることができる。冷蔵庫もあるし……素晴らしいゲストハウスもある。アイスキャンディーもある プールもある – それに…スナックも – スナック。

So thank you very much AD. We had a wonderful time showing you our house, we hope you guys love it as much as we do. But now, please get the [bleep] out. – Get out!
というわけで、ADさん、どうもありがとうございました。私たsちの家を紹介するのはとても楽しかったです。でも今は、とっとと出て行ってください。- 出て行け!

効率よく英語を学びたい方必見のプログラム!

タイトルとURLをコピーしました