【映画の名セリフで英語学習】グッド・ウィル・ハンティング – Your move, chief.

movie_quotes Movie

ロビン・ウィリアムスとマット・デイモンのヒューマンドラマ「グッド・ウィル・ハンティング」の名シーンです。なかなか心を開かない天才孤児のウィルにしびれを切らしたショーンが軽い説教をするシーンです。この中で「occur」(起こる、発生する)という単語が出てきます。発音の難しい単語なので、ぜひ注目して聞いてみてください。

もうひとりで頑張らない。TOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISH

< WILL >
So what’s this? A Taster’s Choice moment between guys? This is really nice. You got a thing for swans? Is this like a fetish? It’s something, like, maybe we need to devote some time to?
何のよう?男二人でお茶かい?最高だね。白鳥に興奮するの?フェチ?ずっと見てるといいことある?

< SEAN >
I thought about what you said to me the other day, about my painting.
前、君が僕に言ったことを考えてた。僕の絵について。

< WILL >
eah?
あぁ?

< SEAN >
Stayed up half the night thinking about it. Something occurred to me, I fell into a deep peaceful sleep, and I haven’t thought about you since. You know what occurred to me?
夜中までそのことを考えてた。ぱっとひらめいたら、とてもいい眠りにつくことができて、君のことをもう考えなくなったよ。何がひらめいたかわかる?

< WILL >
No.
いや。

< SEAN >
You’re just a kid. You don’t have the faintest idea what you’re talking about.
君はただの子供だ。自分が何を言っているかわかっていない。

< WILL >
Why thank you.
そりゃどうも。

< SEAN >
It’s all right. You’ve never been out of Boston.
いいんだ。ボストンからは出たことがないだろ?

< WILL >
Nope.
ないね。


< SEAN >
So, if I asked you about art, you’d probably give me the skinny on every art book ever written. Michelangelo. You know a lot about him. Life’s work, political aspirations, him and the pope, sexual orientation, the whole works, right? But I bet you can’t tell me what it smells like in the Sistine Chapel.
君にアートのことを聞いたら、本に書いてある情報を教えてくれるだろう。たとえばミケランジェロ。君はよく知っているね。生涯の仕事、政治的野心、彼とローマ法王、性的指向、すべての作品、だろ?でもシスティーナ礼拝堂の匂いは知らないだろう。

You’ve never actually stood there and looked up at that beautiful ceiling. Seen that….If I ask you about women, you’d probably give me a syllabus of your personal favorites. You may have even been laid a few times. But you can’t tell me what it feels like to wake up next to a woman and feel truly happy. You’re a tough kid. I ask you about war, you’d probably uh…throw Shakespeare at me, right? “Once more into the breach, dear friends.”
実際にそこに立って、あの美しい天井を見上げたことはないだろう。それを見て……女性について尋ねたら、おそらく個人的な好みのシラバスを教えてくれるだろうね。何度か寝たこともあるんだろう。だが、女の隣で目覚めて、本当に幸せを感じることがどんな感じなのか、お前にはわからないだろう。君はタフな子だ 戦争について尋ねると君は…シェークスピアを引用するんだろう? 「もう一度 突破口へ。親愛なる友よ」とかね。

But you’ve never been near one. You’ve never held your best friend’s head in your lap, and watched him gasp his last breath looking to you for help. I ask you about love, y’probably quote me a sonnet. But you’ve never looked at a woman and been totally vulnerable, known someone that could level you with her eyes. Feeling like God put an angel on Earth just for you..who could rescue you from the depths of Hell. And you wouldn’t know what it’s like to be her angel, and to have that love for her be there forever. Through anything. Through cancer.
しかし、経験したことはない。親友の頭を膝の上に乗せ、彼が息を引き取るのを見たことがないだろう。愛について尋ねたら、ソネットを引用するんだろう。しかし、君は女性を見て、完全に無防備になったことはないはずだ。正直な目で語ってくる女性を知らないだろう。神が君のために天使を置いたと感じるような…君を地獄の底から救ってくれる女性を。そして自分が彼女の天使となり、永遠に続く愛を抱くということがどんなことか、あなたには分からないでしょう。どんなことがあっても。癌であっても。

And you wouldn’t know about sleepin’ sittin’ up in a hospital room for two months, holding her hand because the doctors could see in your eyes that the terms visiting hours don’t apply to you. You don’t know about real loss, because that only occurs when you love something more than you love yourself. I doubt you’ve ever dared to love anybody that much. I look at you: I don’t see an intelligent, confident man. I see a cocky, scared shitless kid.
そして、2ヶ月間病室で手を握って眠るということがどんなことかわからないだろう。医師は、面会時間という言葉が私に通用しないことを痛感したんだ。君は本当の喪失感を知らない、それは君が自分自身を愛する以上に何かを愛したときにだけ起こることだから。君は誰かをそこまで愛したことがあるのか?僕の目には君は知的で自信に満ちた男には見えない。生意気で怖いもの知らずのガキだ。

But you’re a genius, Will. No one denies that. no one could possibly understand the depths of you. But you presume to know everything about me because you saw a painting of mine and ripped my fuckin’ life apart. You’re an orphan, right? Do you think I’d know the first thing about how hard your life has been, how you feel, who you are because I read Oliver Twist? Does that encapsulate you? Personally, I don’t give a shit about that, because you know what? I can’t learn anything from you I can’t read in some fuckin’ book. Unless you wanna talk about you, who you are. And I’m fascinated. I’m in. But you don’t wanna do that, do you, sport? You’re terrified of what you might say. Your move, chief.
だが君は天才だ、ウィル。誰もそれを否定しないし、誰も君の深さを理解することはできない。だが君は私の絵を見ただけですべてを知ったような気になり、私の人生を台無しにした。君は孤児だろう?私がオリバー・ツイストを読んだことがあるからといって、君の人生がどれほど大変か、君の気持ちや、君がどんな人間であるかわかると思うか?それは君を要約しているのか?個人的には、そんなことはどうでもいいんだ。だって、お前からは何も学べないし、本にも書いてないから。君が君について、君がどんな人間か話さない限り。そして私は魅了された。参加してる。だが、お前はそうしたくないんだろう?自分が言うことを恐れている。君の番なんだよ。

タイトルとURLをコピーしました