【iPhone誕生の瞬間】やはりスティーブ・ジョブズのプレゼン力は凄かった。

English Speeches

2007年、アップルがiPhoneを発表したときのスティーブ・ジョブズのプレゼン映像です。これまでのスマートフォンに比べ、iPhoneがいかにすぐれているかをアピールしています。とても説得力のあるプレゼンなので、ぜひ英語で抑えておきたいですね。

もうひとりで頑張らない。TOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISH

This is a day I’ve been looking forward to for two and a half years. Every once in a while, a revolutionary product comes along that changes everything. And apple has been, well, first of all, one’s very fortunate if you get to work on just one of these in your career. Apple’s been very fortunate. It’s been able to introduce a few of these into the world. 1984 we introduced the Macintosh. It didn’t just change apple. It changed the whole computer industry.
2年半前から楽しみにしていた日です。たまに、すべてを変えてしまうような革命的な製品が登場することがあります。アップルも、そう、まず第一に、もしあなたがキャリアの中でたった1つでもこうした製品に携わることができたなら、それはとても幸運なことです。アップルはとても幸運でした。このような製品をいくつも世に送り出すことができたのです。1984年、私たちはマッキントッシュを発表しました。これはアップル社を変えただけではありません。コンピュータ業界全体を変えたのです。

In 2001 we introduced the first iPod. And it didn’t just, it didn’t just change the way we all listen to music,. It changed the entire music industry. Well today we’re introducing three revolutionary products of this class. The first one is a widescreen iPod with touch controls.
2001年、私たちは最初のiPodを発表しました。iPodは、私たちの音楽の聴き方を変えただけではありません。音楽業界全体を変えたのです。そして今日、私たちはこのクラスの革命的な製品を3つご紹介します。最初の一台は、タッチコントロールを備えたワイドスクリーンのiPodです。

The second is a revolutionary mobile phone. And the third is a breakthrough internet communications device. So, three things a widescreen iPod with touch controls, a revolutionary mobile phone and a breakthrough internet communications device.
2つ目は、画期的な携帯電話。そして3つ目は、画期的なインターネット通信機器です。つまり3つあります。タッチ操作のできるワイドスクリーンのiPod、革命的な携帯電話、画期的なインターネット通信機器です。

An iPod, a phone and an internet communicator. An iPod, a phone, are you getting it? These are not three separate devices, this is one device. And we are calling it iPhone. Today, today apple is going to reinvent the phone. And here it is.
iPod、電話、ネットコミュニケーター。iPod、電話、わかりますか?これらは3つの別々のデバイスではなく、1つのデバイスなのです。そして私たちはそれをiPhoneと呼んでいます。今日、今日、アップルは電話を再発明するつもりです。そして、それがこれです。

No. Actually here it is but we’re going to leave it there for now. So, before we get into it, let me uh let me talk about a category of things the most advanced phones are called smartphones. So, they say. And uh they typically combine a phone plus some email capability plus they say it’s the internet, sort of the baby internet into one device.
いや、実はここにあるのですが、とりあえず置いておくことにします。で、その前に、あるカテゴリーの話をしますと、最先端の携帯電話はスマートフォンと呼ばれています。そう、言われています。これは通常、電話機と電子メール機能、それにインターネット、つまり赤ちゃんインターネットを1つのデバイスに統合したものです。

And they all have these plastic little keyboards on them. Uh and the problem is that they’re not so smart and they’re not so easy to use. So, if you kind of make a you know business school 101 graph with a smart access and the easy to use access. Phones, regular cell phones are kind of right there they’re not so smart and they’re you know not so easy to use.
どれもプラスチック製の小さなキーボードがついています。問題は、あまりスマートでないことと、使い勝手がよくないことです。そこで、ビジネススクール101のグラフに、スマートな軸と使いやすい軸を追加してみました。携帯電話もそうですが、あまりスマートではないし、使い勝手もよくありません。

But smartphones are definitely a little smarter but they actually are harder to use. They’re really complicated. Just for the basic stuff people have a hard time figuring out how to use them. Well we don’t want to do either one of these things. What we want to do is make a leapfrog product that is way smarter than any mobile device has ever been and super easy to use. This is what iPhone is, okay?
しかし、スマートフォンは確かに少し賢くなりましたが、実は使いにくいのです。本当に複雑なんです。基本的なことでさえ、使い方を理解するのに苦労しています。私たちは、そのどちらをも実現したいわけではありません。私たちが目指すのは、これまでのどのモバイル機器よりもずっとスマートで、しかも使い勝手のよい、飛躍的な製品なのです。それが、iPhoneなのです。


So, we’re going to reinvent the phone. Now we’re going to start with a revolutionary user interface is the result of years of research and development. And of course, it’s an interplay of hardware and software. Now why do we need a revolutionary user interface. I mean here’s four smartphones right Motorola Q, the blackberry, Palm Treo, Nokia E62. The usual suspects.
そこで、私たちは携帯電話を再発明することにしました。今、私たちは長年の研究開発の成果である革新的なユーザーインターフェイスから始めようと思っています。そしてもちろん、それはハードウェアとソフトウェアの相互作用によるものです。では、なぜ画期的なユーザーインターフェイスが必要なのでしょうか。つまり、ここにある4つのスマートフォンは、Motorola q Blackberry palm treo Nokia e62です。いつものやつらだ。

And what’s wrong with their user interfaces. Well the problem with them is really sort of in the bottom 40 there. It’s it’s this stuff right here. They all have these keyboards that are there whether you need them or not to be there. And they all have these control buttons that are fixed in plastic. And are the same for every application well every application wants a slightly different user interface.
そして、そのユーザーインターフェースのどこが問題なのか。その問題点は実に下部の40パーセントにあるのです。ここにあるのがそれです。キーボードは必要であろうとなかろうと、そこにあるものです。そして、プラスチックで固定されたコントロールボタンがあります。どのアプリケーションにも同じですが、どのアプリケーションも微妙に異なるユーザー・インターフェースを求めています。

A slightly optimized set of buttons just for it. And what happens if you think of a great idea six months from now. You can’t run around and add a button to these things they’re already shipped. So, what do you do. It doesn’t work because the buttons and the controls can’t change they can’t change for each application and they can’t change down the road if you think of another great idea you want to add to this product.
そのためだけに少し最適化されたボタン群。もし半年後に素晴らしいアイデアを思いついたらどうなるでしょうか。すでに出荷されている製品にボタンを追加するわけにはいきません。では、どうするのか。なぜなら、ボタンやコントロールはアプリケーションごとに変更できないし、将来、この製品に別の素晴らしいアイデアを思いついたとしても、変更できないからです。

Well how do you solve this. It turns out. We have solved it. We solved it in computers 20 years ago. We solved it with a bitmap screen that could display anything we want. Put any user interface up. And a pointing device. We solved it with the mouse. Right? We solved this problem so how are we going to take this to a mobile device. Well what we’re going to do is get rid of all these buttons and just make a giant screen. A giant screen.
さて、これをどう解決するのか。それが判明しました。私たちはそれを解決しました。20年前にコンピュータで解決しました。何でも表示できるビットマップスクリーンで解決しました。どんなユーザーインターフェイスでも表示できるようにしたのです。そしてポインティングデバイス。マウスで解決したんです。そうでしょう?この問題は解決しましたが、これをどうやってモバイル機器に持ち込めばいいのか。そこで、ボタンをすべて取り除き、巨大なスクリーンを作るのです。巨大なスクリーン。

Now how are we going to communicate this. We don’t want to carry around a mouse, right? So what are we going to do? Oh a stylus right? We’re going to use a stylus. No. Who wants a stylus. You have to get them and put them away and you lose them, yuck. Nobody wants a stylus. So, let’s not use a stylus.
さて、これをどう伝えるか。マウスを持ち歩きたくはないですよね?じゃあ、どうするんだ?スタイラスですね。スタイラスを使うんだ。いや、スタイラスなんていらないか。取ってきて片付けないといけないし、無くすと大変だし、嫌だ。誰もスタイラスなんて欲しがらないよ。だから、スタイラスは使わないでおこう。

We’re going to use the best pointing device in the world. We’re going to use a pointing device that we’re all born with, we’re born with ten of them we’re gonna use our fingers. We’re gonna touch this with our fingers. And we have invented a new technology called multi-touch. Which is phenomenal. It works like magic.
世界最高のポインティングデバイスを使う。ポインティングデバイスを使うのです 私たちは皆生まれつき10個持っています。指を使うのです。指でこれを触るのです。そして、私たちはマルチタッチという新しい技術を発明しました。これは驚異的です。まるで魔法のように動きます。

You don’t need a stylus. It’s far more accurate than any touch display that’s ever been shipped. It ignores unintended touches it’s super smart. You can do multi-finger gestures on it. And boy have we patented it. So, so we’ve been very lucky to have brought a few revolutionary user interfaces to the market in our time.
スタイラスは必要ありません。これまで出荷されたどのタッチディスプレイよりも、はるかに正確です。意図しないタッチは無視されるので、とてもスマートです。複数の指を使ったジェスチャーも可能です。私たちはその特許を取得しました。このように、私たちは幸運にも、いくつかの画期的なユーザーインターフェースを市場に送り出すことができました。


First was the mouse. The second was the click wheel. And now we’re going to bring multi-touch to the market. And each of these revolutionary user interfaces has made possible a revolutionary product, the Mac, the iPod and now the iPhone. So a revolutionary user interface. We’re going to build on top of that with software. Now software on mobile phones is like it’s like baby software.
1つ目はマウス。2つ目はクリックホイール。そして今、私たちはマルチタッチを市場に送り出そうとしています。そして、これらの革命的なユーザーインターフェイスは、それぞれ革命的な製品、すなわちMac、iPod、そして今回のiPhoneを可能にしたのです。つまり、革命的なユーザーインターフェイスです。その上に、ソフトウェアが乗っているわけです。携帯電話のソフトウェアは、まるで赤ちゃんのソフトウェアのようなものです。

It’s not so powerful. And today we’re going to show you a software breakthrough. Software that’s at least five years ahead of what’s on any other phone. Now how do we do this well we start with a strong foundation. iPhone runs OS 10.
それほど強力ではありません。そして今日お見せするのは、ソフトウェアの画期的な進歩です。他の携帯電話に搭載されているものより、少なくとも5年は進んだソフトウェアです。iPhoneはOS 10を搭載しています。

Now why, why would we want to run such a sophisticated operating system on a mobile device. Well because it’s got everything we need. It’s got multitasking, it’s got the best networking, it already knows how to power manage, we’ve been doing this on mobile computers for years. It’s got awesome security and the right apps.
さて、なぜこのような高度なオペレーティングシステムをモバイルデバイスで動かそうと思ったのでしょうか。それは、必要なものがすべてそろっているからです。マルチタスクも、最高のネットワーキングも、パワーマネージメントも、もう何年も前からモバイルコンピューターでやっていることです。セキュリティも万全で、適切なアプリもあります。

It’s got everything from Cocoa and the graphics and it’s got core animation built in and it’s got the audio and video that OS 10 is famous for. It’s got all the stuff we want. And it’s built right in to iPhone. And that has let us create desktop class applications and networking. Right?
Cocoaやグラフィック、コア・アニメーション、そしてos10で有名なオーディオやビデオなど、私たちが欲しいものがすべて揃っているのです。私たちが欲しいものをすべて持っているのです。そして、iPhoneにそのまま組み込まれているのです。そのおかげで、デスクトップクラスのアプリケーションやネットワークが作れるようになりました。そうでしょう?

Not the crippled stuff that you find on most phones. This is real desktop class applications. Now you know one of the pioneers of our industry Allen K has had a lot of great quotes throughout the years. And I ran across one of them recently that explains how we look at this. Explains why we go about doing things the way we do. Because we love software.
ほとんどの携帯電話にあるような不自由なものではありません。これは本当のデスクトップクラスのアプリケーションだ。この業界のパイオニアであるアレン・Kは、長年にわたって多くの素晴らしい名言を残しています。最近、そのうちのひとつに出くわしたのですが、私たちがこれをどう見ているのかを説明してくれています。なぜ、私たちがこのような方法で物事を進めているのか。なぜなら、私たちはソフトウェアを愛しているからです。

And here’s the quote, people who are really serious about software should make their own hardware. You know Alan said this 30 years ago. And this is how we feel about it and so we’re bringing breakthrough software to a mobile device for the first time it’s five years ahead of anything on any other phone.
そして、ここからが名言なのですが、本当にソフトウェアに真剣な人は、自分でハードウェアを作るべきだということです。これは30年前にアランが言った言葉です。私たちはこのように考えています。そして、画期的なソフトウェアを初めてモバイルデバイスに搭載しました。

効率よく英語を学びたい方必見のプログラム!

楽天の人気「英語学習本」ランキング!

本を使って英語の勉強をしよう!最新の本をどんどん取り入れてスキルアップ♪

English Speeches
A Thinking Riceをフォローする
タイトルとURLをコピーしました